[09]倒産原因・営業年数別の動向

投稿日: Feb 26, 2014 6:36:31 AM

  • 負債額1000万円以上の集計で倒産原因と営業年数の関係をみると、営業年数別集計で唯一前年同月を上回った「2年未満」では「放漫経営」「他社倒産の余波」「過小資本」が増加要因となった。

  • 一方、前年同月比が減少した営業年数2年以上の区分では「販売不振」の減少による影響が大きかった。

  • 営業年数「30年以上」の区分をみると、「販売不振」が前年同月比11.2%(19件)減と大きく減少したこととは対象に、「既往のシワ寄せ」が前年同月比47.4%(18件)の増加をみせていることが特徴的である。

~「既往のシワ寄せ」の「30年以上」負債額が大きく膨らむ~

負債額「1千万円以上」で倒産原因と営業年数の関連をみると、件数は全49区分のうち増加が13区分、減少が25区分、横ばいが11区分、負債額は増加が17区分、減少が24区分、横ばいが8区分である。

件数では、前年と比べた増減率に大きな変動はみられなかった。負債額では、「既往のシワ寄せ」の「30年以上」に大型倒産「エヌ・エス・アール」「MCエステート」2件の負債額を含まれたことから、1,893億1,300万円(同813.0%増)に膨らんだのをはじめ、「販売不振」の「2年未満」2億7,300万円(前年同月比135.3%増)、「放漫経営」の「2年未満」3億300万円(同218.9%増)、「2年以上6年未満」55億1,400万円(同6792.5%増)、「6年以上10年未満」5億9,000万円(同259.8%増)、「過少資本」の「20年以上30年未満」20億4,500万円(同156.6%増)、「既往のシワ寄せ」の「不明」2億円(同198.5%増)、「売掛金回収難」の「30年以上」7億1,200万円(同1680.0%増)、「その他」の「不明」4億9,500万円(同1137.5%増)などが、前年比で大幅な増加率を示している。

倒産原因・営業年数別倒産件数(負債額1000万円以上)

倒産件数前年同月比増減率(負債額1000万円以上)

青字=増加 黒字=横ばい 赤字=減少