【01】9月の主な動き

2015/11/04 0:56 に Matsumoto Norikazu が投稿   [ 2015/11/04 0:57 に更新しました ]
(1)負債額は2014年1月以降で最大
 9月の倒産件数は694件(前月比4.0%増、前年同月比18.9%減)、負債額は2,710億800万円(前月比176.4%増、前年同月比97.9%増)で、倒産件数の前年同月比は6か月連続で減少、負債額は第一中央汽船(株)の倒産により、2014年1月以降で最大となった。
 負債額1千万円以上の倒産は673件(前月比6.5%増、前年同月比18.6%減)、負債額は2,708億9,800万円(前月比176.7%増、前年同月比98.0%増)であった。

(2)小規模企業倒産の前年同月比減少続く
 小規模企業(商業・サービス業は従業員5人以下、製造業その他は20人以下)の倒産は607件(前月比0.3%減、前年同月比18.2%減)で月次倒産全体に占める割合は87.5%(前月比3.2ポイント低下、前年同月比0.8ポイント上昇)となり、構成比が90%を超えた8月から一転して低下した。

(3)「販売不振」減少で不況型倒産の構成比は一進一退
 負債額1千万円以上の原因別倒産件数は「販売不振」「放漫経営」「他社倒産の余波」で前年同月を下回り、「過少資本」「売掛金回収難」「その他」で上回った。「販売不振」449件は1992年3月(356件)以降で最少となった。
 「販売不振」減少により不況型倒産(「販売不振」「既往のシワ寄せ」「売掛金回収難」の合計)は541件(前月比0.6%増、前年同月比20.1%減)と前年比で大きく減少し、月次倒産に占める割合は80.4%(同4.7ポイント低下、同1.5ポイント低下)となり、「販売不振」の動向によって「不況型」倒産の構成比は大きく変動している。

(4)不動産関連は「売買」「賃貸」で動向が二分
 業種別の集計では「小売業」のみが前年同月を上回った。「小売業」の中分類4区分では「衣服見の廻り品」(前年同月比9.1%増)、「飲食料品」(同127.3%増)、「その他」(同7.5%増)で前年同月を上回った。
 また、「その他」が6か月間連続で前年同月比で減少するも減少幅は限定的となっている。
業種区分「その他」の内訳では、「不動産代理業・仲介業」の13件→6件(前年同月比53.8%減)を筆頭に「建物売買業」2件→1件(同50.0%減)、「土地売買業」4件→3件(同25.0%減)の減少が目立つ一方、「貸事務所業」2件→4件(同100.0%増)、「貸家業」1件→5件(同400.0%増)など不動産関連業種間で動向が分かれた。
 「一般貨物自動車運送業」14件→15件(同7.1%増)、「一般乗用旅客自動車運送業」0件→4件、「特定貨物自動車運送業」0件→1件など、運送関連業種でも微増した。