[03]業種別の動向

2013/08/23 6:22 に Matsumoto Norikazu が投稿
~「小売業」が5か月ぶりの前年比増~ 

 負債額「1千万円以上」の動向は、「建設業」が234件(前年同月比9.7%減)と12年3月以降1年5か月連続で前年比減となったほか、「飲食業」60件(同7.7%減)、「その他」70件(同27.8%減)も減少した。一方、「小売業」が154件(同28.3%増)と5か月ぶりに増加に転じたのをはじめ、「卸売業」152件(同4.1%増)、「サービス業」210件(同8.2%増)の2区分も増加した。「製造業」は145件の横ばいである。

 中分類での動向をみると、 「卸売業」では「建築材料家具建具」19件が前年同月比38.7%減となる一方、「機械器具」41件が同36.7%増となったことで卸売業全体の件数を押し上げた。「小売業」では「飲食業品」42件が同121.1%増となったほか「自動車・自転車」17件が同54.5%増となるなど、生活用品関連での増加が目立った。「サービス業」では「企業関連」88件の同11.4%増、「情報関連」42件の31.3%増などが増加を牽引した。

 前年に比べた構成比は、「建設業」(25.2%→22.8%)、「飲食業」(6.3%→5.9%)、「その他」(9.5%→6.8%)の3区分が低下、「卸売業」(14.2%→14.8%)、「小売業」(11.7%→15.0%)、「サービス業」(18.9%→20.5%)の3区分は上昇した。「製造業」は14.1%の横ばいである。

 業種別倒産件数と倒産原因別件数をクロス集計すると、前年同月比が増加した「卸売業」「小売業」「サービス業」で「販売不振」が増加している。また、各業種ごとに「不況型倒産」の構成比をみると、全業種の81.7%と比べて「建設業」では7.2ポイント上回る88.9%、「製造業」では3.1ポイント下回る78.6%という結果となった。
「販売不振」「既往のシワ寄せ」「売掛金回収難」の合計

 負債額は、「建設業」266億7,300万円(同22.7%減)、「製造業」323億3,400万円(同44.6%減)、「サービス業」484億2,500万円(同39.9%減)、「その他」466億8,600万円(同91.1%減)の4区分が前年比で減少、「卸売業」218億2,300万円(同23.9%増)、「小売業」197億7,100万円(同153.2%増)、「飲食業」38億5,100万円(同92.1%増)の3業種は増加した。

  負債額「1千万円未満」の件数・負債額は、「卸売業」の件数横ばいを除くそのほか区分はすべて前年比で増加した。「建設業」が12件(同140.0%増)、6,600万円(同247.4%増)、「製造業」が3件(同50.0%増)、2,200万円(同214.3%増)、「卸売業」が3件(同横ばい)、1,500万円(同36.4%増)、「小売業」が10件(同100.0%増)、7,000万円(同288.9%増)、「飲食業」が2件(同100.0%増)、1,400万円(同600.0%増)、「サービス業」が11件(同266.7%増)、3,400万円(同88.9%増)、「その他」が2件(同100.0%増)、1,300万円(同225.0%増)である。



Ċ
Matsumoto Norikazu,
2013/08/23 6:22
Ċ
Matsumoto Norikazu,
2013/08/23 6:22
Ċ
Matsumoto Norikazu,
2013/08/23 6:22
Ċ
Matsumoto Norikazu,
2013/08/23 6:22
Ċ
Matsumoto Norikazu,
2013/08/23 6:22
Ċ
Matsumoto Norikazu,
2013/08/23 6:22
Ċ
Matsumoto Norikazu,
2013/08/23 6:22
Ċ
Matsumoto Norikazu,
2013/08/23 6:22
Ċ
Matsumoto Norikazu,
2013/08/23 6:22
Ċ
Matsumoto Norikazu,
2013/08/23 6:22
Ċ
Matsumoto Norikazu,
2013/08/23 6:22
Ċ
Matsumoto Norikazu,
2013/08/23 6:22
Comments