2012年 4月(2012年2月調査)


[00]最近の景気動向と企業倒産

2012/03/29 19:25 に Matsumoto Norikazu が投稿   [ 2012/04/06 1:49 に更新しました ]

復興需要が下半期に企業業績を押し上げ

 東日本大震災の発生から1年1か月が経った。復興事業は着々と進められているが、いまなお膨大な量を抱える被災地のがれき処理は各地の受け入れが進まず、原発事故による放射性物質の除染作業も遅々として進まない。被災地立ち直りの道のりは容易でない。しかし、さすがに被災地の現状を危惧する世論に押されて、がれき処理を受け入れる自治体が増えてきた。事態は、改善に向けて進み出したとみていい。民間調査機関の復興需要見通しにも弾みがついてきた。夏以降には第三次補正予算の執行が本格化するのに伴い、建設をはじめ鉄鋼、セメントなど基礎資材を中心に、2012年度の企業業績は大きく上向くとみられる。

 さらに復興需要に加え、エコカー補助金の復活、住宅エコポイントなど政策効果への期待、徐々に緩和されている円高、米向け輸出の復調など、景気が足踏み状態から抜け出る兆しはみられる。もっとも、復興需要は地域限定の要素が大きく、全体への波及効果となるとやや懐疑的で、一気に上向きに弾みをつけるほどの力強さは伴っていない。

 日銀は、3月の金融政策決定会合で、成長分野の企業支援として金融貸出枠を3兆5,000億円から5兆5,000億円に拡大することを決めた。デフレ脱却のためには成長力を高めるほかないとして、金融面の支えを強くするとともに、政府にもその対応を促している。また4月の短観(全国企業短期経済観測調査)では、景気判断を昨年12月の判断から引き上げた。

 海外動向では、FRB(米連邦準備制度理事会)の景気認識引上げで、米株式市場は4年ぶりにダウ平均13,000ドル台の高値をつけた。ギリシャのデフォルト(債務不履行)問題は、同国債を保有する大方の民間金融機関の協力とEU(欧州連合)、IMF(国際通貨基金)の第二次支援実施で、大量の国債償還を乗り切り、ひとまず金融市場の緊張は和らいだ。ただ、こんご緊縮財政を強いられる同国の経済成長は、かなり制約されるだろう。

 東証株価は、この事態を好感して昨年7月以来、約7か月ぶりに日経平均1万円台を回復した。米株高と円安も加わり、先行きの明るさに期待が高まっている。これまで世界的に出遅れ感が目立っていた日本株に、外国人の買いが続いていることが相場の好転を後押ししている。円安と株高は、景気刺激に一定の効果をもたらすだけに、少なくとも現状は歓迎される。よほどの不測事態がない限り、年内は徐々に上値を切り上げていくだろう。といって、手放しの楽観は禁物である。

 懸念は、原油高と夏場の電力供給がどうなるかにある。原油高の背景には、イランを巡る中東の政治的緊張と米経済の好転によるガソリン需要の増加、日米欧の金融緩和継続による余剰資金の市場流入などがある。お陰で原油のWTI価格は、3月初旬の時点で一時110ドル/バレルと、10か月ぶりの高値をつけた。その後はやや落ち着いた動きだが、世界的な経済活動への影響懸念を引きずっている。せっかく持ち直しの動きをみせている国内景気だが、原油価格と夏場の電力供給不安は、やはり気重くのしかかっている。

震災関連の累計は東京が最多の160件

 2月期の倒産件数は1,072件(前年同月比5.2%増)、負債額は6,314億3,500万円(同53.9%増)である。このうち負債額「1千万円以上」は1,038件(同5.2%増)と3か月ぶりに前年同月を上回り、負債額は6,312億6,300万円(同53.9%増)と前年に比べ大幅に膨らんだ。増加は、製造業では過去最大の負債額を出した半導体大手の「エルピーダメモリ(株)」(負債額4,480億3,300万円)が会社更生法の適用を申請したことによる。

 東京商工リサーチの調べによると、2月の震災関連の企業倒産は53件で、昨年3月からの累計は636件、負債額の累計は9,213億5,500万円に上る。都道府県別では、東京の160件が最多で、次いで北海道、福岡、岩手、大阪、福島・愛知、宮城・静岡、石川と続く。業種別では、サービス業、製造業、卸売業、建設業などの倒産ケースが多く目立つ。広範な地域、多様な業種など被害内容が阪神・淡路大震災と大きく異なる点も特徴的である。なお事業ストップで事実上の倒産に追い込まれながら、法的手続がとられていない企業も多数に上るため、こんご徐々に指標に顕在化してくるとみられる。 

