2016年 2月(2015年12月調査)

[01]12月の主な動き

2016/02/09 22:43 に Matsumoto Norikazu が投稿   [ 2016/02/09 22:43 に更新しました ]

(1)2015年の倒産件数は25年ぶりに10,000件を割る
 2015年の倒産件数は9,170件(前年比9.4%減)、負債総額は2兆1,141億2,200万円(前年比12.7%増)でした。2010年以降、倒産件数は一貫して減少を続けており、2015年の倒産件数は1990年(8,364件)以降で最少、1979年の当協会の集計開始以来2番目に少ない件数となりました。

(2)倒産件数が9か月ぶりに前年同月を上回る
 12月の倒産件数は728件(前月比1.5%減、前年同月比2.2%増)、負債額は3,854億円9,700万円(前月比171.9%増、前年同月比116.0%増)で、倒産件数の前年同月比は9か月ぶりに増加、負債額は船舶関連会社のラムスコーポレーション(株)と関連会社38社が会社更生手続開始の決定を受けたことで「10億円以上」の倒産件数が急増。また負債額が1,000億円を超える倒産が発生したことで、月次負債額は2015年最大となった。
 負債額1千万円以上の倒産は699件(前月比1.7%減、前年同月比1.9%増)、負債額は3,853億5,300万円(前月比172.0%増、前年同月比116.1%増)であった。

(3)小規模企業倒産が9か月ぶりに前年同月比増加
 小規模企業(商業・サービス業は従業員5人以下、製造業その他は20人以下)の倒産は644件(前月比1.1%増、前年同月比2.1%増)で月次倒産全体に占める割合は88.5%(前月比0.4ポイント上昇、前年同月比0.1ポイント低下)となった。
船舶関連会社のラムスコーポレーション(株)と関連会社38社が会社更生手続開始の決定を受けたことで、従業員数「4人以下」の件数が増加したことも影響している。

(4)「不況型倒産」の構成比が80%を割る
 負債額1千万円以上の原因別倒産件数は「他社倒産の余波」「過少資本」「既往のシワ寄せ」「その他」で前年同月を上回り、「売掛金回収難」が横ばい、「販売不振」「放漫経営」で前年同月を下回った。「販売不振」420件は1992年3月(356件)以降で最少件数となり、6か月連続で前年同月を下回った。
「既往のシワ寄せ」は6か月ぶりに100件を超える水準となる一方、「販売不振」が前年同月比で減少し、「不況型倒産」(「販売不振」「既往のシワ寄せ」「売掛金回収難」の合計)は527件(前月比10.2%減、前年同月比5.9%減)と前月比、前年同月比ともに減少。月次倒産に占める割合は75.4%(同7.2ポイント低下、同6.2ポイント低下)と9か月ぶりに80%を割った。

(5)「建設業」が18か月ぶりに前年同月を上回る
 業種別の集計では「建設業」「サービス業」「その他」が前年同月を上回った。「建設業」の中分類では「土木工事」と「職別工事」を除く「建築工事」と「設備工事」で前年同月を上回った。
 また、「その他」99件が9か月ぶりに前年同月比増加(35.6%増)となった。内訳では、
一般貨物自動車運送業」が前年同月比で大きく減少する一方、船舶関連会社のラムスコーポレーション(株)と関連会社38社が会社更生手続開始の決定を受けたことで、船舶貸渡業」の増加が全体の件数を押し上げた。



[02]負債規模別の動向

2016/02/09 22:42 に Matsumoto Norikazu が投稿   [ 2016/02/09 22:44 に更新しました ]

~10億円以上の倒産急増で負債額は2015年最大規模に~

負債規模別の倒産件数は、5000万円以上から5億円未満の2区分で前年同月を下回り、「1000万円以上5000万円未満」と「100億円以上」は横ばいとなった。
「10億円以上100億円未満」63件(前月比173.9%増、前年同月比133.3%増)には会社更生法の適用を受けた船舶運航管理のラムスコーポレーション(株)と、その関連会社38社(負債額各30~40億円)が含まれている。
負債額100億円以上の大型倒産は、(株)MARU(負債額1,313億円、投資運用業、破産、東京都)の1社で、10億円以上の企業倒産が64件に上ったことで、月次の負債総額は2015年最大となる3,854億9,700万円に膨らんだ。

[03]業種別の動向

2016/02/09 22:40 に Matsumoto Norikazu が投稿   [ 2016/02/09 22:44 に更新しました ]

