2016年 1月(2015年11月調査)

[01]11月の主な動き

2016/01/12 23:52 に Matsumoto Norikazu が投稿   [ 2016/01/12 23:53 に更新しました ]

(1)件数の前年同月比減少続くも減少幅は縮小
 11月の倒産件数は739件(前月比5.1%減、前年同月比3.3%減)、負債額は1,417億円8,300万円(前月比33.3%増、前年同月比22.6%増)で、倒産件数の前年同月比は8か月連続で減少、負債額は「10億円以上」の倒産件数が前年同月を上回った影響で増加し、2015年前半並みの水準となった。
 負債額1千万円以上の倒産は711件(前月比4.2%減、前年同月比3.4%減)、負債額は1,416億5,000万円(前月比33.3%増、前年同月比22.7%増)であった。

(2)小規模企業倒産の前年同月比減少続く
 小規模企業(商業・サービス業は従業員5人以下、製造業その他は20人以下)の倒産は651件(前月比6.1%減、前年同月比5.5%減)で月次倒産全体に占める割合は88.1%(前月比0.9ポイント低下、前年同月比2.1ポイント低下)となった。
前月と比べて従業員規模別集計で「4人以下」区分の件数及び構成比が前年同月比でやや下がっていることも影響し、前月と比べて件数の下げ幅は同様ながら、構成比は低下した。

(3)「不況型倒産」の前年同月比減少続くも、構成比は上昇
 負債額1千万円以上の原因別倒産件数は「販売不振」「放漫経営」「他社倒産の余波」「過少資本」で前年同月を下回り、「既往のシワ寄せ」「売掛金回収難」「その他」で上回った。「販売不振」485件は1992年3月以降で最少となった9月(449件)に近い低水準であるが、前年同月からの下げ幅は3.6%の減少に止まった。
 「販売不振」が前年同月比で減少する一方、「既往のシワ寄せ」「売掛金回収難」は増加しており、「不況型倒産」(「販売不振」「既往のシワ寄せ」「売掛金回収難」の合計)は587件(前月比2.8%減、前年同月比0.2%減)と前月比、前年同月比では減少するものの、月次倒産に占める割合は82.6%(同1.2ポイント上昇、同2.7ポイント上昇)と2か月連続で上昇した。

(4)業種「その他」は農業、自動車運送関連業、土地売買業で前年同月比減少
 業種別の集計では「製造業」「小売業」が前年同月を上回った。「製造業」の中分類7区分の中で「食料品」「繊維」「出版印刷関係」「金属製品」「電気機械器具」の5区分が前年同月を上回った。
 また、「その他」71件が8か月間連続で前年同月比減少(7.8%減)となった。内訳では、「野菜作農業」の5件→1件、「土地売買業」8件→2件をはじめとして、運送関連の
幅広い業種でも前年同月を下回った。一方で「金融商品取引業」の0件→5件などの増加も目だった。


[02]負債規模別の動向

2016/01/12 23:52 に Matsumoto Norikazu が投稿   [ 2016/01/12 23:52 に更新しました ]

~10億円以上の区分を中心に前年比増加~

負債規模別の倒産件数は、「1千万円未満」が横ばい、「1億円以上5億円未満」と10億円以上の2区分で前年同月を上回った。
負債総額は1,417億8,300万円(前月比33.3%増、前年同月比22.6%増)で、10億円以上の区分で前年同月を上回ったことが増加に影響した。
負債額1千万円未満の企業倒産は28件(前月比24.3%減、前年同月比横ばい)となった。月次倒産全体(739件)に占める割合は3.8%で、前月比0.9ポイント低下、前年同月比0.1ポイント上昇となった。
負債額100億円以上の大型倒産は、オプティ・メディックス・リミテッド(負債額129億3,100万円、金融商品取引業、破産、東京都)の1社。


[03]業種別の動向

2016/01/12 23:49 に Matsumoto Norikazu が投稿   [ 2016/01/12 23:51 に更新しました ]

