[02]負債規模別の動向

2013/04/23 4:34 に Matsumoto Norikazu が投稿
~負債額「1億円未満」の企業倒産は前年比19.2%減~ 

 3月期の倒産件数は963件(前年同月比19.2%減)で、負債規模別の内訳をみると「1,000万円未満」が34件(同9.7%増)と「10億円以上100億円未満」32件(同18.5%増)を除き、そのほか区分は前年比で減少した。「1千万円以上5千万円未満」438件(同23.3%減)、「5千万円以上1億円未満」193件(同12.7%減)、「1億円以上5億円未満」232件(同20.8%減)、「5億円以上10億円未満」34件(同20.9%減)である。負債規模「1億円未満」の小規模倒産は665件(同19.2%減)、構成比は前年同月を0.1%ポイント上回る69.1%である。

 負債総額は、1,592億7,900万円(同52.3%減)と前年比で大幅減となった。これは、「100億円以上」の倒産発生が2012年9月以来のゼロだったことが影響している。区分別の動向をみると、「1千万円未満」の1億6,900万円(同35.2%増)を除き、そのほか区分はすべて前年比で減少した。「1千万円以上5千万円未満」89億4,200万円(同20.7%減)、「5千万円以上1億円未満」133億7,100万円(同11.1%減)、「1億円以上5億円未満」488億600万円(同17.3%減)、「5億円以上10億円未満」237億4,000万円(同19.0%減)、「10億円以上100億円未満」642億5,100万円(同7.0%減)である。

  東京商工リサーチの発表によると、東日本大震災の関連倒産は35件、上場企業の倒産はジャスダック上場の半導体試験装置製造「(株)東京カソード研究所」の1件、円高関連の倒産1件が発生した。

Ċ
Matsumoto Norikazu,
2013/04/23 4:34
Comments