~「建設業」が18か月ぶりに前年同月を上回る~

負債額1千万円以上の業種別倒産件数は、「建設業」「サービス業」「その他」で前年同月を上回った。
「建設業」129件(前月比6.5%減、前年同月比2.4%増)は過去12か月の平均(140.3件)を大幅に下回る水準ではあるものの、18か月ぶりに前年同月を上回ることとなった。当協会の建設業倒産集計では1990年2月の81件が最少件数であり、「建設業」倒産の減少傾向が頭打ちになりつつあるものと考えられる。
「建設業」の内訳では、「土木工事」21件(前月比27.6%減、前年同月比8.7%減)のみが前年同月を下回り、「職別工事」45件が横ばい、「建築工事」と「設備工事」は前年同月を上回った。
「サービス業」151件(前月比7.9%増、前年同月比11.9%増)では「企業関連」を除く「生活関連」「レジャー関連」「情報関連」で前年同月を上回った。
「その他」の内訳では、「一般貨物自動車運送業」が前年同月比で大きく減少する一方、船舶関連会社のラムスコーポレーション(株)と関連会社38社が会社更生手続開始の決定を受けたことで船舶貸渡業」の増加が全体を押し上げた。


業種区分「その他」の前年同月比較一覧(負債額1000万円以上)

業種コード

業種名称

201411

201511

0113

野菜作農業(きのこ類栽培を含む)

2

2

0115

花き作農業

1

1

0119

その他の耕種農業

0

1

0121

酪農業

2

0

0123

養豚業

2

0

0311

底びき網漁業

1

1

0312

まき網漁業

1

0

0412

貝類養殖業

0

1

0548

砂・砂利・玉石採取業

1

0

4321

一般乗用旅客自動車運送業

2

4

4331

一般貸切旅客自動車運送業

0

1

4411

一般貨物自動車運送業

22

10

4431

貨物軽自動車運送業

0

2

4441

集配利用運送業

3

1

4541

船舶貸渡業

0

39

4711

倉庫業(冷蔵倉庫業を除く)

0

1

4822

運送取次業

2

0

4841

こん包業(組立こん包業を除く)

1

0

4842

組立こん包業

1

0

4899

その他の運輸附帯サービス業

0

1

6411

消費者向け貸金業

0

1

6513

投資運用業

1

3

6529

他の商品先物取引業,商品投資業

1

0

6741

生命保険媒介業

0

2

6811

建物売買業

3

2

6812

土地売買業

5

4

6821

不動産代理業・仲介業

6

4

6911

貸事務所業

6

8

6912

土地賃貸業

0

1

6921

貸家業

0

1

6931

駐車場業

1

0

6941

不動産管理業

6

2

7114

医学・薬学研究所

0

1

8711

農業協同組合

1

0

8721

事業協同組合

2

3

9312

同業団体

0

1

9399

他に分類されない非営利的団体

0

1

73

99

[04]原因別の動向

2016/02/09 22:40 に Matsumoto Norikazu が投稿   [ 2016/02/09 22:46 に更新しました ]

~「販売不振」減少続くも「他社倒産の余波」急増~

負債額1千万円以上の原因別倒産件数は、「他社倒産の余波」「過少資本」「既往のシワ寄せ」「その他」が前年同月を上回った。
「他社倒産の余波」76件(前月比72.7%増、前年同月比85.4%増)は5か月ぶりに前年同月を上回り、過去12か月の平均(43.2件)も大きく上回った。この背景には、船舶関連会社のラムスコーポレーション(株)と関連会社38社が会社更生手続開始の決定を受けたことで、同区分の件数が急増したことも影響している。「他社倒産の余波」が月次倒産に占める割合は10.9%(前月比4.7ポイント上昇、前年同月比4.9ポイント上昇)だった。
「既往のシワ寄せ」104件(前月比6.1%増、前年同月比57.6%増)は6か月ぶりに100件を超え、3か月連続で前年同月を上回っている。「既往のシワ寄せ」が月次倒産に占める割合は14.9%(前月比1.1ポイント上昇、前年同月比5.3ポイント上昇)だった。
一方、「販売不振」420件(前月比13.4%減、前年同月比14.5%減)は6か月連続で前年同月を下回り、1992年3月(356件)以降で最も少ない件数だった。
不況型倒産(「販売不振」「既往のシワ寄せ」「売掛金回収難」の合計)は527件(前月比10.2%減、前年同月比5.9%減)で月次倒産に占める割合は75.4%(前月比7.2ポイント低下、前年同月比6.2ポイント低下)と9か月ぶりに80%を割った。

[05]従業員規模別の動向

2016/02/09 22:38 に Matsumoto Norikazu が投稿   [ 2016/02/09 22:46 に更新しました ]