~「建設業」の前年同月比減少は17か月連続~

負債額1千万円以上の業種別倒産件数は、「製造業」「小売業」で前年同月を上回った。
各区分で増減まちまちの推移が続く中、「建設業」は17か月連続で前年同月を下回っている。
「製造業」の中分類内訳では「食料品」「繊維」「出版印刷関係」「金属製品」「電気機械器具」の7区分中5区分で前年同月を上回った。また、「小売業」の中分類内訳では「衣服身の廻り品」「飲食料品」「自動車・自転車」「その他」の4区分すべてで前年同月を上回った。
「製造業」「小売業」ともに過去12か月の平均を下回る件数であり、前年同月の件数がやや低水準であった為の反動増と見ることもできる。
業種大分類の「その他」は71件で、前年同月を7.8%下回った。内訳では農業、旅客自動車運送業、土地売買業などで前年同月を下回り、貨物自動車運送業の一部と金融商品取引業、不動産代理業・仲介業、貸家業で前年同月を上回った。


業種区分「その他」の前年同月比較一覧(負債額1000万円以上)

業種コード

業種名称

201411

201511

0113

野菜作農業(きのこ類栽培を含む)

5

1

0114

果樹作農業

1

0

0121

酪農業

1

0

0122

肉用牛生産業

1

1

0124

養鶏業

1

1

0411

魚類養殖業

0

1

0421

内水面養殖業

1

0

4311

一般乗合旅客自動車運送業

1

0

4321

一般乗用旅客自動車運送業

2

1

4331

一般貸切旅客自動車運送業

2

0

4411

一般貨物自動車運送業

18

17

4421

特定貨物自動車運送業

1

1

4431

貨物軽自動車運送業

1

2

4441

集配利用運送業

1

2

4542

内航船舶貸渡業

1

1

4711

倉庫業(冷蔵倉庫業を除く)

0

1

4821

利用運送業

1

0

4822

運送取次業

1

0

4841

こん包業(組立こん包業を除く)

1

0

4842

組立こん包業

1

0

4899

その他の運輸附帯サービス業

1

1

6412

事業者向け貸金業

1

0

6499

他に分類されない非預金信用機関

0

1

6511

金融商品取引業

0

5

6513

投資運用業

2

3

6614

信用保証機関

1

0

6741

生命保険媒介業

1

0

6742

損害保険代理業

0

2

6811

建物売買業

2

3

6812

土地売買業

8

2

6821

不動産代理業・仲介業

5

7

6911

貸事務所業

5

6

6912

土地賃貸業

1

0

6921

貸家業

0

4

6941

不動産管理業

2

4

7291

興信所

1

0

8712

漁業協同組合

0

1

8721

事業協同組合

2

1

9399

他に分類されない非営利的団体

1

0

9491

その他の宗教の教会

1

0

9599

他に分類されないサービス業

2

2

77

71

[04]原因別の動向

2016/01/12 23:41 に Matsumoto Norikazu が投稿   [ 2016/01/12 23:49 に更新しました ]

~「既往のシワ寄せ」の構成比が上昇基調~

負債額1千万円以上の原因別倒産件数は、「既往のシワ寄せ」「売掛金回収難」「その他」が前年同月を上回った。
各区分の月次倒産に占める割合をみると、「販売不振」485件は68.2%(前月比0.8ポイント上昇、前年同月比0.1ポイント低下)で大きな動きは無いが、「既往のシワ寄せ」98件は13.8%(同0.5ポイント上昇、同2.7ポイント上昇)でやや構成比が上昇している。
不況型倒産(「販売不振」「既往のシワ寄せ」「売掛金回収難」の合計)は587件(前月比2.8%減、前年同月比0.2%減)で、月次倒産に占める割合は82.6%(同1.2ポイント上昇、同2.7ポイント上昇)だった。

[05]従業員規模別の動向

2016/01/12 23:41 に Matsumoto Norikazu が投稿   [ 2016/01/12 23:41 に更新しました ]

~全体的な減少傾向の中「5人以上9人以下」構成比がやや高め~

負債額1千万円以上の負債規模別倒産件数は、5人以上から29人以下の2区分で前年同月を上回り、「100人以上299人以下」と倒産が発生しなかった「300人以上」で横ばい、 その他の区分はすべて前年同月を下回った。
前年同月比が増加した「5人以上9人以下」の117件は、過去12か月の平均(106.8件)をやや上回った。同区分が月次倒産に占める割合は16.5%(前月比4.4ポイント上昇、前年同月比2.4ポイント上昇)とやや高めの水準になっている。
小規模企業(商業サービス業は従業員5人以下、製造業その他は従業員20人以下)の倒産件数は651件(前月比6.1%減、前年同月比5.5%減)で、月次倒産に占める割合は88.1%(同0.9ポイント低下、同2.1ポイント低下)だった。



