企業倒産統計の「資本金規模」別区分について

2011/06/21 2:53 に Matsumoto Norikazu が投稿
当財団において集計している企業倒産統計につきまして、「資本金規模別」区分の「個人」及び「法人(資本金規模別)」の分類方法を下記のとおり明記いたしました。
なお、昨今の法人形態の多様化による集計区分設定の限界から、「個人」に区分される企業倒産には合同会社や特定目的会社を含むことがあり、本来の資本金規模としての比較から離れている事も否めません。
今後の対応につきましては、現在検討中ですが、当面、「個人」の企業倒産につきましては、「個人企業他」と読み替えていただきますようお願いいたします。
ご利用の皆様にはご迷惑をおかけ致しますが、何卒ご了承下さいますようお願い申し上げます。

資本金規模別区分
倒産した企業の法人格及び資本金によって以下の区分に分類しています
 個人 調査時点で法人登記をしていない個人事業及び下記以外の法人(合同会社、特定目的会社などを含みます)
 法人
(資本金別区分)
 株式会社、有限会社、合資会社、合名会社、協同組合、協同組合連合会、協業組合、企業組合、相互会社、社団法人、学校法人、財団法人、医療法人、社会福祉法人、宗教法人、生活共同組合、農事組合法人、監査法人、特定非営利活動法人
※「資本金」又はそれに準ずる事項の確認ができない法人は資本金0円として集計しています。