~「4人以下」と小規模企業の倒産が9か月ぶりに前年同月を上回る~

負債額1千万円以上の従業員規模別倒産件数は、「4人以下」「30人以上99人以下」「不明」で前年同月を上回り、「10人以上29人以下」「100人以上299人以下」と倒産の発生しなかった「300人以上」で横ばい、「5人以上9人以下」のみが前年同月を下回る結果となった。
「4人以下」512件(前月比2.8%増、前年同月比3.0%増)は過去12か月の平均(519.3件)を若干下回る水準で、9か月ぶりに前年同月を上回った。
小規模企業(商業・サービス業は従業員5人以下、製造業その他は20人以下)の倒産件数は644件(前月比1.1%減、前年同月比2.1%増)で9か月ぶりに前年同月を上回った。月次倒産全体に占める割合は88.5%(同0.4ポイント上昇、同0.1ポイント低下)だった。



小規模企業の倒産件数構成比・前年同月比推移

調査年月

月次倒産
全体

小規模企業
倒産件数

構成比

前年比

201312

780

691

88.6%

-13.7%

20141

908

807

88.9%

-5.1%

20142

808

708

87.6%

-14.5%

20143

848

750

88.4%

-10.2%

20144

955

832

87.1%

2.5%

20145

853

735

86.2%

-23.5%

20146

900

804

89.3%

-1.3%

20147

915

814

89.0%

-14.4%

20148

759

671

88.4%

-12.7%

20149

856

742

86.7%

2.1%

201410

841

731

86.9%

-15.9%

201411

764

689

90.2%

-13.0%

201412

712

631

88.6%

-8.7%

20151

745

651

87.4%

-19.3%

20152

721

613

85.0%

-13.4%

20153

890

769

86.4%

2.5%

20154

784

692

88.3%

-16.8%

20155

750

638

85.1%

-13.2%

20156

860

758

88.1%

-5.7%

20157

813

725

89.2%

-10.9%

20158

667

605

90.7%

-9.8%

20159

694

607

87.5%

-18.2%

201510

779

693

89.0%

-5.2%

201511

739

651

88.1%

-5.5%

201512

728

644

88.5%

2.1%

[06]資本金規模別の動向

2016/02/09 22:38 に Matsumoto Norikazu が投稿   [ 2016/02/09 22:47 に更新しました ]

~「個人」と「1000万円未満」の件数・構成比上昇~

負債額1千万円以上の資本金規模別倒産件数は、「個人」「1000万円未満」「5000万円以上1億円未満」が前年同月を上回った。
「個人」122件(前月比15.1%増、前年同月比8.0%増)は2015年6月以降の増加基調を維持しており、過去12か月の平均件数(115.9件)を上回っている。
しかし、「個人」の負債額急増の背景には、ラムスコーポレーション(株)と法人格を持たないその関連会社38社が会社更生手続開始の決定を受けたことで「個人」にカウントされている影響が大きい。
「個人」と「1000万円未満」の合計は415件(前月比4.8%増、前年同月比4.0%増)で、月次倒産に占める割合は59.4%(同3.7ポイント上昇、同1.2ポイント上昇)となった。

[07]営業年数別の動向

2016/02/09 22:37 に Matsumoto Norikazu が投稿   [ 2016/02/09 22:48 に更新しました ]

~営業年数「不明」が増加に転じる~

負債額1千万円以上の営業年数別倒産件数は、「2年未満」「30年以上」「不明」で前年同月を上回った。
「不明」92件(前月比21.1%増、前年同月比10.8%増)は9か月ぶりに前年同月を上回り、過去12か月の平均件数(80.9件)も超えて増加に転じた。「不明」の件数と負債額急増の背景には、ラムスコーポレーション(株)と法人格を持たないその関連会社38社が会社更生手続開始の決定を受けたことで「不明」にカウントされている影響が大きい。
別途集計した原因別とのクロス集計によると、「2年未満」では「販売不振」が最も大きな増加要因で、「30年以上」では「既往のシワ寄せ」、「不明」では「他社倒産の余波」が最大の増加要因となった。

[08]倒産形態別の動向

2016/02/09 22:37 に Matsumoto Norikazu が投稿   [ 2016/02/09 22:49 に更新しました ]

