【08】倒産形態別の動向

投稿日: Nov 04, 2015 8:47:44 AM

~「銀行取引停止」は連続15か月前年比減少~

負債額1千万円以上の形態別倒産件数は、倒産が発生しなかった「会社更生法」を除くすべての区分で前年同月を下回った。

「銀行取引停止」83件(前月比13.7%増、前年同月比17.0%減)は過去12か月の平均(81.9件)をやや上回るものの、2014年7月から続く前年同月比減少の連続月数を15か月に延ばした。

また、「破産」546件(前月比4.2%増、前年同月比17.8%減)は過去12か月の平均件数(616.9件)を大きく下回った。

内整理等を含む「その他」10件(前月比横ばい、前年同月比16.7%減)は5か月ぶりに前年同月比が減少となったが、件数自体は3か月連続で10件と横ばいで推移している。

月次倒産に占める法的倒産の割合は86.2%(前月比0.7ポイント低下、前年同月比0.3ポイント低下)、また法的倒産に占める「破産」の割合は94.1%(同1.3ポイント低下、同1.2ポイント上昇)だった。