[03]業種別の動向

投稿日: Feb 10, 2016 6:40:38 AM

~「建設業」が18か月ぶりに前年同月を上回る~

負債額1千万円以上の業種別倒産件数は、「建設業」「サービス業」「その他」で前年同月を上回った。

「建設業」129件(前月比6.5%減、前年同月比2.4%増)は過去12か月の平均(140.3件)を大幅に下回る水準ではあるものの、18か月ぶりに前年同月を上回ることとなった。当協会の建設業倒産集計では1990年2月の81件が最少件数であり、「建設業」倒産の減少傾向が頭打ちになりつつあるものと考えられる。

「建設業」の内訳では、「土木工事」21件(前月比27.6%減、前年同月比8.7%減)のみが前年同月を下回り、「職別工事」45件が横ばい、「建築工事」と「設備工事」は前年同月を上回った。

「サービス業」151件(前月比7.9%増、前年同月比11.9%増)では「企業関連」を除く「生活関連」「レジャー関連」「情報関連」で前年同月を上回った。

「その他」の内訳では、「一般貨物自動車運送業」が前年同月比で大きく減少する一方、船舶関連会社のラムスコーポレーション(株)と関連会社38社が会社更生手続開始の決定を受けたことで「船舶貸渡業」の増加が全体を押し上げた。

業種区分「その他」の前年同月比較一覧(負債額1000万円以上)