[05]従業員規模別の動向

投稿日: Sep 25, 2014 12:21:31 PM

~小規模企業倒産の構成比は変わらず~

負債額1千万円以上の従業員規模別倒産件数は、「30人以上99人以下」と「不明」を除く区分で前年同月比横ばい、または減少した。

増加した区分はいずれも前年同月の発生件数が少なかったことによる反動増であり、全体的にみて減少傾向である。「5人以上9人以下」100件は1990年5月以来の低水準となった。

小規模企業(商業・サービス業は従業員5人以下、製造業その他は従業員20人以下)の倒産件数は671件(前月比17.6%減、前年同月比12.7%減)、月次倒産に占める割合は88.4%(同0.6ポイント低下、同0.6ポイント低下)だった。全体的な件数減少に伴って件数自体は減少傾向であるが、構成比は88~89%前後での推移が続いている。

小規模企業倒産件数、構成比、前年比の推移