2013年度(平成25年度)女性・シニア起業事例調査研究

わが国で急速に進行する「少子高齢化」による労働人口の減少は将来の経済停滞を招く大きなリスクとなります。

そのような中で、高齢者の知識と経験を活かし、あるいは女性ならではの感性や視点に立った新たな財やサービスの可能性が注目されています。

確実にニーズはあるものの現時点では市場が小さく、また個人のセンスや経験、人柄などが重要となるビジネスは一朝一夕でできるものではありません。これらは大企業よりもむしろ小規模な企業が得意とする分野でもあります。

本事例調査報告書は、このように新たな分野への挑戦を通じて「可能性」を「現実」にされた起業家の事例を取材し、ご紹介しています。

※本報告書をお読みになる場合は下記のリンクから閲覧、またはダウンロードしてください。