2016年 3月(2016年1月調査)

[01]1月の主な動き

2016/03/10 1:41 に Matsumoto Norikazu が投稿   [ 2016/03/10 1:42 に更新しました ]

(1)倒産件数の前年同月比は再び減少へ
 1月の倒産件数は708件(前月比2.7%減、前年同月比5.0%減)、負債額は1,270億円8,200万円(前月比67.0%減、前年同月比24.4%減)で、倒産件数が9か月ぶりに増加した12月から一転、再び減少に転じた。負債額は「100億円以上」の倒産が2件発生したが、超大型倒産が発生した前月・前年同月からは反動減となった
 負債額1千万円以上の倒産は675件(前月比3.4%減、前年同月比6.4%減)、負債額は1,269億2,700万円(前月比67.1%減、前年同月比24.5%減)であった。

(2)小規模企業倒産は減少に転じるも構成比は上昇
 小規模企業(商業・サービス業は従業員5人以下、製造業その他は20人以下)の倒産は630件(前月比2.2%減、前年同月比3.2%減)で月次倒産全体に占める割合は89.0%(前月比0.5ポイント上昇、前年同月比1.6ポイント上昇)となった。
従業員規模別の集計では「4人以下」が倒産件数で減少するも他の区分と比べて減少幅が少なかった事が影響し、構成比が74.1%(前月比0.9ポイント上昇、前年同月比3.8ポイント上昇)まで上昇したことが影響した。

(3)「不況型倒産」の構成比が再び80%超へ
 負債額1千万円以上の原因別倒産件数は「既往のシワ寄せ」「その他」で前年同月を上回り、その他の区分は前年同月を下回った。12月は1992年3月(356件)以降で最少件数となった「販売不振」は467件(前月比11.2%増、前年同月比8.1%減)と、やや件数を戻した。
「既往のシワ寄せ」は6か月ぶりに100件を超える水準となった12月からやや件数を落としたものの、前年同月からの反動増もあり、14.7%増となる86件だった。
「不況型倒産」(「販売不振」「既往のシワ寄せ」「売掛金回収難」の合計)は555件(前月比5.3%増、前年同月比5.8%減)と前年同月比は減少するも、月次倒産に占める割合は82.2%(同6.8ポイント上昇、同0.5ポイント上昇)と9か月ぶりに80%を割った12月から一転した。。

(4)「建設業」は再び前年同月下回るも減少幅は限定的
 業種別の集計では「卸売業」「飲食業」が前年同月を上回った。
12月は18か月ぶりに前年同月を上回った「建設業」であるが、再び1.5%の減少に転じた。しかし、これまで比較的低水準で推移してきた中分類の「土木工事」が30件(前年同月比87.5%増)と高い水準に転じたことは注意が必要である。
 「その他」62件は9か月ぶりに前年同月比増加となった12月から一転、減少に転じている。内訳では作農業の一部、不動産関連業種、事業協同組合などで前年同月から増加、自動車運送関連業種では減少がみられた


[02]負債規模別の動向

2016/03/10 1:40 に Matsumoto Norikazu が投稿   [ 2016/03/10 1:41 に更新しました ]

~「1000万円未満」が2か月連続で前年同月を上回る~

負債規模別の倒産件数は、「1000万円以上5000万円未満」「5000万円以上1億円未満」「5億円以上10億円未満」を除く区分で前年同月を上回った。
負債総額は1,270億8,200万円(前月比67.0%減、前年同月比24.4%減)で、スカイマーク(株)(負債額710億8,800万円)の倒産が発生した前年同月から大幅な反動減となった。
「1000万円未満」の件数は33件(前月比13.8%増、前年同月比37.5%増)で、2か月連続で前年同月を上回った。
月次倒産全体(708件)に占める割合は4.7%で、前月比0.7ポイント上昇、前年同月比1.5ポイント上昇となった。
負債額100億円以上の大型倒産は、(株)エンタープライズ自由ケ丘(負債額152億円、土地売買業、再生手続、大分県)と(株)サンク(負債額111億3,800万円、電気機械器具卸売業、破産、大阪府)の2社。負債額100億円以上の倒産が2件以上発生したのは4か月ぶり。