小規模企業の倒産件数構成比・前年同月比推移

調査年月

月次倒産
全体

小規模企業
倒産件数

構成比

前年比

201311

902

792

87.8%

-5.6%

201312

780

691

88.6%

-13.7%

20141

908

807

88.9%

-5.1%

20142

808

708

87.6%

-14.5%

20143

848

750

88.4%

-10.2%

20144

955

832

87.1%

2.5%

20145

853

735

86.2%

-23.5%

20146

900

804

89.3%

-1.3%

20147

915

814

89.0%

-14.4%

20148

759

671

88.4%

-12.7%

20149

856

742

86.7%

2.1%

201410

841

731

86.9%

-15.9%

201411

764

689

90.2%

-13.0%

201412

712

631

88.6%

-8.7%

20151

745

651

87.4%

-19.3%

20152

721

613

85.0%

-13.4%

20153

890

769

86.4%

2.5%

20154

784

692

88.3%

-16.8%

20155

750

638

85.1%

-13.2%

20156

860

758

88.1%

-5.7%

20157

813

725

89.2%

-10.9%

20158

667

605

90.7%

-9.8%

20159

694

607

87.5%

-18.2%

201510

779

693

89.0%

-5.2%

201511

739

651

88.1%

-5.5%

[06]資本金規模別の動向

2016/01/12 23:40 に Matsumoto Norikazu が投稿   [ 2016/01/12 23:40 に更新しました ]

~資本金5億円以上の倒産は低水準で推移~

負債額1千万円以上の資本金規模別の倒産件数は、1000万円以上から1億円未満の2区分で前年同月を上回り、倒産が発生しなかった5億円以上の区分を除く他の区分は前年同月を下回った。
1000万円以上から1億円未満2区分の件数は過去12か月の平均から大きな変化はない。前年同月がやや低かったことの反動増の一面もある。

[07]営業年数別の動向

2016/01/12 23:39 に Matsumoto Norikazu が投稿   [ 2016/01/12 23:39 に更新しました ]

~前年比はまちまち、20年以上の構成比低下~

負債額1千万円以上の営業年数別倒産件数は、10年以上~30年未満の2区分で前年同月を上回り、「2年未満」と「6年以上10年未満」で横ばい、その他の区分は前年同月を下回った。
営業年数と倒産件数との間に相関性は無く、別途集計した原因別とのクロス集計でも営業年数によって増加(減少)要因はまちまちであった。
営業年数10年刻みに月次倒産に占める構成比をみると、10年未満の区分が22.2%(前月比0.9ポイント上昇、前年同月比3.0ポイント低下)、10年以上20年未満の区分が25.8%(同2.3ポイント上昇、同3.2ポイント上昇)、20年以上が52.0%(同3.2ポイント低下、同0.2ポイント低下)であった。

[08]倒産形態別の動向

2016/01/12 23:37 に Matsumoto Norikazu が投稿   [ 2016/01/12 23:38 に更新しました ]

~「破産」の減少傾向は一服~

負債額1千万円以上の倒産形態別件数は「再生手続」と倒産が発生しなかった「会社更生法」を除く区分全てで前年同月を下回った。
「銀行取引停止」は前年同月比5.6%減の68件で、2014年7月以降続く前年同月比減少は17か月連続となった。
「破産」は前年同月比1.5%減の600件で、減少傾向がやや一服となっている。
月次倒産に占める法的倒産の割合は89.9%(前月比2.3ポイント上昇、前年同月比1.2ポイント上昇)、また法的倒産に「破産」が占める割合は93.9%(前月比0.1ポイント上昇、前年同月比0.6ポイント上昇)となった。

[09]倒産原因・営業年数別の動向

2016/01/12 23:35 に Matsumoto Norikazu が投稿   [ 2016/01/12 23:35 に更新しました ]