 円高関連の倒産は7件、負債額「100億円以上」の倒産は、前記の「エルピーダメモリ」と沿海旅客海運業「海上アクセス(株)」(同138億6,100万円)の2件。「エルピーダメモリ」は、昨年9月以来5か月ぶりの上場企業倒産で、同社関連では「秋田エルピーダメモリ(株)」も負債額79億6,100万円に上る大型倒産である。

[01]2月の主な動き

2012/03/29 6:37 に Matsumoto Norikazu が投稿   [ 2012/04/23 2:27 に更新しました ]

(1)小規模企業の構成比は1年3月ぶりに60%台の水準に戻す
 小規模企業(製造業その他は従業員20人以下、商業・サービスは同5人以下)の倒産件数は649件(前年同月比2.7%増)と増減率は前年に比べ11.4ポイントの上昇。しかし、昨年12月以来61~65%台で推移してきた構成比は60.5%となり1年3か月ぶりに60%台の水準に戻った。

(2)負債額「1億円未満」の件数は前年比12.1%増
 負債額「1億円未満」の倒産件数は、前年に比べ12.1%増の777件(負債額「1千万円以上」の集計では同12.4%増の743件)である。構成比は72.5%(同71.6%)と、前年比4.5ポイント(同4.6ポイント)上昇した。

(3)製造業と飲食業の負債額が大幅増加
 業種別の負債額(負債額1千万円以上の集計)では、エルピーダメモリ(株)とその関連企業による
大型倒産の影響で「製造業」が4,820億1,500万円(同115.3%増)、また「飲食業」では東京のステーキ店経営(株)清(負債額74億円)や石川県の焼肉店経営(株)フーズ・フォーラス(負債17億7,800円)など大規模な倒産が相次ぎ、166億7,300万円(同231.3%増)と大幅な増加が目立った。 

(4)法的倒産の構成比は過去最高の83.6%
  「破産」、「再生手続」、「特別清算」、「会社更生法」など法的倒産の構成比は、過去最高の83.9%(負債額「1千万円以上」の集計では83.6%)となった。


[02]負債規模別の動向

2012/03/29 6:37 に Matsumoto Norikazu が投稿   [ 2012/04/11 0:19 に更新しました ]

~負債額「1億円」を境に件数の増減が二分~

 2月の特色は、「エルピーダメモリ(株)」の倒産に集約される。同社の負債額は、製造業の倒産として過去最大の規模であること、またその額が2月の月次負債額の71%を占めたこと、上場企業としても5か月ぶりの倒産ケースとなったことなどである。

 負債規模別に件数動向をみると、前年同月を上回ったのは「1千万円未満」34件(前年同月比6.3%増)、「1千万円以上5千万円未満」561件(同16.1%増)、「5千万円以上1億円未満」182件(同2.2%増)の3区分、一方「1億円以上5億円未満」233件(同3.7%減)、「5億円以上10億円未満」32件(同34.7%減)、「10億円以上100億円未満」28件(同12.5%減)、「100億円以上」2件(同33.3%減)が前年同月を下回り、「1億円」を境に増減がはっきり二分された形となった。

  負債額で唯一前年同月を下回ったのが「5億円以上10億円未満」の219億2,200万円(同33.8%減)で、そのほか区分はすべて増加した。製造業の倒産で過去最大の負債額を出した「エルピーダメモリ(株)」の負債額は、「100億円以上」の4,618億9,400万円(同98.4%)という突出した負債総額と増加率として表れた。


[03]業種別の動向

2012/03/29 6:37 に Matsumoto Norikazu が投稿   [ 2012/04/11 0:22 に更新しました ]

~「製造業」は1年1か月連続の減少~

 負債額「1千万円以上」の集計では「製造業」の減少傾向が続いており、発生件数が129件(前年同月比11.0%減)と平成3年5月(123件)以来の低水準で13か月連続の前年同月比減少となったほか、「卸売業」143件(同1.4%減)、「小売業」117件(同11.4%減)も減少した。一方では、「飲食業」が95件(同43.9%増)と平成22年3月(93件)を超え、昭和54年の集計開始以来の最高となったほか、「建設業」263件(同1.5%増)、「サービス業」219件(同30.4%増)も増加。「その他」72件は横ばいである。