[03]業種別の動向

2016/03/10 1:39 に Matsumoto Norikazu が投稿   [ 2016/03/10 1:40 に更新しました ]

~「建設業」の減少幅わずかに~

負債額1千万円以上の業種別倒産件数は、「卸売業」「飲食業」を除くすべての区分で前年同月を下回った。
「卸売業」の中分類では「繊維品」「飲料食料品」「医薬化学品」が前年同月を下回ったが、「衣服見の廻り品」「機械器具」「建築材料家具建具」「その他」が前年同月を上回った。
「建設業」は129件(前月比横ばい、前年同月比1.5%減)で18か月ぶりに前年同月を上回った12月から再び減少に転じたが、減少幅は僅かであった。中分類の内訳をみると、「土木工事」30件(前年同月比87.5%増)と「職別工事」39件(同11.4%増)で前年同月比が増加し、「建築工事」41件(同8.9%減)、「設備工事」19件(同45.7%減)が前年同月を下回った。
業種区分「その他」62件(前月比37.4%減、前年同月比7.5%減)の内訳は、作農業、土地建物関連業種、事業協同組合などで前年同月を上回り、運送関連業種では前年同月比が減少となった。


業種区分「その他」の前年同月比較一覧(負債額1000万円以上)

業種
コード

業種名称

20151

20161

0113

野菜作農業(きのこ類栽培を含む)

3

1

0114

果樹作農業

0

2

0115

花き作農業

0

2

0123

養豚業

0

1

0129

その他の畜産農業

1

0

4321

一般乗用旅客自動車運送業

3

2

4331

一般貸切旅客自動車運送業

1

2

4411

一般貨物自動車運送業

25

12

4421

特定貨物自動車運送業

1

0

4431

貨物軽自動車運送業

6

1

4441

集配利用運送業

1

0

4522

沿海貨物海運業

0

1

4611

航空運送業

1

0

4711

倉庫業(冷蔵倉庫業を除く)

1

0

4841

こん包業(組立こん包業を除く)

3

2

4891

海運仲立業

0

1

4899

その他の運輸附帯サービス業

1

0

6412

事業者向け貸金業

1

0

6513

投資運用業

0

2

6522

商品投資業

0

1

6631

金融商品仲介業

0

1

6742

損害保険代理業

1

0

6811

建物売買業

2

3

6812

土地売買業

3

4

6821

不動産代理業・仲介業

5

9

6911

貸事務所業

3

4

6912

土地賃貸業

2

1

6921

貸家業

0

3

6941

不動産管理業

3

3

8712

漁業協同組合

0

1

8721

事業協同組合

0

3

67

62

[04]原因別の動向

2016/03/10 1:37 に Matsumoto Norikazu が投稿   [ 2016/03/10 1:38 に更新しました ]

~不況型倒産の構成比が再び80%超へ~

負債額1千万円以上の原因別倒産件数は、「既往のシワ寄せ」「その他」を除く区分で前年同月を下回った。
「販売不振」467件(前月比11.2%増、前年同月比8.1%減)は直近12か月の平均件数(496.6件)を下回り、前年同月比の減少は7か月連続となった。
「既往のシワ寄せ」86件(前月比17.3%減、前年同月比14.7%増)と「その他」27件(同横ばい、同35.0%増)の2区分は対前年同月での増加傾向が続いている。
不況型倒産(「販売不振」「既往のシワ寄せ」「売掛金回収難」の合計)は555件(前月比5.3%増、前年同月比5.8%減)で、月次倒産に占める割合は82.2%(前月比6.8ポイント上昇、前年同月比0.5ポイント上昇)だった。12月にいったん75.4%に低下した構成比が、再び80%を超える水準に戻った。

[05]従業員規模別の動向

2016/03/10 1:36 に Matsumoto Norikazu が投稿   [ 2016/03/10 1:37 に更新しました ]

