2012年12月(2012年10月調査)

[00]最近の景気動向と企業倒産

2012/12/13 19:05 に Matsumoto Norikazu が投稿   [ 2012/12/13 20:35 に更新しました ]

景気は下降局面 

 11月は、米国でオバマ大統領の再選、中国のトップ交代、そして12月は日本で突発的な衆議院解散に伴う師走の総選挙入り、韓国でも大統領選の真っ最中である。経済関連では、20か国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議、東南アジア諸国連合(ASEAN)関連会議などと、大きな政治・経済イベントが続いた。しかし、これで世界経済に安定と明るい未来を呼び込めたかというと、ことはそう簡単でない。むしろ各国の視点は、欧州の債務危機、新興国の景気減速などによる世界経済の落ち込みをいかに防ぐかの後処理に注がれ、現状打開に手詰まり感を漂わせている。

 過度な円高への対応に追われている日本では、いくつもの景気指標が弱気に傾いている。
 10月の貿易収支は、5,490億円の赤字と4か月連続の赤字、しかも10月としては過去最大の赤字幅を記録した。年度上半期(4~9月)の貿易統計も、3兆2,190億円(前年同期比90%増)の赤字で、半期ベースで過去最大となった。EU(欧州連合)や中国向けの輸出減、それに中国の日本製品買い控えが響いている。 

 内閣府の10月「街角景気ウォッチャー」は、判断指数が1年5か月ぶりに40を下回った。このため、景気は「このところ弱まっている」から「さらに弱まっている」に下方修正された。下方修正は2か月連続である。先行き判断指数も、好不況の分かれ目となる50を6か月連続で下回った。7~9月期のGDP(実質国内総生産)は3四半期連続のマイナス、10~12月期もマイナスが予想されるなど、現状・先行き見通しのいずれも冴えない。

 11月の月例経済報告は、景気について「このところ弱い動き」として、前月比4か月連続で基調判断を引き下げた。
 実態経済の面では、電機・自動車関連を中心に上場企業の収益減が加速している。とくに電機業界では、シャープ、パナソニック、ソニー3社の赤字幅が国際競争力の低下と円高に苦しめられている現状を端的に映し出している。自動車関連では、米国向けが伸びているものの、尖閣諸島を巡る日中関係の悪化が多大な影響をもたらしている。もっとも、国内的には、復興需要や東南アジア諸国の成長に対応した取り組みなどが、プラス方向に働いてはいる。しかし、低迷する外需を凌ぐほどの力強さはない。 

 世界経済は、欧州の債務危機、新興国の成長鈍化、大型減税の失効と強制的な歳出削減で超緊縮財政が待つ米国の動向などがからみ、先行き不透明感を増している。こうした外部要因で、国内景気は輸出・生産の縮小、企業業績の低迷と設備投資控え、所得・雇用環境の悪化、加えてエコカー補助金の終了に伴う個人消費の冷え込みも見られるようになってきた。景気は、すでに下降局面にあるとみられる。とくに日中関係の悪化は、製造業への影響に止まらず観光面でのダメージも大きい。

 政府は10月の緊急経済対策7,500億円に続き、11月に追加経済対策として予備費を使い8,800億円規模の最終案をまとめたが、24年度補正予算や25年度予算の編成作業など、その後の政治日程に見通しがつかないままである。特例公債法は、与野党の調整でようやく成立したが、今後の財政規律が緩まないよう監視を怠らないことが必要だ。新しい政権には、早く景気の下支えとなるような形をつくってほしいが、うっとおしい状況は年明け後も続くのではないか。

  10月の企業倒産件数は、1,072件(前年同月比6.3%増)、負債額は2,395億1,500万円(同53.5%増)である。このうち負債額「1千万円以上」は1,035件(同6.0%増)、負債額も2,393億5,400万円(同53.5%増)となった。件数が前年同月に比べ増加に転じたのは5か月ぶり、負債額の増加も3か月ぶりのことである。負債額の急増は、同「10億円以上」の大型倒産が48件と、今年の最多を記録したことが大きく響いている。