~「会社更生法」が集計開始以来最多~

負債額1千万円以上の形態別倒産件数は、「再生手続」「会社更生法」「その他」で前年同月を上回った。
「会社更生法」は2015年1月以来、12か月ぶりに発生。件数が30件を超えるのは2002年2月(33件)以来で、1979年4月の集計開始以来の最多件数となった。東京商工リサーチの調べによると、これは船舶運航管理会社とその関連会社38社がいっせいに会社更生法手続開始の決定を受けたもの。
「破産」は540件(前月比10.0%減、前年同月比2.9%減)で、2015年に入って8月(524件)に次ぐ低水準となった。
月次倒産に占める法的倒産の割合は88.8%(前月比1.1ポイント低下、前年同月比1.5ポイント上昇)、「会社更生法」の増加と「破産」の減少によって、法的倒産に占める「破産」の割合は87.0%(同6.9ポイント低下、同5.8ポイント低下)と大きく変動した。

[09]倒産原因・営業年数別の動向

2016/02/09 22:35 に Matsumoto Norikazu が投稿   [ 2016/02/09 22:50 に更新しました ]

~「30年以上」で販売不振減少続く~

負債額1千万円以上の倒産件数を倒産原因と営業年数でクロス集計すると、全49区分の前年同月比は増加18区分、減少20区分、横ばい11区分という内訳になった。
増加区分は10月(21件)、11月(16件)と比べて特に大きな変化はないが、「販売不振」の減少が「30年以上」で顕著なことと、「2年未満」で増加傾向が続くことが共通である。
また、「既往のシワ寄せ」では「30年以上」の前年同月比が10月(17件増=58.6%増)、11月(7件増=23.3%増)、12月(24件増=104.3%増)と増加が明確であり、同様の傾向は6年以上~20年未満の区分にも見られる。
その他、個人事業を含む「不明」では、船舶関連会社のラムスコーポレーション(株)と関連会社38社が会社更生手続開始の決定を受けたことで、連鎖倒産などの「他社倒産の余波」が前年同月比40件増(2000.0%増)となったのが目立つ。
営業年数区分別の不況型倒産(「販売不振」「既往のシワ寄せ」「売掛金回収難」の合計)は「2年未満」「10年以上20年未満」「30年以上」で前年同月を上回り、6年以上のすべての区分で構成比が80%を超えた。


倒産原因・営業年数別倒産件数クロス集計(負債額1000万円以上)

倒産件数

2年未満

2年以上
6
年未満

6年以上
10
年未満

10年以上
20
年未満

20年以上
30
年未満

30年以上

不明

合計

販売不振

7

26

46

98

77

123

43

420

放漫経営

2

9

2

4

7

4

3

31

他社倒産の余波

1

7

5

7

3

11

42

76

過少資本

4

7

4

6

3

12

2

38

既往のシワ寄せ

0

2

11

21

21

47

2

104

売掛金回収難

0

0

0

1

0

2

0

3

その他

0

0

2

4

11

10

0

27

合計

14

51

70

141

122

209

92

699


倒産原因・営業年数別倒産件数前年同月比増減率(負債額1000万円以上)

件数増減率

2年未満

2年以上
6
年未満

6年以上
10
年未満

10年以上
20
年未満

20年以上
30
年未満

30年以上

不明

合計

販売不振

250.0%

-27.8%

-30.3%

4.3%

-7.2%

-11.5%

-39.4%

-14.5%

放漫経営

-33.3%

12.5%

0.0%

-33.3%

40.0%

-55.6%

-25.0%

-16.2%

他社倒産の余波

0.0%

-12.5%

150.0%

-36.4%

-50.0%

0.0%

2000.0%

85.4%

過少資本

300.0%

133.3%

-20.0%

0.0%

-50.0%

140.0%

-

46.2%

既往のシワ寄せ

-

0.0%

266.7%

10.5%

31.3%

104.3%

-33.3%

57.6%

売掛金回収難

-

-100.0%

-

0.0%

-

-

-100.0%

0.0%

その他

-100.0%

-

100.0%

-42.9%

57.1%

150.0%

-100.0%

22.7%

合計

75.0%

-12.1%

-11.4%

-2.1%

-0.8%

9.4%

10.8%

1.9%


倒産原因・営業年数別倒産件数前年同月比増減数(負債額1000万円以上)

件数増減数

2年未満

2年以上
6
年未満

6年以上
10
年未満

10年以上
20
年未満

20年以上
30
年未満

30年以上

不明

合計

販売不振

5

-10

-20

4

-6

-16

-28

-71

放漫経営

-1

1

0

-2

2

-5

-1

-6

他社倒産の余波

0

-1

3

-4

-3

0

40

35

過少資本

3

4

-1

0

-3

7

2

12

既往のシワ寄せ

0

0

8

2

5

24

-1

38

売掛金回収難

0

-1

0

0

0

2

-1

0

その他

-1

0

1

-3

4

6

-2

5

合計

6

-7

-9

-3

-1

18

9

13

[10]地域別の動向

2016/02/09 22:34 に Matsumoto Norikazu が投稿   [ 2016/02/09 22:51 に更新しました ]

