[03]業種別の動向

投稿日: Feb 26, 2015 12:5:22 PM

~「建設業」の中分類では「土木工事」が20件を割る低水準~

負債額1千万円以上の業種別倒産件数は、「小売業」111件(前月比26.1%増、前年同月比2.8%増)で前年同月を上回った以外、すべての区分で前年同月比で減少した。

月次倒産に占める割合は、前年同月比で2.8%増加した「小売業」と同1.8%減に止まった「サービス業」は他の区分が減少した反動でそれぞれ15.4%(前年同月比2.9ポイント上昇)、22.5%(前年同月比3.4ポイント上昇)と大幅に構成比を上げた。

各区分の中分類明細をみると、「建設業」では「土木工事」が16件(前月比30.4%減、前年同月比59.0%減)と、20件を割る極めて低い水準となった。「小売業」では中分類4区分のうち「その他」58件(前月比31.8%増、前年同月比56.8%増)だけが前年同月比増となった。前年が37件とやや低い水準であったことの反動増ともいえるが、他の区分が徐々に件数を減少させる中で「無店舗小売業」などでの増加もみられることから、今後の動向も注目される。(下表2参照)

(表1)「その他」に分類される業種の倒産件数明細(倒産が発生した業種のみ)

(表2)「小売業」の中分類「その他」に分類される業種別倒産件数明細(倒産が発生した業種のみ)