[09]倒産原因・営業年数別の動向

投稿日: Nov 25, 2013 8:47:34 AM

  • 負債額1千万円以上の倒産原因及び営業年数別の倒産件数をクロス集計してみると、倒産原因別で前年同月比45.7%増となった「過少資本」では「6年以上10年未満」の同5件増(同125.0%増)、また「20年以上」の2区分合計で同12件増(同57.1%増)となったことが牽引している。

  • 一方、前年同月比で64件減(同8.9%減)となった「販売不振」では「2年以上6年未満」が同19件減(同34.5%減)、「30年以上」で同38件減(同17.6%減)、また同25件減(同18.9%減)となった「既往のシワ寄せ」は「6年以上10年未満」で同8件減(同53.3%減)、「10年以上20年未満」で同11件減(同35.5%減)となった。

  • 営業年数を軸にみると、「10年以上20年未満」を除き「販売不振」の減少が目立っている。

~前月に比べ件数・負債額ともに増加区分が減少~

負債額「1千万円以上」で倒産原因と営業年数の関連をみると、件数は全49区分のうち増加が19区分、減少が22区分、横ばいが8区分、負債額は増加が24区分、減少が23区分、横ばいが2区分で、前月に比べ件数・負債額ともに増加区分が減少、減少区分が増加している。

件数で、前年に比べ変動幅の大きかった区分は、わずかに「過少資本」の「6年以上10年未満」9件(前年同月比125.0%増)、「不明」6件(同500.0%増)の2区分が目立つていど。負債額では、「他社倒産の余波」の「2年以上6年未満」3,400万円(同94.3%減)、「6年以上10年未満」1億3,300万円(同95.3%減)、「過少資本」の「2年以上6年未満」8億2,800万円(同117.9%増)、「10年以上20年未満」31億5,500万円(同279.7%増)、「20年以上30年未満」16億4,700万円(同133.0%増)、「30年以上」74億200万円(同352.4%増)、「不明」6,000万円(同500.0%増)、「既往のシワ寄せ」の「2年以上6年未満」3,000万円(同98.4%減)、「6年以上10年未満」1億4,900万円(同99.6%減)、「20年以上30年未満」147億1,100万円(同257.7%増)、「その他」の「2年以上6年未満」9億9,000万円(同1423.1%増)などである。

営業年数・倒産原因別の倒産件数(負債額1000万円以上・10月)

営業年数・倒産原因別の倒産件数前年同月比増減率(負債額1000万円以上・10月)