[10]地域別の動向

投稿日: Sep 25, 2013 8:1:32 AM

~8地域すべてが前年比で件数減~

全国地方銀行協会は、9月の「地方経済天気図」で全体的に「緩やかな回復の動きが広がっている」との判断を示している。地域別にみると、「晴れ」は「沖縄」1地域に止まっているが、「曇り」が「東北」「関東」「東海」「近畿」「九州」の5地域に拡大、前月より景況感が広がっている。しかし、「北海道」「甲信越」「北陸」「中国」「四国」の5地域は、いぜん「曇り一時雨」の状態が続いている。

8月期の特色は、8地域すべてが前年比で件数減となったことである。このうち「北海道」「東北」「中部」「四国」「九州・沖縄」の5地域は件数・負債額ともに減少、「関東」「近畿」「中国」の3地域は件数減・負債額増となった。「関東」は「べレッツアクラブジャパン」の負債額、「近畿」は「ZKR」の負債額がそれぞれ上乗せされたため、負債総額が大きく膨らんだ。

内訳は、「北海道」27件(前年同月比34.1%減)、26億2,200万円(同48.1%減)、「東北」21件(同38.2%減)、21億9900万円(同94.5%減)、「関東」384件(同0.3%減)、828億4,000万円(同11.2%増)、「中部」73件(同36.0%減)、77億5,200万円(同82.6%減)、「近畿」205件(同17.7%減)、549億3,700万円(同129.9%増)、「中国」35件 (同27.1%減)、64億700万円(同2.8%増)、「四国」14件(同22.2%減)、22億7,800万円(同51.7%減)、「九州・沖縄」60件(同23.1%減)、72億2,400万円(同59.5%減)である。

「関東」を除く地域では二桁の前年同月比減少となり、「東北」は「青森」「福島」の減少が寄与して38.2%の減少であった。「関東」は「栃木」「群馬」の北関東及び「神奈川」で前年同月を大きく下回ったものの、「東京」「新潟」「長野」などでの増加で相殺され、僅かに0.3%の減少率であった。

都道府県別明細