[01]10月の主な動き

2012/11/16 4:26 に Matsumoto Norikazu が投稿   [ 2012/12/13 20:14 に更新しました ]

(1)小規模企業の構成比は前年を3.6ポイント上回る68.0%
 小規模企業(製造業・その他は従業員数20人以下、商業・サービス業は5人以下)の倒産件数は前年同月比12.3%増の729件で、構成比は前年を3.6ポイント上回る68.0%である。

(2)不況型倒産の構成比は82.6%
 「販売不振」「既往のシワ寄せ」「売掛金回収難」など不況型倒産の件数構成比は、前年同月を0.8ポイント上回る82.6%(負債額「1千万円以上」は82.8%)である。

(3)法的倒産の構成比は83.7%
 「破産」「再生手続」「特別清算」など法的倒産の構成比は、83.7%(負債額「1千万円以上」は83.2%)で、法的倒産の中の破産シェアは94.2%(同94.1%)である。

(4)東北地域の震災関連倒産は今年の最多件数
 東京商工リサーチの発表によると、10月の震災関連倒産は42件で、このうちの東北地域が13件(構成比31.0%)を占め、しかも今年の最多を記録した。震災関連は、昨年3月以降の累計が414件となった。そのほか関連倒産では、中小企業金融円滑化法に基づく貸付条件変更後の倒産が31件、円高関連8件が発生した。上場企業と第三セクターの倒産は発生しなかった。



[02]負債規模別の動向

2012/11/16 4:25 に Matsumoto Norikazu が投稿   [ 2012/12/13 20:15 に更新しました ]

~負債額「1億円未満」の件数構成比は前年を6.6ポイント下回る67.1%~ 

 10月の倒産件数は、負債額「1千万円以上5千万円未満」の484件(前年同月比7.5%減)を除き、そのほか区分は前年比ですべて増加した。「1千万円未満」37件(同15.6%増)、「5千万円以上1億円未満」198件(同5.3%増)、「1億円以上5億円未満」266件(同29.1%増)、「5億円以上10億円未満」39件(同34.5%増)、「10億円以上100億円未満」47件(同56.7%増)、「100億円以上」1件である。負債額「1億円未満」の小規模倒産は719件(同3.2%減)で、構成比は前年を6.6ポイント下回る67.1%だった。

  負債額は、「1千万円未満」の1億6,100万円(同11.5%減)と「1千万円以上5千万円未満」の103億2,800万円(同4.0%減)を除く、そのほか区分はすべて増加した。「5千万円以上1億円未満」133億6,200万円(同6.9%増)、「1億円以上5億円未満」547億1,900万円(同30.3%増)、「5億円以上10億円未満」261億3,000万円(同33.5%増)、「10億円以上100億円未満」1,008億2,300万円(同41.9%増)、「100億円以上」339億9,200万円である。


[03]業種別の動向

2012/11/16 4:25 に Matsumoto Norikazu が投稿   [ 2012/12/13 20:17 に更新しました ]

~「建設業」の倒産件数は前年比で8か月連続の減少~ 

 負債額「1千万円以上」の倒産件数は、「建設業」242件(前年同月比10.4%減)と「小売業」113件(同13.7%減)の2業種を除き、ほかはすべて増加した。「建設業」は前年比で8か月連続の減少である。一方、増加業種では、「製造業」が今年最多の173件(同21.0%増)となったのをはじめ、「飲食業」61件(同15.1%増)が5か月ぶりに増加に転じ、「卸売業」159件(同22.3%増)、「サービス業」198件(同10.0%増)、「その他」89件(同29.0%増)も増加した。

 前年に比べた構成比は、「建設業」(27.7%→23.4%)と「小売業」(13.4%→10.9%)の2業種が低下、「製造業」(14.7%→16.7%)、「卸売業」(13.3%→15.4%)、「飲食業」(5.4%→5.9%)、「サービス業」(18.4%→19.1%)、「その他」(7.1%→8.6%)などは上昇した。

