2016年 6月(2016年4月調査)

[01]4月の主な動き

2016/06/09 18:43 に Matsumoto Norikazu が投稿   [ 2016/06/09 18:44 に更新しました ]

(1)倒産件数は5か月ぶりの前年同月比連続減少
 4月の倒産件数は721件(前月比8.7%減、前年同月比8.0%減)、負債額は1,034億円7,800万円(前月比41.2%減、前年同月比46.4%減)で、2015年12月以降一進一退の推移となっていた件数と負債額の動きは、5か月ぶりの連続減少となった。負債額「100億円」の倒産が発生しなかったことや、10億円以上の倒産が
16件(前月比44.8%減、前年同月比20.0%減)と大幅減、かつ倒産1件当たりの平均負債額が24億1,990万円(前年同月比61.2%減)となったことで、月次倒産全体の負債額が大幅な減少となった。
 負債額1000万円未満の倒産は26件(前月比40.9%減、前年同月比27.8%減)、負債額は1億3,400万円(前月比40.9%減、前年同月比27.8%減)と件数・負債額ともに低水準となった。
 負債額1000万円以上の倒産は695件(前月比6.8%減、前年同月比7.1%減)、負債額は1,033億4,400万円(前月比41.2%減、前年同月比46.4%減)であった。

(2)小規模企業倒産は前年同月比で件数が大幅に減少
 小規模企業(商業・サービス業は従業員5人以下、製造業その他は20人以下)の倒産は635件(前月比6.9%減、前年同月比8.2%減)で月次倒産全体に占める割合は88.1%(前月比1.8ポイント上昇、前年同月比0.2ポイント低下)となった。
 従業員規模別集計との関連では、「4人以下」と「5人以上9人以下」でそれぞれ前年同月比1.6ポイント、0.5ポイント構成比の上昇が見られ、小規模企業の倒産シェア増大につながった。

(3)「不況型倒産」の構成比が再び80%を超える
 負債額1千万円以上の原因別倒産件数は「過少資本」「売掛金回収難」で前年同月を上回った。「過少資本」の構成比は6.2%で、2013年10月(7.0%)以降で最もシェアを伸ばした。同様に「既往のシワ寄せ」も13.8%と徐々にシェアを拡大しており、2012年7月(11.3%)以降、わずかな例外を除いて10%を超える水準が定着している。
 「不況型倒産」(「販売不振」「既往のシワ寄せ」「売掛金回収難」の合計)は558件(前月比4.8%減、前年同月比7.0%減)と前月比・前年同月比ともに減少したが、月次倒産に占める割合は80.3%(同1.7ポイント上昇、同0.1ポイント上昇)と3か月ぶりに80%を超えた。

(4)「飲食業」の倒産、減少の流れにならず
 業種別の集計では「小売業」を除く区分すべてで前年同月を下回った。
 「建設業」「製造業」「卸売業」「サービス業」「その他」では前年同月比が連続で減少したが、「飲食業」では2016年に入って以降、4か月連続で前年同月を上回っている
 「その他」67件(前月比12.5%増、前年同月比6.7%減)の内訳では、不動産賃貸関連で前年同月を下回る業種がある一方で事業協同組合の倒産が5件発生したことが目立った。


[02]負債規模別の動向

2016/06/09 18:33 に Matsumoto Norikazu が投稿   [ 2016/06/09 18:36 に更新しました ]

~「100億円以上」の倒産ゼロで負債額は低水準に~

負債規模別の倒産件数は、横ばいとなった「1億円以上5億円未満」を除くすべて前年同月を下回った。
負債額1千万円未満の企業倒産は26件(前月比40.9%減、前年同月比27.8%減)で、月次倒産全体(721件)に占める割合は3.6%(前月比2.0ポイント低下、前年同月比1.0ポイント低下)となった。
負債額100億円以上の大型倒産は、2016年の最多件数となった3月から一転し、倒産が発生しなかった。「100億円以上」の倒産が発生しなっかたのは、2015年10月以来6か月ぶり。
月次倒産の負債額は1,034億7,800万円(前月比41.2%減、前年同月比46.4%減)で、2015年8月(980億5,800万円)以降で最少額となった。

