[02]負債規模別の動向

2013/10/25 0:53 に Matsumoto Norikazu が投稿
~9月の倒産件数としては23年ぶりの低水準~ 

 9月期の倒産件数は、841件(前年同月比12.0%減)と11か月連続で前年同月を下回った。91年9月以来の低水準を記録した前月の水準をさらに下回り、9月としては1990年以来の低水準となった。これには金融機関の企業向け融資の伸びが背景にある。

 区分ごとの動向をみると、前年同月の発生件数が0件だった「100億円以上」で5件発生したものの、そのほか区分は減少した。「1千万円未満」21件(同16.0%減)、「1千万円以上5千万円未満」423件(同3.9%減)、「5千万円以上1億円未満」145件(同16.7%減)、「1億円以上5億円未満」192件(同19.7%減)、「5億円以上10億円未満」27件(同40.0%減)、「10億円以上100億円未満」28件(同15.2%減)である。

 一方で負債額は1,903億600万円(同8.9%増)と3か月ぶりに前年同月を上回った。前年は負債「100億円以上」の大型倒産が発生しなかったところに9月は今年最高の5件も発生したことによる反動増である。区分ごとの動向をみると、負債「100億円以上」が604億9,400万円と突出した額になったのを除き、そのほか区分は前年比で減少した。「1千万円未満」1億400万円(同5.5%減)、「1千万円以上5千万円未満」86億5,700万円(同5.4%減)、「5千万円以上1億円未満」98億2,400万円(同17.7%減)、「1億円以上5億円未満」393億9,000万円(同20.4%減)、「5億円以上10億円未満」187億4,600万円(同39.6%減)である。

  ちなみに、負債額「100億円以上」の大型倒産は、東京の投資運用業「合同会社長堀橋開発」(負債額148億7,600万円)、大阪の無店舗小売業(衣服・身の回り品)「(株)レモール」(同134億3,100万円)、茨城の集積回路製造業「ロームつくば(株)」(同115億円)、東京の建設・鉱山機械製造業「ペトロマテリアル(株)」(同106億8,700万円)、大阪のオフセット印刷業「真正印刷(株)」(同100億円)の5件である。

Ċ
Matsumoto Norikazu,
2013/10/25 0:53