 負債額は、「建設業」が329億3,000万円(同11.0%減)となったのを除き、そのほか区分はすべて増加した。「製造業」488億800万円(同1.6%増)、「卸売業」308億7,600万円(同22.6%増)、「小売業」114億4,700万円(同12.9%増)、「飲食業」48億9,600万円(同343.9%増)、「サービス業」774億6,600万円(同330.4%増)、「その他」329億3,100万円(同100.6%増)である。

 負債額「1千万円未満」の件数・負債額は、「建設業」6件(同20.0%増)、3,200万円(同3.2%増)、「製造業」5件(同横ばい)、1,700万円(同52.8%減)、「卸売業」4件(同100.0%増)、1,500万円(同25.0%増)、「小売業」11件(同1000.0%増)、4,700万円(同4600.0%増)、「飲食業」4件(同横ばい)、1,200万円(同29.4%減)、「サービス業」6件(同57.1%減)、3,100万円(同61.7%減)、「その他」1件(同横ばい)、700万円(同75.0%増)である。


[04]原因別の動向

2012/11/16 4:25 に Matsumoto Norikazu が投稿   [ 2012/12/13 20:18 に更新しました ]

~「既往のシワ寄せ」の倒産件数は今年最多~

 負債額「1千万円以上」の倒産件数は、「他社倒産の余波」の54件(前年同月比1.8%減)と「売掛金回収難」3件(同横ばい)の2区分を除き、そのほかは前年に比べすべて増加した。「既往のシワ寄せ」が132件(同59.0%増)と今年の最多を記録したのをはじめ、「販売不振」722件(同0.4%増)、「放漫経営」50件(同2.0%増)、「過少資本」46件(同2.2%増)、「その他」28件(同27.3%増)である。

 前年に比べた構成比は、「既往のシワ寄せ」(8.5%→12.8%)と「その他」(2.3%→2.7%)が上昇、「売掛金回収難」が横ばい、ほかはすべて低下した。「販売不振」(73.7%→69.8%)、「放漫経営」(5.0%→4.8%)、「他社倒産の余波」(5.6→5.2%)、「過少資本」(4.6%→4.4%)である。

 負債額は、「既往のシワ寄せ」が791億900万円(同536.5%増)と急増したほか、「販売不振」1,075億1,300万円(同25.3%増)、「放漫経営」226億2,100万円(同220.0%増)も増加、一方「他社倒産の余波」138億1,500万円(同38.6%減)、「過少資本」48億7,400万円(同26.1%減)、「売掛金回収難」5億5,300万円(同94.1%減)、「その他」108億6,900万円(同10.5%減)などは減少した。 負債額「1千万円未満」の動向では、「販売不振」が件数・負債額ともに前年比で増加したのが目立つ。


[05]従業員規模別の動向

2012/11/16 4:24 に Matsumoto Norikazu が投稿   [ 2012/12/13 20:20 に更新しました ]

~「9人以下」事業所の構成比は64.3%~

 負債額「1千万円以上」の倒産件数は、「4人以下」497件(前年同月比12.2%増)、「5人以上9人以下」169件(同11.2%増)、「10人以上29人以下」148件(同25.4%増)、「30人以上99人以下」35件(同20.7%増)、「100人以上299人以下」3件(同50.0%増)と前年比で軒並み増加、「不明」183件(同21.1%減)だけは減少した。

 前年に比べた構成比は、「4人以下」(45.4%→48.0%)、「5人以上9人以下」(15.6%→16.3%)、「10人以上29人以下」(12.1%→14.3%)、「30人以上99人以下」(3.0%→3.4%)、

「100人以上299人以下」(0.2%→0.3%)などいずれも上昇。「不明」(23.8%→17.7%)は低下した。「9人以下」の小規模事業所の構成比は、前年を3.3ポイント上回る64.3%(負債額「1千万円未満」を含め64.7%)である。