[03]業種別の動向

2016/06/09 18:27 に Matsumoto Norikazu が投稿   [ 2016/06/09 18:31 に更新しました ]

~「飲食業」4か月連続の前年同月比増加~

負債額1千万円以上の業種別倒産件数は、「飲食業」を除くすべての区分で前年同月を下回った。
「飲食業」55件(前月比5.2%減、前年同月比27.9%増)は4か月連続の前年同月比増加で、直近12か月の平均(51.9件)を6.0%上回った。
「建設業」118件(前月比19.7%減、前年同月比11.9%減)は設備工事を除く「土木工事」「建築工事」「職別工事」の中分類3区分で前年同月を下回った。
業種分類「その他」の内訳では、運送業、不動産関連業種が業種によって前年同月比の増減がまちまちだったほか、事業協同組合の倒産が5件発生した。


業種区分「その他」の前年同月比較一覧(負債額1000万円以上)

業種
コード

業種名称

20154

20164

0115

花き作農業

1

0

0116

工芸農作物農業

1

0

0123

養豚業

2

0

0124

養鶏業

2

0

0129

その他の畜産農業

0

1

0141

園芸サービス業

0

1

0211

育林業

0

1

0411

魚類養殖業

1

0

0548

砂・砂利・玉石採取業

0

1

4321

一般乗用旅客自動車運送業

1

1

4411

一般貨物自動車運送業

16

13

4421

特定貨物自動車運送業

0

2

4431

貨物軽自動車運送業

3

0

4542

内航船舶貸渡業

0

1

4621

航空機使用業(航空運送業を除く)

0

1

4711

倉庫業(冷蔵倉庫業を除く)

0

1

4821

利用運送業

1

0

4841

こん包業(組立こん包業を除く)

2

0

4842

組立こん包業

1

1

4891

海運仲立業

0

1

4899

その他の運輸附帯サービス業

1

1

6412

事業者向け貸金業

0

1

6513

投資運用業

1

3

6529

他の商品先物取引業,商品投資業

1

0

6741

生命保険媒介業

0

1

6742

損害保険代理業

0

1

6759

その他の保険サービス業

0

1

6811

建物売買業

5

1

6812

土地売買業

3

7

6821

不動産代理業・仲介業

14

7

6911

貸事務所業

6

6

6921

貸家業

3

1

6931

駐車場業

0

1

6941

不動産管理業

2

5

8712

漁業協同組合

1

0

8721

事業協同組合

0

5

9399

他に分類されない非営利的団体

1

0

9599

他に分類されないサービス業

0

1

69

67

[04]原因別の動向

2016/06/09 18:14 に Matsumoto Norikazu が投稿   [ 2016/06/09 18:15 に更新しました ]

~資金関連の原因項目で増加~

負債額1千万円以上の原因別倒産件数は、「過少資本」と「売掛金回収難」で前年同月を上回った。
「販売不振」459件(前月比9.5%減、前年同月比6.3%減)は直近12か月の平均件数(490.3件)を下回り、月次倒産に占める割合(66.0%)も直近12か月の平均(67.7%)を1.7ポイント下回った。
不況型倒産(「販売不振」「既往のシワ寄せ」「売掛金回収難」の合計)は558件(前月比4.8%減、前年同月比7.0%減)で、月次倒産に占める割合は80.3%(同1.7ポイント上昇、同0.1ポイント上昇)だった。構成比の内訳は「販売不振」が減少する一方で、「既往のシワ寄せ」と「売掛金回収難」の上昇がそれを上回った。
「過少資本」「既往のシワ寄せ」は運転資金の欠乏や旧債負担の累積などによる倒産で、「売掛金回収難」は決済条件の悪化などに起因する倒産であることから、今後は企業の資金調達や売掛金回収が円滑に進んでいるかどうか、といった視点での注意が必要である。

[05]従業員規模別の動向

2016/06/09 18:13 に Matsumoto Norikazu が投稿   [ 2016/06/09 18:14 に更新しました ]