~営業年数ごとに、まちまちの動向~

負債額1千万円以上の倒産件数を倒産原因と営業年数別にクロス集計すると、営業年数区分ごとに原因区分の前年同月比動向が異なる状況となった。
営業年数区分を軸に見ていくと、「2年未満」では「販売不振」「放漫経営」「その他」で前年同月を上回る一方、「他社倒産の余波」で減少。不況型倒産は前年同月比50.0%(1件)増加。
「2年以上6年未満」では「他社倒産の余波」を中心に「放漫経営」「過少資本」「既往のシワ寄せ」といった幅広い原因区分で減少する一方、「売掛金回収難」がわずかに増加した。不況型倒産は前年同月比5.1%(2件)減少。
「6年以上10年未満」では「他社倒産の余波」「過少資本」「売掛金回収難」「その他」など幅広い区分で減少したものの、いずれも減少幅としては増加要因に届かず、「販売不振」「既往のシワ寄せ」が増加をけん引した。不況型倒産は前年同月比7.6%(5件)増加。
「10年以上20年未満」では「販売不振」「過少資本」が減少したが、影響は僅かで、「既往のシワ寄せ」を中心に「放漫経営」「他社倒産の余波」「その他」が増加要因となった。不況型倒産は前年同月比8.4%(10件)増加。
「20年以上30年未満」では「販売不振」の増加が強く影響し、その他の区分がすべて横ばい、または減少したものの、全体では前年同月を上回った。不況型倒産は前年同月比10.0%(11件)増加。
「30年以上」では「他社倒産の余波」「既往のシワ寄せ」「売掛金回収難」「その他」が増加するも、「販売不振」「放漫経営」「過少資本」が減少した影響で、全体では前年同月を下回った。不況型倒産は前年同月比7.1%(12件)減少。


倒産原因・営業年数別倒産件数クロス集計(負債額1000万円以上)

倒産件数

2年未満

2年以上
6
年未満

6年以上
10
年未満

10年以上
20
年未満

20年以上
30
年未満

30年以上

不明

合計

販売不振

3

35

64

101

98

119

65

485

放漫経営

2

6

3

9

4

4

2

30

他社倒産の余波

1

2

7

15

5

13

1

44

過少資本

0

2

3

4

5

5

5

24

既往のシワ寄せ

0

0

7

28

23

37

3

98

売掛金回収難

0

2

0

0

0

2

0

4

その他

1

2

1

7

7

8

0

26

合計

7

49

85

164

142

188

76

711


倒産原因・営業年数別倒産件数前年同月比増減率(負債額1000万円以上)

件数増減率

2年未満

2年以上
6
年未満

6年以上
10
年未満

10年以上
20
年未満

20年以上
30
年未満

30年以上

不明

合計

販売不振

50.0%

0.0%

8.5%

-6.5%

21.0%

-15.0%

-16.7%

-3.6%

放漫経営

100.0%

-25.0%

0.0%

28.6%

-20.0%

-42.9%

-33.3%

-11.8%

他社倒産の余波

-75.0%

-88.9%

-12.5%

87.5%

-50.0%

85.7%

-

-20.0%

過少資本

-

-50.0%

-50.0%

-33.3%

-16.7%

-37.5%

0.0%

-31.4%

既往のシワ寄せ

-

-100.0%

16.7%

154.5%

-17.9%

23.3%

-25.0%

19.5%

売掛金回収難

-

100.0%

-100.0%

-

-100.0%

-

-

33.3%

その他

-

0.0%

-50.0%

16.7%

0.0%

14.3%

-

8.3%

合計

0.0%

-31.0%

0.0%

12.3%

2.9%

-5.5%

-15.6%

-3.4%


倒産原因・営業年数別倒産件数前年同月比増減数(負債額1000万円以上)

件数増減数

2年未満

2年以上
6
年未満

6年以上
10
年未満

10年以上
20
年未満

20年以上
30
年未満

30年以上

不明

合計

販売不振

1

0

5

-7

17

-21

-13

-18

放漫経営

1

-2

0

2

-1

-3

-1

-4

他社倒産の余波

-3

-16

-1

7

-5

6

1

-11

過少資本

0

-2

-3

-2

-1

-3

0

-11

既往のシワ寄せ

0

-3

1

17

-5

7

-1

16

売掛金回収難

0

1

-1

0

-1

2

0

1

その他

1

0

-1

1

0

1

0

2

合計

0

-22

0

18

4

-11

-14

-25

[10]地域別の動向

2016/01/12 23:32 に Matsumoto Norikazu が投稿   [ 2016/01/12 23:34 に更新しました ]

