[10]地域別の動向

2012/06/20 3:45 に Matsumoto Norikazu が投稿   [ 2012/07/10 23:21 に更新しました ]
~「関東」と「近畿」は件数・負債額ともに増加~

 全国地方銀行の6月地方経済天気図は、景気の先行きについて全国11地域のうち関東、甲信越2地域が上向き、東海、沖縄、東北、四国4地域が緩やかな持ち直し、北海道、北陸、近畿、中国、九州5地域が横ばいと見立てている。個人消費、住宅建設、設備投資、公共投資、輸出、生産活動、観光、雇用情勢など、それぞれの指標に濃淡があるものの、総じて持ち直しの動きが兆している。

 地域別の倒産動向は、「関東」と「近畿」の件数・負債額がともに増加、「東北」は件数の前年比減が続いているが負債額は増加、そのほか地域では件数・負債額の増減率がまちまちである。

 内訳は、「北海道」41件(前年同月比10.8%増)、44億1,400万円(同65.5%減)、「東北」29件(同32.6%減)、115億4,000万円(同53.6%増)、「関東」497件(同15.9%増)、1,334億500万円(同48.9%増)、「中部」135件(同3.8%増)、192億800万円(同42.3%減)、「近畿」293件(同2.1%増)、906億5,900万円(同228.5%増)、「中国」50件(同11.1%増)、92億5,400万円(同83.5%減)、「四国」21件(同10.5%増)、30億9,100万円(同19.5%減)、「九州・沖縄」82件(同1.2%増)、109億8,700万円(同50.2%減)である。

Ċ
Matsumoto Norikazu,
2012/06/20 3:45