[10]地域別の動向

2012/05/22 21:16 に Matsumoto Norikazu が投稿   [ 2012/06/08 0:17 に更新しました ]

~震災地「東北」の件数は引き続き前年比減~

 地域別の中小企業の動向では、復興需要が本格化しはじめた「東北」と自動車関連の生産・輸出回復を映した「中部」の2地域が堅調な動きを示しており、7~9月期も引き続き「持ち直し」の動きを継続するとみられる。さらに北海道、関東、近畿、四国などでも、こんご中小企業の業況は好転してくるものとみられる。

 4月期の倒産動向を地域別にみると、「北海道」「関東」「近畿」の3地域が件数・負債額ともに減少、「九州・沖縄」はともに増加、「東北」「中部」「中国」「四国」の4地域はまちまちである。「東北」の件数は、政府の金融支援による政策効果も働き、引き続き前年比で減少している。

  内訳は、「北海道」41件(前年同月比21.2%減)、62億9,000万円(同42.7%減)、「東北」30件(同33.3%減)、140億2,300万円(同57.5%増)、「関東」433件(同2.0%減)、792億2,800万円(同47.5%減)、「中部」117件(同6.4%減)、398億9,600万円(同68.1%増)、「近畿」256件(同16.1%減)、409億2,700万円(同21.8%減)、「中国」35件(同6.1%増)、59億3,000万円(同41.3%減)、「四国」21件(同31.3%増)、44億3,400万円(同51.5%減)、「九州・沖縄」71件(同22.4%増)、382億3,100万円(同183.4%増)である。

Ċ
Matsumoto Norikazu,
2012/05/22 21:16