[08]倒産形態別の動向

投稿日: May 21, 2013 11:17:39 AM

~法的倒産に占める破産比率は93.5%~

負債額「1千万円以上」の倒産件数は、すべての区分が前年比で減少した。「銀行取引停止」135件(前年同月比10.0%減)、「破産」707件(同7.8%減)、「再生手続」27件(同34.1%減)、「特別清算」22件(同12.0%減)、「その他」8件(同61.9%減)である。

前年に比べた構成比は、「銀行取引停止」(14.9%→15.0%)、「破産」(76.4%→78.6%)の2区分が上昇、「再生手続」(4.1%→3.0%)、「特別清算」(2.5%→2.4%)、「その他」(2.1%→0.9%)の3区分は低下した。「破産」「再生手続」「特別清算」などの法的倒産は、前年比9.2%減の756件(負債額「1千万円未満」を含め同8.5%減の790件)、構成比は前年を1.1ポイント上回る84.1%(同84.6%)である。また法的倒産に占める「破産」ウエートは、前年を1.4ポイント上回る93.5%となった。

負債額は、「銀行取引停止」287億5,800万円(同21.1%減)、「破産」1,011億3,000万円(同33.9%減)、「その他」13億5,500万円(同44.0%減)の3区分が前年比で減少、「再生手続」359億8,500万円(同46.2%増)、「特別清算」5,187億5,900万円(同4042.8%増)の2区分が増加と、増減まちまち。

負債額「1千万円未満」の件数・負債額は、「銀行取引停止」が1件(同83.3%減)、800万円(同77.1%減)、「破産」が34件(同13.3%増)、1億9,300万円(同19.1%増)の2区分で発生している。