Q04 業種別集計の区分について

2011/05/26 17:57 に Matsumoto Norikazu が投稿
Q 業種別の集計に用いる区分はどのような根拠がありますか?
A 日本標準産業分類に基づいて集計を行っています。この産業分類を「建設業」「製造業」「卸売業」「小売業」「飲食業」「サービス業」「その他」の7区分に集約しています。
企業によっては複数の産業にまたがって事業を行う場合がありますが、もっとも主たる事業によって区分しています。
日本標準産業分類は日本の産業構造の変化に合わせて定期的に改訂されます。改訂により従来の分類が統合、もしくは分割した場合は、以後もっとも整合する区分によって集計します。