[01]7月の主な動き

2015/09/14 4:34 に Matsumoto Norikazu が投稿   [ 2015/09/14 4:35 に更新しました ]
(1)倒産件数は依然として低水準
 7月の倒産件数は813件(前月比5.5%減、前年同月比11.1%減)、負債額は1,201億9,700万円(前月比5.4%減、前年同月比7.3%減)で、倒産件数は6月に続き800件を超えた。前年同月比は4か月連続で前年同月を下回った。
負債額1千万円以上の倒産は787件(前月比4.5%減、前年同月比10.8%減)、負債額は1,200億6,800万円(前月比5.4%減、前年同月比7.3%減)であった。

(2)小規模企業倒産の前年同月比減少続くも構成比は上昇
 小規模企業(商業・サービス業は従業員5人以下、製造業その他は20人以下)の倒産は725件(前月比4.4%減、前年同月比10.9%減)で月次倒産全体に占める割合は89.2%(前月比1.1ポイント上昇、前年同月比0.2ポイント上昇)となり、2014年12月(88.6%)以降で最高となった。

(3)「販売不振」「既往のシワ寄せ」減少で不況型倒産は構成比低下
 負債額1千万円以上の原因別倒産件数は「販売不振」540件が前月比で8.0%減、前年同月比で13.0%減と6月の増加から減少に転じ、「既往のシワ寄せ」94件(前月比6.9%減、前年同月比16.1%減)とともに、いずれも低い水準となり、不況型倒産全体で638件(前月比7.7%減、前年同月比13.7%減)と前月比、前年同月比ともに減少した。これにより月次倒産に占める割合は81.1%(同2.8ポイント低下、同2.7ポイント低下)と構成比を下げた。

(4)不動産関連業種の倒産は一段落
 業種別の集計では「飲食業」「サービス業」で前年同月を上回った。とりわけ「サービス業」の中分類では「企業関連」以外の「生活関連」「レジャー関連」「情報関連」といった家計に関連が深い業種での倒産が前年同月を上回った。
 6月に続いて「その他」は前年同月比で減少。とくに「不動産代理業・仲介業」の10→6件(前年同月比66.7%減)を筆頭に「建物売買業」「土地売買業」「貸事務所業」「貸家業」「不動産管理業」といった不動産関連業種で軒並み減少が目立った。