 負債額は、「不明」183億2,500万円(同4.6%減)を除く、そのほか区分はいずれも前年に比べ増加した。「4人以下」760億7,700万円(同75.3%増)、「5人以上9人以下」329億3,500万円(同66.9%増)、「10人以上29人以下」684億4,000万円(同72.1%増)、「30人以上99人以下」397億2,600万円(同24.7%増)、「100人以上299人以下」38億5,100万円(同99.5%増)である。

 負債額「1千万円未満」の件数・負債額は、「4人以下」28件(同64.7%増)、1億1,400万円(同23.9%増)、「不明」9件(同35.7%減)、4,700万円(同42.0%減)である。


[06]資本金規模別の動向

2012/11/16 4:24 に Matsumoto Norikazu が投稿   [ 2012/12/13 20:21 に更新しました ]

~「個人」と資本金「1億円未満」の倒産シェアは98.6%~

 負債額「1千万円以上」の倒産件数は、「個人」143件(前年同月比31.6%減)と資本金「10億円以上」1件(同50.0%減)を除く、そのほか区分はすべて前年に比べ減少した。同「1千万円未満」410件(同8.5%増)、同「1千万円以上5千万円未満」439件(同23.3%増)、同「5千万円以上1億円未満」28件(同16.7%増)、同「1億円以上5億円未満」14件(同100.0%増)である。

 前年に比べた構成比は、「個人」(21.4%→13.8%)と同「10億円以上」(0.2%→0.1%)の2区分が低下、同「1千万円未満」(38.7%→39.6%)、同「1千万円以上5千万円未満」(36.5%→42.4%)、同「5千万円以上1億円未満」(2.5%→2.7%)、同「1億円以上5億円未満」(0.7%→1.4%)の4区分は上昇した。「個人」と同「1億円未満」事業所の構成比は、前年同月に比べ0.5ポイント下回る98.6%(負債額「1千万円未満」を含め98.6%)である。

 負債額でも、同「10億円以上」201,400万円(同68.4%減)を除く、そのほか区分はすべて増加した。「個人」506,500万円(同13.7%増)、同「1千万円未満」2951,000万円(同18.4%増)、同「1千万円以上5千万円未満」1,1303,900万円(同46.4%増)、同「5千万円以上1億円未満」3297,900万円(同61.0%増)、同「1億円以上5億円未満」5674,700万円(同152.6%増)である。

 負債額「1千万円未満」の件数・負債額は、「個人」8件(同14.3%増)、2,800万円(同34.9%減)、資本金「1千万円未満」29件(同16.0%増)、13,300万円(同4.3%減)である。


[07]営業年数別の動向

2012/11/16 4:24 に Matsumoto Norikazu が投稿   [ 2012/12/13 20:22 に更新しました ]

~「6年以上」4区分の件数はいずれも前年に比べ増加~

 負債額「1千万円以上」の倒産件数は、「2年未満」11件(前年同月比8.3%減)、「2年以上6年未満」89件(同2.2%減)、「不明」106件(同37.6%減)の3区分が前年に比べ減少、ほかは増加した。「6年以上10年未満」121件(同27.4%増)、「20年以上30年未満」201件(同12.9%増)、「30年以上」301件(同28.1%増)がそれぞれ二桁の増加率となり、「10年以上20年未満」206件(同5.6%増)も増加した。

 前年に比べた構成比は、「2年未満」(1.2%→1.1%)、「2年以上6年未満」(9.3%→8.6%)、「10年以上20年未満」(20.0%→19.9%)、「不明」(17.4%→10.2%)の4区分が低下、「6年以上10年未満」(9.7%→11.7%)、「20年以上30年未満」(18.2%→19.4%)、「30年以上」(24.1%→29.1%)の3区分は上昇した。