~1年以上「300人以上」の倒産発生なし~

負債額1千万円以上の従業員規模別倒産件数は、倒産が発生しなかった「300人以上」を除くすべての区分で前年同月を下回った。
「300人以上」は2015年4月から13か月連続で倒産が発生していない。
小規模企業(商業・サービス業は従業員5人以下、製造業・その他は従業員20人以下)の倒産は635件(前月比6.9%減、前年同月比8.2%減)、月次倒産件数に占める割合は88.1%(同1.8ポイント上昇、同0.2ポイント低下)だった。


[06]資本金規模別の動向

2016/06/09 18:12 に Matsumoto Norikazu が投稿   [ 2016/06/09 18:12 に更新しました ]

~資本金1億円未満の構成比が99.9%~

負債額1千万円以上の資本金規模別倒産件数は、「個人」が前年同月をうわまわり、「5億円以上10億円未満」が横ばい、その他の区分はすべて前年同月を下回った。
個人及び資本金1000万円未満の倒産は431件(前月比0.2%増、前年同月比2.0%減)で、直近12か月平均(419.0件)との比べて2.9%上回り、月次倒産に占める割合は62.0%(前月比4.4ポイント上昇、前年同月比3.2ポイント上昇)と21か月ぶりに60%を超える水準に達した。
一方、資本金5億円以上の倒産は発生せず、月次倒産に占める資本金1億円未満の構成比は99.9%に達した。

[07]営業年数別の動向

2016/06/09 18:08 に Matsumoto Norikazu が投稿   [ 2016/06/09 18:08 に更新しました ]

~営業年数10年未満で低い水準~

負債額1千万円以上の営業年数別倒産件数は、「2年以上6年未満」「10年以上20年未満」「不明」の3区分で前年同月を上回った。
営業年数を10年刻みでグループ化すると、10年未満が129件(前月比20.9%減、前年同月比24.1%減)と大きく減少し、月次倒産に占める割合も21.3%(同3.0ポイント低下、同3.9ポイント低下)と6か月ぶりの低い水準となった。
前年同月比が増加した3区分のうち、「10年以上20年未満」156件(前月比4.3%減、前年同月比6.8%増)は直近12か月の平均件数(155.8件)とほぼ同数で、大きな動きは無かった。一方、「2年以上6年未満」65件(前月比横ばい、前年同月比4.8%増)と「不明」90件(前月比21.6%増、前年同月比23.3%増)は直近12か月の平均(それぞれ56.0件、79.4件)を上回った。
営業年数の長さと倒産件数との間に相関はみられないが、別途集計した原因別区分とのクロス集計では、各営業年数区分とも「販売不振」の動向に影響されている事が分かった。

[08]倒産形態別の動向

2016/06/09 18:07 に Matsumoto Norikazu が投稿   [ 2016/06/09 18:07 に更新しました ]

~「銀行取引停止」22か月ぶりに前年同月比増加~

負債額1千万円以上の形態別倒産件数は、「銀行取引停止」「再生手続」が前年同月を上回り、「会社更生法」が同横ばい、「破産」「特別清算」「その他」が前年同月を下回った。
「銀行取引停止」86件(前月比24.6%増、前年同月比1.2%増)は直近12か月の平均(76.0件)を10件上回る水準で、前年同月比の増加は22か月ぶり。
「再生手続」は1月以降20件を超える水準が続いており、前年同月比は3月の横ばいを挟んで6か月連続で増加基調となった。
「銀行取引停止」の増加を受けて、法的倒産が月次倒産に占める割合は86.9%(前月比2.5ポイント低下、前年同月比0.8ポイント低下)、法的倒産に「破産」が占める割合は91.6%(同0.8ポイント低下、同0.6ポイント低下)だった。

[09]倒産原因・営業年数別の動向

2016/06/09 18:04 に Matsumoto Norikazu が投稿   [ 2016/06/09 18:06 に更新しました ]

