[09]倒産原因・営業年数別の動向

2013/08/23 6:20 に Matsumoto Norikazu が投稿
~「放漫経営」負債額では各区分の変動幅が突出~ 

負債額1千万円以上の営業年数別件数と倒産原因別件数のクロス集計をみると、件数は全49区分のうち増加が21区分、減少が19区分、横ばいが9区分、負債額は増加が15区分、減少が28区分、横ばいが6区分である。

営業年数別の件数で前年同月を14.9%上回った「2年以上6年未満」では「他社倒産の余波」の前年比12件増(300.0%増)が大きな増加要因となったのに対し、「6年以上10年未満」では「販売不振」同16件増(21.9%増)が、「10年以上20年未満」では「既往のシワ寄せ」同9件増(50.0%増)が増加要因となった。

 「販売不振」「既往のシワ寄せ」「売掛金回収難」を合計した「不況型倒産」の前年比増加率が最も高いのは「6年以上10年未満」(前年比27.5%増)、最も低いのは「2年未満」(同40.0%減)であった。また、「不況型倒産」の構成比が最も高いのは「不明」(同89.1%)、次いで「30年以上」(88.3%)、「6年以上10年未満」(83.6%)の順で、業暦が6年以上の区分で高い傾向がみられた。

 前年に比べ比較的変動幅の大きかった区分は、「放漫経営」の「6年以上10年未満」8件(前年同月比166.7%増)、「他社倒産の余波」の「2年以上6年未満」16件(同300.0%増)、「その他」の「20年以上30年未満」10件(同150.0%増)などである。

 負債額では、「販売不振」の「2年未満」3億6,400万円(同137.9%増)の増加が目立つ。一方、「30年以上」の区分では、負債額「100億円以上」の大型倒産で「利根ゴルフ倶楽部」が発生したものの、前年、負債額「1000億円以上」で「三光汽船」の大型倒産が発生した反動で減少に転じた。

 「放漫経営」では、「2年未満」5億4,600万円(同351.2%増)、「2年以上6年未満」26億2,800万円(同165.7%増)、「6年以上10年未満」225億2,200万円(同22199.0%増)、「10年以上20年未満」165億4,600万円(同894.4%増)、「20年以上30年未満」4億1,600万円(同96.7%減)、「30年以上」26億5,900万円(同99.2%減)、「不明」4,000万円(同92.4%減)と、すべての区分が大きく変動した。

 「他社倒産の余波」でも、「2年未満」6億8,400万円(同6118.2%増)、「2年以上6年未満」34億円(同834.1%増)、「20年以上30年未満」91億6,400万円(同914.8%増)などが増加している。

Ċ
Matsumoto Norikazu,
2013/08/23 6:20