2009年度(平成21年度)コミュニティビジネスの現状と展望


【編集担当者から】
※本報告書はお使いのコンピュータにAdobe Reader等のPDFビューアがインストールされていなくてもお読みいただけますが、表示に時間がかかる場合がありますので、下記リンクからダウンロードしてお読みいただくことをお勧めします。(下記ファイル名右側の↓をクリックしてください)

調査の背景・目的
地球環境保護の必要性や高齢化社会の到来の中、コミュニティの果たす役割が見直され、株式会社形態の企業に加えNPO法人なども参画し、地域の実状に応じた様々なコミュニティビジネスが次々に生まれてきています。
しかし、その収益構造面からみると必ずしも安定的な経営が行われているとはいえず、期待された自治体などからの委託事業も、地方の財政状況を考慮すると継続性が確保できるかは不透明であり、将来的には不安材料の一つになっています。
そこで、既存文献や新聞・雑誌記事の検索・分析を行い、今後のコミュニティビジネス参入の先進事例となるような仕組みを有している事業者にヒアリングを実施し、持続可能なコミュニティビジネス創造に求められる考え方と財務構造を明らかにすることといたしました。
Ċ
Matsumoto Norikazu,
2011/05/22 21:00