[02]負債規模別の動向

2014/04/25 2:37 に Matsumoto Norikazu が投稿
~「100億円以上」の倒産発生なく、小規模倒産の構成比上昇~

 負債規模別の倒産件数は前年同月比横ばいとなった「1000万円未満」と「100億円以上」を除く区分すべてが前年同月を下回った。

 月次倒産に占める割合をみると、「1000万円未満」が前年同月比0.5ポイント上昇の4.0%、「1000万円以上5000万円未満」が同5.1ポイント上昇の50.6%となり、他の区分と比べ負債規模が小さい2区分の構成比が上昇した。

 3月は「100億円以上」の倒産はなく、それ以下の負債額上位5社は、レオアセットマネジメント(株)(負債額65億4,800万円、経営コンサルタント業、特別清算、東京都)、(株)ネクスト(負債額48億1,500万円、ボウリング場経営、再生手続、大阪府)、ミナトホテルマネジメント(株)(負債額38億800万円、経営コンサルタント業、特別清算、東京都)、松久(株)(負債額37億円、不動産管理業、破産、岐阜県)、(株)第一繊維(負債額30億円、成人男子・少年服製造業、特別清算、埼玉県)。レオアセットマネジメント(株)とミナトホテルマネジメント(株)は旧日本振興銀行関連の倒産。

Ċ
Matsumoto Norikazu,
2014/04/25 2:37