[08]倒産形態別の動向

2014/12/26 2:47 に Matsumoto Norikazu が投稿   [ 2014/12/26 2:47 に更新しました ]
~「銀行取引停止」が集計開始以来最少の72件~

負債額1千万円以上の形態別倒産件数は、「その他」と倒産のなかった「会社更生法」を除きすべて前年同月を下回った。

「銀行取引停止」は1979年4月の集計開始以来最少となる72件で、この影響で月次倒産に占める法的倒産の割合は前月の87.3%から88.7%に1.4ポイント上昇した。一方、「任意整理」を中心とした「その他」は過去12か月の平均(約9.8件)を超える11件で、推移としては減少傾向ながら一定の割合を占めている。

先述のとおり月次倒産に占める「法的倒産」の割合は88.7%(前月比1.4ポイント上昇、前年同月比1.8ポイント上昇)法的倒産に占める「破産」の割合は93.3%(同0.3ポイント低下、同0.9ポイント上昇)であった。

Ċ
Matsumoto Norikazu,
2014/12/26 2:47
Ċ
Matsumoto Norikazu,
2014/12/26 2:47