~「関東」で2か月連続の前年同月比増加~

負債額1千万円以上の地域別倒産件数は、「北海道」「関東」「九州・沖縄」で前年同月を約3~7%程度上回った。
「北海道」は9月以降、10月の横ばいを挟んで前年同月比で増加の傾向。
「関東」も埼玉県、東京都などで件数が増加した影響で、13か月ぶりの前年同月比増加となった10月に続く2か月連続の増加。
「九州・沖縄」は沖縄県で前年同月を下回るも福岡県、大分県の前年比増加が影響した。


都道府県別倒産件数前年同月比較一覧(負債額1000万円以上)

201411

201511

前年同月比

都道府県

件数

負債額

件数

負債額

件数

負債額

北海道

14

2,445

15

2,821

7.1%

15.4%

北海道

14

2,445

15

2,821

7.1%

15.4%

青森

6

760

4

106

-33.3%

-86.1%

岩手

7

518

3

435

-57.1%

-16.0%

宮城

7

759

9

7,094

28.6%

834.7%

秋田

5

1,785

3

3,482

-40.0%

95.1%

山形

9

2,025

4

542

-55.6%

-73.2%

福島

4

385

5

474

25.0%

23.1%

東北

38

6,232

28

12,133

-26.3%

94.7%

茨城

13

989

13

1,168

0.0%

18.1%

栃木

9

2,147

10

816

11.1%

-62.0%

群馬

8

1,220

5

454

-37.5%

-62.8%

埼玉

26

3,225

31

3,915

19.2%

21.4%

千葉

22

4,817

19

4,249

-13.6%

-11.8%

東京

142

39,802

160

56,946

12.7%

43.1%

神奈川

44

2,648

40

7,228

-9.1%

173.0%

新潟

8

969

3

319

-62.5%

-67.1%

山梨

4

303

6

498

50.0%

64.4%

長野

7

1,221

5

956

-28.6%

-21.7%

静岡

24

2,935

24

5,366

0.0%

82.8%

関東

307

60,276

316

81,915

2.9%

35.9%

富山

6

591

7

1,364

16.7%

130.8%

石川

10

1,031

6

362

-40.0%

-64.9%

愛知

46

4,333

41

4,091

-10.9%

-5.6%

三重

6

1,162

3

1,328

-50.0%

14.3%

岐阜

11

1,862

9

3,104

-18.2%

66.7%

中部

79

8,979

66

10,249

-16.5%

14.1%

福井

4

4,125

5

368

25.0%

-91.1%

滋賀

11

5,644

2

56

-81.8%

-99.0%

京都

24

1,937

17

1,529

-29.2%

-21.1%

大阪

103

8,284

99

4,486

-3.9%

-45.8%

兵庫

39

5,369

46

6,874

17.9%

28.0%

奈良

7

1,246

7

207

0.0%

-83.4%

和歌山

5

640

13

788

160.0%

23.1%

近畿

193

27,245

189

14,308

-2.1%

-47.5%

鳥取

0

0

0

0

#DIV/0!

#DIV/0!

島根

3

169

1

30

-66.7%

-82.2%

岡山

9

233

7

620

-22.2%

166.1%

広島

14

985

15

1,904

7.1%

93.3%

山口

9

2,115

2

1,270

-77.8%

-40.0%

中国

35

3,502

25

3,824

-28.6%

9.2%

徳島

1

200

1

60

0.0%

-70.0%

香川

3

160

3

432

0.0%

170.0%

愛媛

9

513

7

1,692

-22.2%

229.8%

高知

2

635

2

480

0.0%

-24.4%

四国

15

1,508

13

2,664

-13.3%

76.7%

福岡

24

2,440

30

2,427

25.0%

-0.5%

佐賀

4

405

5

138

25.0%

-65.9%

長崎

3

195

2

2,214

-33.3%

1035.4%

熊本

6

821

4

850

-33.3%

3.5%

大分

1

12

5

6,423

400.0%

53425.0%

宮崎

2

340

3

145

50.0%

-57.4%

鹿児島

7

590

4

874

-42.9%

48.1%

九州

47

4,803

53

13,071

12.8%

172.1%

沖縄

8

487

6

665

-25.0%

36.6%

全国

736

115,477

711

141,650

-3.4%

22.7%

1-10 of 10