~「販売不振」の動向が大きく影響~

負債額1千万円以上の原因別・営業年数別倒産件数をクロス集計すると、全49区分のうち14区分が前年同月比増加、27区分が減少、8区分が横ばいとなった。
営業年数別集計で前年同月を上回った「2年以上6年未満」「10年以上20年未満」「不明」の各区分は、いずれも「販売不振」の増加が強く影響した。
一方、前年同月比33.8%の減少となった「6年以上10年未満」ではすべての原因別集計で前年同月を下回った。また、「販売不振」の前年同月比減少に大きく寄与したのは「30年以上」(前年同月比45件減)と「6年以上10年未満」(同19件減)の2区分。
不況型倒産(「販売不振」「既往のシワ寄せ」「売掛金回収難」の合計)の状況も「販売不振」の景況を強く受けており、「2年以上6年未満「10年以上20年未満」「不明」の3区分で前年同月を上回り、「30年以上」と「6年以上10年未満」で下回った。


倒産原因・営業年数別倒産件数クロス集計(負債額1000万円以上)

倒産件数

2年未満

2年以上
6
年未満

6年以上
10
年未満

10年以上
20
年未満

20年以上
30
年未満

30年以上

不明

合計

販売不振

3

39

39

109

78

112

79

459

放漫経営

3

12

5

3

3

5

3

34

他社倒産の余波

1

5

4

5

9

8

0

32

過少資本

1

4

3

9

5

17

4

43

既往のシワ寄せ

0

3

4

22

24

41

2

96

売掛金回収難

0

1

0

1

1

0

0

3

その他

0

1

1

7

2

15

2

28

合計

8

65

56

156

122

198

90

695


倒産原因・営業年数別倒産件数前年同月比増減率(負債額1000万円以上)

件数増減率

2年未満

2年以上
6
年未満

6年以上
10
年未満

10年以上
20
年未満

20年以上
30
年未満

30年以上

不明

合計

販売不振

-25.0%

25.8%

-32.8%

14.7%

-8.2%

-28.7%

31.7%

-6.3%

放漫経営

-50.0%

33.3%

-28.6%

-57.1%

-25.0%

400.0%

0.0%

-8.1%

他社倒産の余波

-83.3%

-16.7%

-50.0%

-28.6%

12.5%

-11.1%

-100.0%

-31.9%

過少資本

0.0%

-42.9%

-62.5%

80.0%

-16.7%

325.0%

33.3%

26.5%

既往のシワ寄せ

-

-50.0%

-33.3%

-4.3%

4.3%

-12.8%

-33.3%

-11.1%

売掛金回収難

-

-

-100.0%

0.0%

-

-

-

50.0%

その他

-

-66.7%

-66.7%

-12.5%

-71.4%

87.5%

100.0%

-6.7%

合計

-52.9%

4.8%

-38.5%

6.8%

-8.3%

-12.4%

23.3%

-7.1%


倒産原因・営業年数別倒産件数前年同月比増減数(負債額1000万円以上)

件数増減数

2年未満

2年以上
6
年未満

6年以上
10
年未満

10年以上
20
年未満

20年以上
30
年未満

30年以上

不明

合計

販売不振

-1

8

-19

14

-7

-45

19

-31

放漫経営

-3

3

-2

-4

-1

4

0

-3

他社倒産の余波

-5

-1

-4

-2

1

-1

-3

-15

過少資本

0

-3

-5

4

-1

13

1

9

既往のシワ寄せ

0

-3

-2

-1

1

-6

-1

-12

売掛金回収難

0

1

-1

0

1

0

0

1

その他

0

-2

-2

-1

-5

7

1

-2

合計

-9

3

-35

10

-11

-28

17

-53

[10]地域別の動向

2016/06/09 17:55 に Matsumoto Norikazu が投稿   [ 2016/06/09 17:56 に更新しました ]

~「関東」は7か月ぶりに300件を割る~

負債額1千万円以上の地域別倒産件数は、「東北」「四国」を除くすべての地域で前年同月を下回った。
「東北」は6県のうち4県で前年同月を下回ったが、宮城県8件(前年同月比300.0%増)、秋田県4件(同33.3%増)の増加が上回った。
「四国」4県で前年同月を下回ったのは愛媛県2件(前年同月比50.0%減)のみで、徳島県2件は同横ばい、香川県5件(同66.7%増)、高知県6県(同200.0%増)が前年同月を上回った。
「関東」294件のうち、東京都130件(前年同月比15.6%減)、静岡県12件(同52.0%減)の2都県での減少が大きく、7か月ぶりに300件を割ったと同時に、2か月連続で前年同月を下回った。


