[08]倒産形態別の動向

2014/01/29 1:10 に Matsumoto Norikazu が投稿
  • 負債額1千万円以上の倒産形態別件数は、倒産が発生しなかった「会社更生法」を除き全ての区分で前年同月を下回った(図1)。法的倒産は652件で、月次倒産に占める割合は86.9%(前月比横ばい、前年同月比5ポイント上昇)、また「破産」は601件(前月比13.2%減、前年同月比9.6%減)で2007年9月(576件)以来の低水準となったが、法的倒産に占める「破産」の割合は92.2%(前月比0.2ポイント低下、前年同月比1.0ポイント上昇)と依然高い水準である。
  • 2013年の倒産形態別件数は、「銀行取引停止処分」1,495件(前年比23.4%減)、「破産」9,023件(同6.4%減)、「再生手続」332件(同28.9%減)、「特別清算」261件(同1.1%減)、「会社更生法」3件(同80.0%減)、「その他」153件(同7.8%減)で、全ての区分で前年を下回った。また、年間倒産件数に占める各区分の割合をみると、「銀行取引停止処分」の13.3%(前年比2.3ポイント低下)に対し、破産をはじめとした法的倒産の割合は85.4%(同2.3ポイント上昇)と通年集計を開始した1980年以降で最高となり、法的倒産に占める「破産」の割合も93.8%(同1.0ポイント上昇)と過去最高を記録した。(図2)
 ~「銀行取引停止」の100件台割れは集計開始以来の低水準~

 負債額「1千万円以上」の倒産件数は、すべての区分が前年比で減少した。「銀行取引停止」が94件(前年同月比36.9%減)と1年2か月連続で前年比減、しかも1979年4月の集計開始以来の低水準となったのをはじめ、「破産」601件(同9.6%減)、「再生手続」28件(同28.2%減)、「特別清算」23件(同8.0%減)、「その他」4件(同66.7%減)など、いずれも減少した。

 前年に比べた構成比は、「銀行取引停止」(16.7%→12.5%)、「再生手続」(4.4%→3.7%)、「その他」(1.3%→0.5%)の3区分が低下、「破産」(74.7%→80.1%)、「特別清算」(2.8%→3.1%)の2区分は上昇した。「破産」「再生手続」「特別清算」など法的倒産は、前年比10.6%減の652件(負債額「1千万円未満」を含め681件)、構成比は前年を5.0ポイント上回る86.9%(同87.3%)となった。法的倒産に占める「破産」比率は、前年を1.0ポイント上回る92.2%である。

 負債額も、すべての区分が前年比で減少した。「銀行取引停止」104億9,000万円(同65.2%減)、「破産」704億1,600万円(同30.2%減)、「再生手続」86億2,800万円(同61.7%減)、「特別清算」445億7,200万円(同13.4%減)、「その他」2億7,100万円(同91.7%減)である。

  負債額「1千万円未満」の件数・負債額は、「銀行取引停止」が1件(同66.7%減)、200万円(同83.3%減)、「破産」が29件(同3.6%増)、1億5,800万円(同4.2%減)である。

(図1)
https://sites.google.com/site/researchbmaa/home/kigyou-tousan-chousa-geppou/qi-ye-dao-chan-diao-cha-yue-bao/kigyou-tousan-chousa-geppou--htmlban/2014nian-2yue-2013nian12yue-diao-zha/_draft_post-7/201312_07_01.jpg

(図2)
Ċ
Matsumoto Norikazu,
2014/01/29 1:10
Ċ
Matsumoto Norikazu,
2014/01/29 1:10
Comments