[05]従業員規模別の動向

投稿日: Mar 10, 2016 9:36:14 AM

~「300人以上」の倒産は10か月連続で“0”~

負債額1千万円以上の従業員規模別倒産件数は、「30人以上99人以下」「不明」を除くすべての区分で前年同月を下回った。

「不明」は発生件数が少ないために増減率が大きく振れる傾向があるものの、1月の6件(前月比200.0%増、前年同月比500.0%増)は過去12か月の平均(2.8件)から見ても高い水準となった。

一方、従業員100人以上の区分では低い水準での推移が続いており、「300人以上」の倒産は10か月連続して発生していない。

小規模企業(商業・サービス業は従業員5人以下、製造業その他は20人以下)の倒産件数は630件(前月比2.2%減、前年同月比3.2%減)で月次倒産に占める割合は89.0%(同0.5ポイント上昇、同1.6ポイント上昇)であった。2015年11月には構成比が88.1%まで下がったが、2か月ぶりに再び89%に戻った。

小規模企業の倒産件数構成比・前年同月比推移