[09]倒産原因・営業年数別の動向

投稿日: Dec 25, 2013 7:26:30 AM

  • 負債額1千万円以上の倒産原因別・営業年数別倒産件数をクロス集計すると、「販売不振」による倒産件数の動向が営業年数によって大きく分かれた。

  • 営業年数「2年未満」の前年同月比が33.3%(4件)増加した原因として、「販売不振」(同50.0%増)と「放漫経営」(同150.0%増)の増加があり、構成比はそれぞれ37.5%(4.2ポイント上昇)、31.3%(14.6ポイント上昇)となった。

  • 営業年数20年以上の2区分は前年同月比で2桁の減少率となったが、原因別では「販売不振」の減少が大きく影響しており、「20年以上30年未満」の「販売不振」は前年同月比18.5%(27件)減、「30年以上」で21.8%(41件)減となり、構成比はそれぞれ69.6%(6.8ポイント低下)、65.9%(4.2ポイント低下)となった。

~件数の減少区分は前月に比べ4区分増加~

負債額「1千万円以上」で倒産原因と営業年数の関連をみると、件数は全49区分のうち増加が19区分、減少が18区分、横ばいが12区分、負債額は増加が25区分、減少が19区分、横ばいが5区分である。件数の減少区分が、前月に比べ4区分増加しているのが特徴的である。

件数で、前年に比べ変動幅の大きかった区分は、「放漫経営」の「2年未満」5件(前年同月比150.0%増)、「20年以上30年未満」9件(同125.0%増)、「不明」9件(同200.0%増)、「過少資本」の「6年以上10年未満」7件(同133.3%増)、「既往のシワ寄せ」の「2年以上6年未満」8件(同100.0%増)などである。

負債額では、「放漫経営」の「2年未満」4億6,400万円(同1446.7%増)、「10年以上20年未満」12億4,600万円(同257.0%増)、「20年以上30年未満」34億2,600万円(同1202.7%増)、「30年以上」6億4,100万円(同98.7%減)、「不明」1億6,000万円(同113.3%増)、「他社倒産の余波」の「2年未満」3,000万円(同98.6%減)、「2年以上6年未満」2億7,000万円(同95.5%減)、「10年以上20年未満」15億4,300万円(同196.7%増)、「不明」1億7,500万円(同775.0%増)、「過少資本」の「6年以上10年未満」14億7,000万円(同382.0%増)、「10年以上20年未満」36億9,300万円(同349.3%増)、「30年以上」25億9,300万円(同664.9%増)、「既往のシワ寄せ」の「2年以上6年未満」41億1,900万円(同569.8%増)、「20年以上30年未満」78億5,400万円(同190.0%増)などである。

倒産原因・営業年数別の倒産件数(負債額1,000万円以上)

倒産原因・営業年数別の倒産件数前年同月比増減率(負債額1,000万円以上)

営業年数別不況型倒産件数(負債額1,000万円以上・11月)