 負債額は、「2年未満」35,200万円(同62.2%減)と「不明」219,200万円(同21.5%減)の2区分が前年比で減少、ほかはすべて増加した。「6年以上10年未満」が4699,100万円(同691.0%増)と著増したのをはじめ、「2年以上6年未満」689,300万円(同12.3%増)、「10年以上20年未満」3585,700万円(同41.3%増)、「30年以上」1,1318,800万円(同35.6%増)など、いずれも二桁の増加率である。「20年以上30年未満」3388,100万円(同8.4%増)も増加した。

 負債額「1千万円未満」の件数・負債額は、「6年以上10年未満」がともに増加、「30年以上」がともに減少、そのほかはまちまちだった。


[08]倒産形態別の動向

2012/11/16 4:24 に Matsumoto Norikazu が投稿   [ 2012/12/13 20:23 に更新しました ]

~「特別清算」の負債額が前年比で急増~

 負債額「1千万円以上」の倒産件数は、「銀行取引停止」161件(前年同月比11.0%増)、「破産」810件(同6.2%増)、「特別清算」20件(同25.0%増)の3区分が前年比で増加、「再生手続」31件(同6.1%減)、「その他」13件(同31.6%減)の2区分が減少した。

 前年に比べた構成比は、「銀行取引停止」(14.9%→15.6%)、「破産」(78.2%→78.3%)、「特別清算」(1.6%→1.9%)の3区分が上昇、「再生手続」(3.4%→3.0%)と「その他」(1.9%→1.3%)の2区分は低下した。

 負債額は、「銀行取引停止」が3037,400万円(同18.8%減)と前年に比べ減少、そのほか「破産」1,4185,400万円(同52.2%増)、「再生手続」2042,800万円(同38.3%増)、「特別清算」4354,000万円(同415.0%増)、「その他」315,800万円(同53.6%増)の4区分は増加した。「特別清算」には、ゴルフ場投資事業の「パシフィックスポーツアンドリゾート(株)」(負債額3399,200万円)が含まれているため額がかさんだ。

 負債額「1千万円未満」の件数・負債額は、「銀行取引停止」1件(同50.0%減)、100万円(同90.0%減)、「破産」35件(同16.7%増)、15,300万円(同11.0%減)、「特別清算」1件である。


[09]倒産原因・営業年数別の動向

2012/11/16 4:23 に Matsumoto Norikazu が投稿   [ 2012/12/13 20:34 に更新しました ]

~件数は前月比で増加区分が減り、減少区分が増える~

 負債額「1千万円以上」で倒産と営業年数の関連をみると、件数は全49区分のうち増加が27区分、減少が14区分、横ばいが8区分と前月に比べ増加区分が4区分減り、減少区分が3区分増えた。負債額は、増加が20区分、減少が20区分、横ばいが9区分である。

 件数で比較的、変動幅の大きかった区分は、「他社倒産の余波」の「6年以上10年未満」8件(前年同月比300.0%増)、「過少資本」の「2年以上6年未満」6件(同200.0%増)、「既往のシワ寄せ」の「6年以上10年未満」15件(同150.0%増)、「その他」の「6年以上10年未満」5件(同150.0%増)、「30年以上」8件(同100.0%増)などである。

 負債額では、「放漫経営」の「2年未満」25,100万円(同457.8%増)、「6年以上10年未満」252億円(同13521.6%増)、「30年以上」486,500万円(同112.2%増)、「他社倒産の余波」の「6年以上10年未満」61,600万円(同100.0%増)、「過少資本」の「2年以上6年未満」51,100万円(同219.4%増)、「20年以上30年未満」361,000万円(同587.6%増)、「不明」8,100万円(同170.0%増)、「既往のシワ寄せ」の「30年以上」1785,300万円(同119.6%増)、「その他」の「6年以上10年未満」10800万円(同2552.6%増)、「20年以上30年未満」785,900万円(同190.0%増)、「30年以上」1553,600万円(同123.9%増)である。

1-10 of 11