~「300人以上」の倒産は10か月連続で“0”~

負債額1千万円以上の従業員規模別倒産件数は、「30人以上99人以下」「不明」を除くすべての区分で前年同月を下回った。
「不明」は発生件数が少ないために増減率が大きく振れる傾向があるものの、1月の6件(前月比200.0%増、前年同月比500.0%増)は過去12か月の平均(2.8件)から見ても高い水準となった。
一方、従業員100人以上の区分では低い水準での推移が続いており、「300人以上」の倒産は10か月連続して発生していない。
小規模企業(商業・サービス業は従業員5人以下、製造業その他は20人以下)の倒産件数は630件(前月比2.2%減、前年同月比3.2%減)で月次倒産に占める割合は89.0%(同0.5ポイント上昇、同1.6ポイント上昇)であった。2015年11月には構成比が88.1%まで下がったが、2か月ぶりに再び89%に戻った。



小規模企業の倒産件数構成比・前年同月比推移

調査年月

月次倒産
全体

小規模企業
倒産件数

構成比

前年比

20141

908

807

88.9%

-5.1%

20142

808

708

87.6%

-14.5%

20143

848

750

88.4%

-10.2%

20144

955

832

87.1%

2.5%

20145

853

735

86.2%

-23.5%

20146

900

804

89.3%

-1.3%

20147

915

814

89.0%

-14.4%

20148

759

671

88.4%

-12.7%

20149

856

742

86.7%

2.1%

201410

841

731

86.9%

-15.9%

201411

764

689

90.2%

-13.0%

201412

712

631

88.6%

-8.7%

20151

745

651

87.4%

-19.3%

20152

721

613

85.0%

-13.4%

20153

890

769

86.4%

2.5%

20154

784

692

88.3%

-16.8%

20155

750

638

85.1%

-13.2%

20156

860

758

88.1%

-5.7%

20157

813

725

89.2%

-10.9%

20158

667

605

90.7%

-9.8%

20159

694

607

87.5%

-18.2%

201510

779

693

89.0%

-5.2%

201511

739

651

88.1%

-5.5%

201512

728

644

88.5%

2.1%

20161

708

630

89.0%

-3.2%

[06]資本金規模別の動向

2016/03/10 1:35 に Matsumoto Norikazu が投稿   [ 2016/03/10 1:35 に更新しました ]

~「個人」は集計開始以来の最少~

負債額1千万円以上の資本金規模別倒産件数は、倒産が発生しなかった「5億円以上10億円未満」を除くすべての区分で前年同月を下回った。
「個人」92件(前月比24.6%減、前年同月比13.2%減)は過去12か月の平均(116.7件)を大きく下回り、1979年4月の集計開始以来最少件数であった。

[07]営業年数別の動向

2016/03/10 1:34 に Matsumoto Norikazu が投稿   [ 2016/03/10 1:34 に更新しました ]

~「30年以上」が2か月連続で前年同月比増加~

負債額1千万円以上の営業年数別倒産件数は、「30年以上」を除くすべての区分で前年同月を下回った。
「30年以上」197件の動向は、前年同月がやや低い水準(174件)であったことの反動増である一面もあるが、原因別区分とのクロス集計では、依然として「既往のシワ寄せ」の増加が続く中、「販売不振」「過少資本」が増加に転じるなど、内容的に変化が出てきている。
営業年数を10年刻みで集計した件数の前年同月比は10年未満が10.1%減、10年以上20年未満が13.1%減、20年以上が0.3%増で、20年以上は2か月連続の増加となった。

[08]倒産形態別の動向

2016/03/10 1:33 に Matsumoto Norikazu が投稿   [ 2016/03/10 1:33 に更新しました ]

~「銀行取引停止」が集計開始以来の最少に~

負債額1千万円以上の形態別倒産件数は、「再生手続」を除くすべての区分で前年同月を下回った。
「再生手続」24件は過去12か月の平均(19.8件)を上回り、前年同月比で14.3%増と3か月連続で前年同月を上回った。
「銀行取引停止」64件(前月比11.1%減、前年同月比12.3%減)は、1979年の当協会集計開始以来、最少件数となった。
月次倒産に占める法的倒産の割合は89.6%(前月比0.8ポイント上昇、前年同月比1.0ポイント上昇)、法的倒産に占める「破産」の割合は91.2%(同4.2ポイント上昇、同0.7ポイント低下)であった。

[09]倒産原因・営業年数別の動向

2016/03/10 1:31 に Matsumoto Norikazu が投稿   [ 2016/03/10 1:32 に更新しました ]

