[08]倒産形態別の動向

2014/02/25 22:36 に Matsumoto Norikazu が投稿
  • 負債額1000万円以上の倒産形態別件数は、「再生手続」「特別清算」を除く区分で前年同月を下回った。
  • 破産など法的倒産は752件で、月次倒産に占める割合は87.0%rと前月から0.1ポイント上昇、前年同月から2.5ポイント上昇、法的倒産に占める「破産」の割合は92.8%で前月から0.6ポイント上昇、前年同月から1.5ポイント低下した。
  • 「銀行取引停止処分」は2013年12月に次いで昭和54年の集計開始以来2番目に少ない件数であった。
 ~「銀行取引停止」の件数は前年比で1年3か月連続の減少~

 負債額「1千万円以上」の倒産件数は、「銀行取引停止が」が100件(前年同月比23.1%減)と、12年11月以降1年3か月連続の前年比減となった。そのほか「破産」698件(同6.2%減)、「その他」12件(同20.0%減)も減少、「再生手続」29件(同38.1%増)、「特別清算」25件(同8.7%増)の2区分は増加した。

 前年に比べた構成比は、「銀行取引停止」(13.9%→11.6%)、「会社更生法」(0.1%→0.0%)、「その他」(1.6%→1.4%)の3区分が低下、「破産」(79.7%→80.8%)、「再生手続」(2.2%→3.4%)、「特別清算」(2.5%→2.9%)の3区分は上昇した。

 「破産」「再生手続」「特別清算」など法的倒産は、前年比4.7%減の752件(負債額「1千万円未満」を含め791件)、構成比は前年を2.5ポイント上回る87.0%と過去最高を記録した。

 負債額は、「銀行取引停止」199億4,900万円(同44.9%減)、「再生手続」245億9,900万円(同28.3%減)、「特別清算」70億9,000万円(同67.8%減)の3区分が前年に比べ減少、一方、大型倒産「エヌ・エス・アール」の負債を含む「破産」2,616億8,400万円(同111.3%増)と「その他」18億2,700万円(同15.1%増)の2区分は増加した。

  負債額「1千万円未満」の件数・負債額は、「銀行取引停止」が5件(同66.7%増)、3,400万円(同161.5%増)、「破産」が39件(同56.0%増)、2億400万円(同48.9%増)である。

Ċ
Matsumoto Norikazu,
2014/02/25 22:36
Ċ
Matsumoto Norikazu,
2014/02/25 22:36