~「関東」は3か月連続で前年同月を上回る~

負債額1千万円以上の地域別倒産件数は、全8地域区分のうち「東北」「関東」「中国」「四国」で前年同月を上回った。
「東北」の倒産は21件で、岩手県、宮城県、秋田県で前年同月を上回った。
「関東」の倒産は341件で、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、新潟県、長野県で前年同月を上回り、2015年では7月(346件)に次ぐ高い水準となった。過去12か月の平均(309.8件)を大きく上回った。また、10月以降、3か月連続で前年同月を上回っている。
「中国」は岡山県が前年同月比3件→11件(266.7%増)と大きく増加。全体では6か月ぶりに前年同月を上回った。
「四国」は香川県、愛媛県で前年同月を上回った。


都道府県別倒産件数前年同月比較一覧(負債額1000万円以上)

201412

201512

前年同月比

都道府県名

件数

負債額

件数

負債額

件数

負債額

北海道

23

3,676

22

10,117

-4.3%

175.2%

北海道

23

3,676

22

10,117

-4.3%

175.2%

青森

5

245

2

132

-60.0%

-46.1%

岩手

1

94

4

417

300.0%

343.6%

宮城

5

3,079

8

683

60.0%

-77.8%

秋田

3

1,036

4

458

33.3%

-55.8%

山形

3

261

3

4,036

0.0%

1446.4%

福島

1

170

0

0

-100.0%

-100.0%

東北

18

4,885

21

5,726

16.7%

17.2%

茨城

14

2,573

6

652

-57.1%

-74.7%

栃木

16

3,096

10

511

-37.5%

-83.5%

群馬

9

1,003

10

3,380

11.1%

237.0%

埼玉

23

4,997

28

1,073

21.7%

-78.5%

千葉

12

4,486

23

3,533

91.7%

-21.2%

東京

148

83,589

187

306,515

26.4%

266.7%

神奈川

39

6,547

35

3,691

-10.3%

-43.6%

新潟

5

1,353

13

2,502

160.0%

84.9%

山梨

4

360

2

90

-50.0%

-75.0%

長野

6

311

8

4,700

33.3%

1411.3%

静岡

22

3,941

19

3,548

-13.6%

-10.0%

関東

298

112,256

341

330,195

14.4%

194.1%

富山

2

30

8

835

300.0%

2683.3%

石川

6

380

7

860

16.7%

126.3%

愛知

40

7,820

25

2,481

-37.5%

-68.3%

三重

3

280

5

1,154

66.7%

312.1%

岐阜

19

4,561

7

1,516

-63.2%

-66.8%

中部

70

13,071

52

6,846

-25.7%

-47.6%

福井

3

74

5

3,628

66.7%

4802.7%

滋賀

8

1,443

6

626

-25.0%

-56.6%

京都

18

1,266

15

2,318

-16.7%

83.1%

大阪

96

16,388

96

5,785

0.0%

-64.7%

兵庫

46

4,700

34

4,310

-26.1%

-8.3%

奈良

7

215

8

176

14.3%

-18.1%

和歌山

8

303

8

600

0.0%

98.0%

近畿

186

24,389

172

17,443

-7.5%

-28.5%

鳥取

0

0

1

1,330

#DIV/0!

#DIV/0!

島根

3

181

3

133

0.0%

-26.5%

岡山

3

496

11

3,039

266.7%

512.7%

広島

12

955

11

891

-8.3%

-6.7%

山口

6

237

3

216

-50.0%

-8.9%

中国

24

1,869

29

5,609

20.8%

200.1%

徳島

3

132

2

150

-33.3%

13.6%

香川

3

425

6

1,030

100.0%

142.4%

愛媛

2

420

3

1,090

50.0%

159.5%

高知

4

1,113

2

92

-50.0%

-91.7%

四国

12

2,090

13

2,362

8.3%

13.0%

福岡

28

5,747

24

1,757

-14.3%

-69.4%

佐賀

2

30

1

40

-50.0%

33.3%

長崎

4

8,133

3

1,788

-25.0%

-78.0%

熊本

4

273

3

207

-25.0%

-24.2%

大分

4

631

2

141

-50.0%

-77.7%

宮崎

2

288

5

1,004

150.0%

248.6%

鹿児島

2

170

4

1,199

100.0%

605.3%

九州

46

15,272

42

6,136

-8.7%

-59.8%

沖縄

9

806

7

919

-22.2%

14.0%

全国

686

178,314

699

385,353

1.9%

116.1%

1-10 of 10