~営業年数「30年以上」の「販売不振」増加に転じる~

負債額1千万円以上の倒産件数を「原因」と「営業年数」でクロス集計すると、前年同月比で増加となったのは全49区分中15区分、同減少は24区分、残りの10区分が横ばいとなった。
減少傾向にあった「30年以上」の「販売不振」が前年同月比5.1%(6件)の増加に転じた。「30年以上」は「他社倒産の余波」と「その他」を除くすべての区分で前年同月を上回った結果、全体では前年同月比13.2%(同23件)の増加となった。
営業年数別の不況型倒産(「販売不振」「既往のシワ寄せ」「売掛金回収難」の合計)は、「30年以上」163件が前年同月比12.4%(18件)増、「2年以上6年未満」33件が同10.0%(3件)増、「不明」63件が同1.6%(1件)増で、その他の営業年数区分はすべて前年同月を下回った。「不明」の月次倒産件数に占める不況型倒産の割合は94.0%に上った。


倒産原因・営業年数別倒産件数クロス集計(負債額1000万円以上)

倒産件数

2年未満

2年以上
6
年未満

6年以上
10
年未満

10年以上
20
年未満

20年以上
30
年未満

30年以上

不明

合計

販売不振

6

33

49

102

93

123

61

467

放漫経営

2

13

3

7

3

6

2

36

他社倒産の余波

2

3

5

10

2

7

1

30

過少資本

0

3

5

3

2

14

0

27

既往のシワ寄せ

0

0

6

21

19

38

2

86

売掛金回収難

0

0

0

0

0

2

0

2

その他

0

2

1

9

7

7

1

27

合計

10

54

69

152

126

197

67

675


倒産原因・営業年数別倒産件数前年同月比増減率(負債額1000万円以上)

件数増減率

2年未満

2年以上
6
年未満

6年以上
10
年未満

10年以上
20
年未満

20年以上
30
年未満

30年以上

不明

合計

販売不振

-25.0%

32.0%

-21.0%

-21.5%

-14.7%

5.1%

7.0%

-8.1%

放漫経営

0.0%

-7.1%

-40.0%

-46.2%

200.0%

50.0%

-50.0%

-16.3%

他社倒産の余波

-

-40.0%

0.0%

66.7%

-81.8%

-22.2%

-66.7%

-23.1%

過少資本

-100.0%

-50.0%

150.0%

-25.0%

-33.3%

75.0%

-100.0%

-10.0%

既往のシワ寄せ

-100.0%

-100.0%

100.0%

31.3%

0.0%

46.2%

-60.0%

14.7%

売掛金回収難

-

-

-100.0%

-100.0%

-100.0%

0.0%

-

-66.7%

その他

-

100.0%

0.0%

80.0%

75.0%

-12.5%

0.0%

35.0%

合計

-16.7%

-3.6%

-13.8%

-13.1%

-14.9%

13.2%

-11.8%

-6.4%


倒産原因・営業年数別倒産件数前年同月比増減数(負債額1000万円以上)

件数増減数

2年未満

2年以上
6
年未満

6年以上
10
年未満

10年以上
20
年未満

20年以上
30
年未満

30年以上

不明

合計

販売不振

-2

8

-13

-28

-16

6

4

-41

放漫経営

0

-1

-2

-6

2

2

-2

-7

他社倒産の余波

2

-2

0

4

-9

-2

-2

-9

過少資本

-1

-3

3

-1

-1

6

-6

-3

既往のシワ寄せ

-1

-5

3

5

0

12

-3

11

売掛金回収難

0

0

-2

-1

-1

0

0

-4

その他

0

1

0

4

3

-1

0

7

合計

-2

-2

-11

-23

-22

23

-9

-46

[10]地域別の動向

2016/03/10 1:30 に Matsumoto Norikazu が投稿   [ 2016/03/10 1:31 に更新しました ]

