[04]原因別の動向

2014/12/26 2:51 に Matsumoto Norikazu が投稿   [ 2014/12/26 2:51 に更新しました ]
~取引先倒産「他社倒産の余波」が徐々に増加傾向~

負債額1千万円以上の原因別倒産件数は、「他社倒産の余波」「その他」を除く区分で前年同月を下回った。「その他」24件の内訳は「偶発的原因」が16件、「信用性低下」が4件、「設備投資過大」が4件である。前年同月と比べて「偶発的原因」が1件増加した。「偶発的原因」には代表者の死亡が含まれるため、後継者難が叫ばれる中でこの区分がどのような動向を示すか注視したい。

「既往のシワ寄せ」は8月以降100件を割り続け、順調に減少傾向をたどっている。逆に「他社倒産の余波」は3か月連続で前年同月を上回っており、連鎖倒産防止に向けた取引先管理と資金手当ての重要性が再確認される。

11月の「不況型倒産」(「販売不振」「既往のシワ寄せ」「売掛金回収難」)は588件(前月比10.2%減、前年同月比16.1%減)と大幅に減少、構成比は79.9%(前月比2.0ポイント低下、前年同月比1.4ポイント低下)となった。

Ċ
Matsumoto Norikazu,
2014/12/26 2:51
Ċ
Matsumoto Norikazu,
2014/12/26 2:51