 月次倒産に占める構成比が前年と比べ低下した区分は「建設業」(26.2%→25.3%)、「製造業」(14.7%→12.4%)、「卸売業」(14.7%→13.8%)、「小売業」(13.4%→11.3%)、「その他」(7.3%→6.9%)の5区分で、「飲食業」(6.7%→9.2%)、「サービス業」(17.0%→21.1%)の2区分は上昇した。

 負債額の動向をみると、前年2月は「製造業」と「卸売業」の(株)林原及び関連企業が大型倒産の中心であったのに対し、今年はそれを上回る負債規模のエルピーダメモリ(株)と関連企業が「製造業」の負債額を押し上げ、また「飲食業」では(株)清と(株)フーズ・フォーラスが、「その他」では旅客海運業の海上アクセス(株)や金融業の(株)日本イノベーションなど負債規模の大きな倒産が影響し、それぞれ前年比で負債額が大幅に増減している。

 前年を上回ったのは、「建設業」373億6,800万円(同27.2%増)、「製造業」4,820億1,500万円(同115.3%増)、「飲食業」166億7,300万円(同231.3%増)、「サービス業」293億700万円(同11.0%増)、「その他」382億4,600万円(同45.9%増)の5区分で、前年を下回ったのは「卸売業」203億8,400万円(同72.6%減)、「小売業」72億7,000万円(同70.8%減)の2区分。

  負債額「1千万円未満」で件数・負債額ともに前年比で増加したのは、「建設業」、「小売業」、「サービス業」の3業種、「卸売業」、「飲食業」、「その他」はともに減少、「製造業」は横ばいである。


[04]原因別の動向

2012/03/29 6:36 に Matsumoto Norikazu が投稿   [ 2012/04/11 0:24 に更新しました ]

~不況型倒産の件数構成比は84.0%~

 負債額「1千万円以上」の集計で件数が前年比で減少したのは、「他社倒産の余波」51件(前年同月比7.3%減)と「過少資本」33件(同37.7%減)の2区分、増加区分では「販売不振」770件(同3.2%増)、「放漫経営」41件(同7.9%増)、「既往のシワ寄せ」95件(同30.1%増)、「売掛金回収難」7件(同133.3%増)、「その他」41件(同115.8%増)であった。

 月次倒産に占める構成比が前年と比べて低下したのは「販売不振」(75.6%→74.2%)、「他社倒産の余波」(5.6%→4.9%)、「過少資本」(5.4→3.2%)の3区分、上昇したのは「既往のシワ寄せ」(7.4%→9.2%)、「売掛金回収難」(0.3%→0.7%)、「その他」(1.9%~3.9%)の3区分、「放漫経営」は横ばいである。「販売不振」など不況型倒産の構成比は先月いったん79%台に下がったものの、2月は84.0%(負債額「1千万円未満」を含め83.7%)と再び80%台に戻ってしまった。

 負債額が前年比で増加したのは、「販売不振」5,392億900万円(同424.8%増)と「既往のシワ寄せ」329億9,800万円(同70.3%増)の2区分、そのほか区分はすべて減少した。「放漫経営」151億5,600万円(同89.3%減)、「他社倒産の余波」231億8,800万円(同80.0%減)、「過少資本」65億3,500万円(同44.5%減)、「売掛金回収難」8億4,900万円(同42.7%減)、「その他」133億2,800万円(同20.6%減)である。

  負債額「1千万円未満」の動向では、「販売不振」が24件(同9.1%増)、1億2,300万円(同8.8%増)で前年同月を上回ったが、構成比は3.9ポイント低下し64.9%となった。

[05]従業員規模別の動向

2012/03/29 6:36 に Matsumoto Norikazu が投稿   [ 2012/04/11 0:26 に更新しました ]

~「4人以下」企業の構成比は43.4%~

 負債額「1千万円以上」の集計で倒産件数が前年を上回ったのは、「4人以下」450件(前年同月比4.7%増)と「不明」286件(同26.0%増)、「300人以上」2件(前年同月発生なし)の3区分、減少は「10人以上29人以下」106件(同10.2%減)、「30人以上99人以下」31件(同26.2%減)、「100人以上299人以下」1件(同87.5%減)の3区分、そのほか「5人以上9人以下」は162件で横ばい。

