[08]倒産形態別の動向

投稿日: May 11, 2011 9:55:40 AM

法的倒産の「破産」シェアは92.9%

負債額「1千万円以上」では、「銀行取引停止」が194件(前年同月比24.2%減)と1年11か月連続の減少となったほか、「破産」886件(同6.6%減)、「再生手続」38件(同29.6%減)も減少、「特別清算」32件(同23.1%増)、「その他」33件(同13.8%増)の2区分は増加した。「会社更生法」の倒産はなかった。「破産」、「再生手続」、「特別清算」など、法的倒産のシェアは81.2%(負債額「1千万円以上」は80.8%)で、このうち「破産」が92.9%(負債額「1千万円以上」は92.7%)を占めている。

負債額も、「銀行取引停止」393億2,300万円(同19.4%減)、「破産」1,385億3,000万円(同9.2%減)、「再生手続」540億7,100万円(同28.1%減)の3区分が減少、「特別清算」336億7,700万円(同12.0%増)、「その他」46億4,300万円(同6.7%増)の2区分は増加した。 負債額「1千万円未満」でも、「銀行取引停止」と「破産」2区分の件数・負債額がともに減少している。

図:倒産形態別倒産件数・負債額前年同月比増減率の比較

※クリックで拡大します。(新規ウィンドウが開きます)