[01]5月の主な動き

2016/07/08 1:33 に Matsumoto Norikazu が投稿   [ 2016/07/08 1:33 に更新しました ]
(1)倒産件数の前年同月比減少続く
 5月の倒産件数は726件(前月比0.7%増、前年同月比3.2%減)、負債額は1,161億円3,600万円(前月比12.2%増、前年同月比9.2%減)で、2015年12月以降一進一退の推移となっていた件数と負債額の動きは、5か月ぶりの前年同月比連続減少となった4月から継続した。負債額「100億円」の倒産が増加方向に寄与したが、1,000万円以上から100億円未満の倒産でいずれも前年同月を下回ったことから、負債総額は前年同月から減少した。 2016年5月の負債額1千万円未満の企業倒産は55件(前月比111.5%増、前年同月比111.5%増)で、2011年8月(68件)以来の高水準となった。月次倒産全体(726件)に占める割合は7.6%で、前月比4.0ポイント上昇、前年同月比4.1ポイント上昇となった。
 負債額1000万円以上の倒産は671件(前月比3.5%減、前年同月比7.3%減)、負債額は1,158億5,200万円(前月比12.1%増、前年同月比9.3%減)であった。

(2)小規模企業倒産は一進一退の動き
 小規模企業(商業・サービス業は従業員5人以下、製造業その他は20人以下)の倒産は650件(前月比2.4%増、前年同月比1.9%増)で月次倒産全体に占める割合は89.5%(前月比1.4ポイント上昇、前年同月比4.4ポイント上昇)となった。
 従業員規模別集計との関連では、「4人以下」と「5人以上9人以下」でそれぞれ前年同月比2.4ポイント、3.6ポイント構成比の上昇が見られ、4月に続いて小規模企業の倒産シェア増大につながった。

(3)「既往のシワ寄せ」構成比上昇続く
 負債額1千万円以上の原因別倒産件数は「放漫経営」「過少資本」で前年同月を上回った。「過少資本」の構成比は5.7%で、前年同月から1.4ポイントシェアを伸ばした。同様に「既往のシワ寄せ」も14.5%と徐々にシェアを拡大しており、2015年12月(14.9%)以降で最も高い水準となった。
 「不況型倒産」(「販売不振」「既往のシワ寄せ」「売掛金回収難」の合計)は557件(前月比0.2%減、前年同月比7.3%減)と前月比・前年同月比ともに減少したが、月次倒産に占める割合は83.0%(同2.7ポイント上昇、同横ばい)と9か月ぶりの高い水準だった。

(4)「建設業」下げ止まり、「飲食業」5か月ぶりの前年比減
 業種別の集計では「建設業」「サービス業」を除く区分すべてで前年同月を下回った。
 4月まで4か月連続で前年同月を上回っていた「飲食業」は同7.7%減に落ち着いた。一方、減少基調が崩れつつあった「建設業」は「土木工事」「設備工事」で前年同月比増加となり、僅かではあるが全体でも前年同月を上回った。
 減少項目では、「製造業」の「繊維」、「卸売業」では「繊維品」が、「小売業」では「衣服見の廻り品」など繊維関連業種で低い水準となっているのが目立った。