 月次倒産に占める構成比の動向では、上昇したのが「300人以上」(0.0%→0.2%)と「不明」(23.0%→27.6%)の2区分で、ほかはすべて低下した。「4人以下」企業の構成比は43.4%(負債額「1千万円未満」を含め44.0%)で、ほぼ前年に横ばい。

 負債額では、「300人以上」が「エルピーダメモリ(株)」の倒産で4,559億9,400万円と大きく膨らんだほか、「4人以下」465億2,500万円(同39.4%増)と「5人以上9人以下」385億4,500万円(同46.5%増)も増加、そのほか区分は減少した。「10人以上29人以下」333億9,600万円(同24.4%減)、「30人以上99人以下」317億5,600万円(同23.6%減)、「100人以上299人以下」12億7,000万円(同99.5%減)、「不明」237億7,700万円(同4.5%減)である。

  負債額「1千万円未満」の件数・負債額は、「4人以下」が22件(同22.2%増)、1億1,600万円(同61.1%増)、「不明」が12件(同14.3%減)、5,600万円(同25.3%減)である。

[06]資本金規模別の動向

2012/03/29 6:36 に Matsumoto Norikazu が投稿   [ 2012/04/11 0:28 に更新しました ]

~資本金「1億円未満」の構成比が98.7%~

 負債額「1千万円以上」の倒産件数集計で前年を上回ったのは「個人」187件(前年同月比8.1%増)と資本金「1千万円未満」417件(同13.6%増)の2区分、同「1千万円以上5千万円未満」392件(同2.5%減)、同「1億円以上5億円未満」11件(同35.3%減)の2区分は減少、同「5千万円以上1億円未満」28件は横ばい、そのほか前年2月に倒産が発生しなかった同「5億円以上」の2区分で計3件が発生した。

 構成比を前年と比較すると、上昇したのは「個人」(17.5%→18.0%)、同「1千万円未満」(37.2%→40.2%)、同「5億円以上10億円未満」(0.0%→0.1%)、同「10億円以上」(0.0%→0.2%)の4区分、低下したのは同「1千万円以上5千万円未満」(40.7%→37.8%)、同「5千万円以上1億円未満」(2.8%→2.7%)、同「1億円以上5億円未満」(1.7%→1.1%)の3区分だった。同「1億円未満」4区分の合計は1,024件(負債額「1千万円未満」を含め1,058件)で、構成比は98.7%(同98.7%)に達した。

 負債額は、「エルピーダメモリ(株)」の倒産を含む同「10億円以上」が4,618億9,400万円(前年同月の発生なし)の巨額に上り、そのほかの増加区分は「個人」46億1,900万円(同0.2%増)と同「1千万円未満」295億7,900万円(同17.2%増)の2区分、減少区分は同「1千万円以上5千万円未満」794億4,800万円(同42.8%減)、同「5千万円以上1億円未満」246億1,400万円(同71.3%減)、同「1億円以上5億円未満」297億5,300万円(同80.9%減)の3区分だった。

 負債額「1千万円未満」の件数・負債額は、「個人」が8件(同横ばい)、4,400万円(同2.3%増)、同「1千万円未満」が26件(同8.3%増)、1億2,800万円(同23.1%増)である。

[07]営業年数別の動向

2012/03/29 6:35 に Matsumoto Norikazu が投稿   [ 2012/04/11 0:30 に更新しました ]

~「10年以上20年未満」は2年8か月ぶりの増加~

 負債額「1千万円以上」の集計で倒産件数が前年比で減少したのは「2年以上6年未満」89件(前年同月比16.0%減)と「30年以上」254件(同1.6%減)の2区分。増加グループでは、「10年以上20年未満」が220件(同8.9%増)と平成21年7月以来2年7か月ぶりの増加に転じたほか、「6年以上10年未満」121件(同40.7%増)と「不明」140件(同0.7%増)も増加した。「2年未満」は前年比横ばいの12件。

 前年に比べた構成比は、「2年以上6年未満」(10.7%→8.6%)、「30年以上」(26.1%→24.5%)、「不明」(14.1%→13.5%)の3区分が低下、「6年以上10年未満」(8.7%→11.7%)、「10年以上20年未満」(20.5%→21.2%)、「20年以上30年未満」(18.6%→19.5%)の3区分が上昇、「2年未満」は横ばいの1.2%である。

