[02]負債規模別の動向

2012/05/22 21:19 に Matsumoto Norikazu が投稿   [ 2012/06/08 0:07 に更新しました ]
~「100億円以上」倒産が増加~

 負債規模別ごとに前年同月と比較すると、件数は負債額「100億円以上」の4件(前年同月比33.3%増)が唯一の増加区分であった。そのほか区分の内訳は「1千万円未満」36件(同26.5%減)、「1千万円以上5千万円未満」492件(同3.0%減)、「5千万円以上1億円未満」195件(同5.8%減)、「1億円以上5億円未満」242件(同10.4%減)、「5億円以上10億円未満」44件(同4.3%減)、「10億円以上100億円未満」27件(同37.2%減)である。

 負債額で増加がみられたのは、「1千万円以上5千万円未満」100億1,000万円(同4.2%増)と「100億円以上」671億4,800万円(同10.2%増)の2区分、ほかは「1千万円未満」1億9,700万円(同36.9%減)、「5千万円以上1億円未満」135億6,600万円(同3.5%減)、「1億円以上5億円未満」510億1,200万円(同12.7%減)、「5億円以上10億円未満」281億1,100万円(同7.5%減)など、いずれも減少した。

 負債額「100億円以上」の大型倒産は、三重のゴルフ場「興起産業(株)」(負債額257億円)、福岡の製鋼・製鋼圧延業「アジア特殊製鋼(株)」(同205億8,100万円)、栃木の土地賃貸業「(株)バークレイカントリークラブ」(同108億円)、秋田の非営利的団体「(財)秋田県市町村職員互助会」(同100億6,700万円)の4件である。

Ċ
Matsumoto Norikazu,
2012/05/22 21:19