都道府県別倒産件数前年同月比較一覧(負債額1000万円以上)

20154

20164

前年同月比

都道府県名

件数

負債額

件数

負債額

件数

負債額

北海道

24

4,166

23

4,666

-4.2%

12.0%

北海道

24

4,166

23

4,666

-4.2%

12.0%

青森

4

108

3

1,773

-25.0%

1541.7%

岩手

5

1,600

4

385

-20.0%

-75.9%

宮城

2

54

8

1,404

300.0%

2500.0%

秋田

3

2,292

4

205

33.3%

-91.1%

山形

5

369

4

1,175

-20.0%

218.4%

福島

3

115

2

460

-33.3%

300.0%

東北

22

4,538

25

5,402

13.6%

19.0%

茨城

10

1,996

13

2,687

30.0%

34.6%

栃木

7

255

11

689

57.1%

170.2%

群馬

6

482

8

488

33.3%

1.2%

埼玉

27

1,790

26

8,911

-3.7%

397.8%

千葉

18

1,132

22

4,144

22.2%

266.1%

東京

154

41,842

130

16,295

-15.6%

-61.1%

神奈川

52

9,149

52

3,770

0.0%

-58.8%

新潟

10

1,086

6

658

-40.0%

-39.4%

山梨

4

459

7

1,533

75.0%

234.0%

長野

6

874

7

991

16.7%

13.4%

静岡

25

4,007

12

1,704

-52.0%

-57.5%

関東

319

63,072

294

41,870

-7.8%

-33.6%

富山

4

361

7

388

75.0%

7.5%

石川

9

2,213

14

1,386

55.6%

-37.4%

愛知

52

10,880

41

5,700

-21.2%

-47.6%

三重

5

866

3

1,609

-40.0%

85.8%

岐阜

11

1,216

12

6,104

9.1%

402.0%

中部

81

15,536

77

15,187

-4.9%

-2.2%

福井

9

72,914

4

173

-55.6%

-99.8%

滋賀

11

497

7

440

-36.4%

-11.5%

京都

17

642

15

982

-11.8%

53.0%

大阪

100

8,016

98

7,894

-2.0%

-1.5%

兵庫

43

3,741

45

9,591

4.7%

156.4%

奈良

12

487

6

799

-50.0%

64.1%

和歌山

6

358

8

583

33.3%

62.8%

近畿

198

86,655

183

20,462

-7.6%

-76.4%

鳥取

2

320

2

280

0.0%

-12.5%

島根

5

783

4

1,062

-20.0%

35.6%

岡山

3

1,889

2

1,097

-33.3%

-41.9%

広島

9

638

10

707

11.1%

10.8%

山口

10

1,902

4

380

-60.0%

-80.0%

中国

29

5,532

22

3,526

-24.1%

-36.3%

徳島

2

144

2

471

0.0%

227.1%

香川

3

91

5

818

66.7%

798.9%

愛媛

4

1,200

2

354

-50.0%

-70.5%

高知

2

299

6

792

200.0%

164.9%

四国

11

1,734

15

2,435

36.4%

40.4%

福岡

37

6,140

27

2,454

-27.0%

-60.0%

佐賀

2

75

4

178

100.0%

137.3%

長崎

3

798

4

244

33.3%

-69.4%

熊本

2

80

3

508

50.0%

535.0%

大分

6

3,201

6

4,478

0.0%

39.9%

宮崎

5

330

3

498

-40.0%

50.9%

鹿児島

8

860

4

840

-50.0%

-2.3%

九州

63

11,484

51

9,200

-19.0%

-19.9%

沖縄

1

62

5

596

400.0%

861.3%

全国

748

192,779

695

103,344

-7.1%

-46.4%

1-10 of 10