[07] 営業年数別の動向

投稿日: Apr 26, 2011 2:0:42 AM

~件数は「30年未満」の5区分すべてが前年比二桁の減少率~

負債額「1千万円以上」で、営業年数と倒産の関連を前年に比べてみると、「30年以上」258件(前年同月比7.5%増)と「不明」139件(同0.7%増)を除く、ほかの区分はいずれも二桁の減少率を示した。

「6年以上10年未満」86件(同22.5%減)は平成2年9月(86件)の過去最少に並んだほか、「10年以上20年未満」202件(同21.7%減)は22年5月(200件)以来の、それぞれ低水準となった。

これら減少区分では、構成比も低下している。負債額では、「2年未満」56億6,100万円(同358.0%増)と「30年以上」3,001億5,700万円(同212.6%増)の増加率が膨らんだ。

「30年以上」の増加率は、「(株)林原」(創業1932年)の倒産負債額が加わったことによる。

図:営業年数別倒産件数・負債額前年同月比増減率の比較(負債額1千万円以上・2月)

※クリックで拡大