~「近畿」以外の地域で前年同月を下回る~

負債額1千万円以上の地域別倒産件数は、「近畿」を除くすべての地域で前年同月を下回った。
「近畿」は大阪府、兵庫県、和歌山県で前年同月を下回るも滋賀県、京都府、奈良県の増加で、「近畿」全体では前年同月比3件(同1.8%)の増加となった。
「関東」は茨城県、千葉県、東京都、新潟県、山梨県で前年同月を上回ったが、神奈川県、栃木県、埼玉県、静岡県での減少幅が大きく、「関東」全体では前年同月比18件(同5.6%)減で4か月ぶりに前年同月を下回った。
「中部」は富山県、三重県で前年同月を上回ったが、愛知県、岐阜県の減少により、「中部」全体では前年同月比3件(同4.8%)減となり、7か月連続で前年同月を下回った。


都道府県別倒産件数前年同月比較一覧(負債額1000万円以上)

20151

20161

前年同月比

都道府県名

件数

負債額

件数

負債額

件数

負債額

北海道

23

2,495

19

3,479

-17.4%

39.4%

北海道

23

2,495

19

3,479

-17.4%

39.4%

青森

4

637

5

356

25.0%

-44.1%

岩手

4

325

2

55

-50.0%

-83.1%

宮城

6

3,388

6

386

0.0%

-88.6%

秋田

5

215

5

180

0.0%

-16.3%

山形

3

328

4

157

33.3%

-52.1%

福島

3

1,374

2

1,667

-33.3%

21.3%

東北

25

6,267

24

2,801

-4.0%

-55.3%

茨城

11

3,483

20

2,840

81.8%

-18.5%

栃木

21

3,852

8

5,151

-61.9%

33.7%

群馬

11

991

9

666

-18.2%

-32.8%

埼玉

35

1,393

25

1,413

-28.6%

1.4%

千葉

18

7,226

26

3,414

44.4%

-52.8%

東京

136

85,535

143

20,119

5.1%

-76.5%

神奈川

49

6,723

31

2,161

-36.7%

-67.9%

新潟

6

1,596

11

1,003

83.3%

-37.2%

山梨

2

343

4

460

100.0%

34.1%

長野

7

2,488

7

1,081

0.0%

-56.6%

静岡

25

6,396

19

3,134

-24.0%

-51.0%

関東

321

120,026

303

41,442

-5.6%

-65.5%

富山

6

352

7

2,191

16.7%

522.4%

石川

7

323

7

615

0.0%

90.4%

愛知

35

7,178

30

8,692

-14.3%

21.1%

三重

4

1,161

10

665

150.0%

-42.7%

岐阜

10

1,461

5

432

-50.0%

-70.4%

中部

62

10,475

59

12,595

-4.8%

20.2%

福井

5

271

5

1,008

0.0%

272.0%

滋賀

5

200

9

397

80.0%

98.5%

京都

13

2,556

16

1,507

23.1%

-41.0%

大阪

96

6,301

92

20,768

-4.2%

229.6%

兵庫

33

2,358

31

4,416

-6.1%

87.3%

奈良

8

777

13

519

62.5%

-33.2%

和歌山

4

348

1

159

-75.0%

-54.3%

近畿

164

12,811

167

28,774

1.8%

124.6%

鳥取

1

10

7

3,178

600.0%

31680.0%

島根

4

773

4

102

0.0%

-86.8%

岡山

8

1,785

3

233

-62.5%

-86.9%

広島

12

396

7

896

-41.7%

126.3%

山口

10

1,905

5

1,103

-50.0%

-42.1%

中国

35

4,869

26

5,512

-25.7%

13.2%

徳島

4

231

5

1,463

25.0%

533.3%

香川

10

1,287

4

133

-60.0%

-89.7%

愛媛

2

340

4

3,886

100.0%

1042.9%

高知

3

367

2

85

-33.3%

-76.8%

四国

19

2,225

15

5,567

-21.1%

150.2%

福岡

34

4,486

32

4,881

-5.9%

8.8%

佐賀

3

161

2

378

-33.3%

134.8%

長崎

6

301

4

2,375

-33.3%

689.0%

熊本

6

996

5

777

-16.7%

-22.0%

大分

7

969

5

15,585

-28.6%

1508.4%

宮崎

1

800

2

160

100.0%

-80.0%

鹿児島

8

814

7

2,226

-12.5%

173.5%

九州

65

8,527

57

26,382

-12.3%

209.4%

沖縄

7

375

5

375

-28.6%

0.0%

全国

721

168,070

675

126,927

-6.4%

-24.5%

1-10 of 10