 負債額は、「エルピーダメモリ(株)」が含まれる「10年以上20年未満」が4,757億1,800万円(同1,082.5%増)の大幅増となったほか、「2年以上6年未満」202億3,600万円(同165.6%増)、「20年以上30年未満」463億9,100万円(同9.6%増)、「不明」31億3,200万円(同13.9%増)もそれぞれ増加、減少区分は「2年未満」2億3,600万円(同95.8%減)、「6年以上10年未満」103億8,000万円(同9.3%減)、「30年以上」751億7,000万円(同75.0%減)の3区分だった。

 負債額「1千万円未満」の件数・負債額は、「2年未満」が1件(同横ばい)、400万円(同50.0%減)、「2年以上6年未満」6件(同14.3%減)、2,500万円(同24.2%減)、「6年以上10年未満」7件(同75.0%増)、3,400万円(同78.9%増)、「10年以上20年未満」7件(同75.0%増)、3,900万円(同95.0%増)、「20年以上30年未満」5件(66.7%増)、2,500万円(同92.3%増)、「30年以上」3件(同50.0%減)、1,300万円(同8.3%増)、「不明」5件(同28.6%減)、3,200万円(同23.8%減)である。

[08]倒産形態別の動向

2012/03/29 6:35 に Matsumoto Norikazu が投稿   [ 2012/04/11 0:31 に更新しました ]

~法的倒産の「破産」シェアは93.0%~

 負債額「1千万円以上」の倒産件数集計では、唯一前年比が増加した「破産」の807件(前年同月比11.8%増)を除き、ほかはすべて減少した。内訳は「銀行取引停止」158件(同10.7%減)、「再生手続」33件(同23.3%減)、「特別清算」26件(同10.3%減)、「会社更生法」2件(同33.3%減)、「その他」12件(同7.7%減)である。

 月次倒産に占める構成比を前年と比べると、上昇した「破産」(73.2%→77.7%)を除き、ほかは「銀行取引停止」(17.9%→15.2%)、「再生手続」(4.4%→3.2%)、「特別清算」(2.9%→2.5%)、「会社更生法」(0.3%→0.2%)、「その他」(1.3%→1.2%)など、いずれも低下した。

「破産」、「再生手続」、「特別清算」、「会社更生法」など法的倒産の構成比は83.6%(負債額「1千万円未満」を含め83.9%)で、法的倒産の中で「破産」が占める割合は93.0%(同93.2%)と、前月に比べ2.6ポイント(同2.5ポイント)上昇した。

 負債額は、「エルピーダメモリ(株)」を含む「会社更生法」が4,559億9,400万円(同95.9%増)と大幅に増加、「再生手続」236億9,100万円(同11.9%増)、「特別清算」214億円(同6.8%増)も、それぞれ増加した。一方、「銀行取引停止」275億8,200万円(同1.8%減)、「破産」1,004億5,500万円(同4.1%減)、「その他」21億4,100万円(同35.4%減)の3区分は減少。法的倒産の構成比は95.3%(負債額「1千万円未満」も同じ)に達した。


[09]倒産原因・営業年数別の動向

2012/03/29 6:35 に Matsumoto Norikazu が投稿   [ 2012/04/11 0:34 に更新しました ]

~海上アクセス(株)倒産で「既往のシワ寄せ」の「20~30年未満」負債額が急増~

 負債額「1千万円以上」の集計から倒産原因と営業年数の関連をみると、件数は全49区分のうち20区分が増加、18区分が減少、11区分が横ばい、負債額は17区分が増加、29区分が減少、3区分が横ばいである。

 件数で比較的変動幅が大きかった区分としては、「放漫経営」の「20年以上30年未満」12件(前年同月比200.0%増)、「他社倒産の余波」の「6年以上10年未満」10件(同233.3%増)、「既往のシワ寄せ」の「不明」8件(同700.0%増)、「売掛金回収難」の「10年以上20年未満」4件(同300.0%増)、「その他」の「6年以上10年未満」と「20年以上」などが上げられる。

  負債額では、エルピーダメモリ(株)を含む「販売不振」の「10年以上20年未満」4,584億2,100万円(同2561.8%増)を筆頭に、「放漫経営」の「2年未満」2,100万円(同99.1%減)、「10年以上20年未満」84億7,800万円(同143.5%増)、「20年以上30年未満」33億100万円(同594.9%増)、「30年以上」17億100万円(同98.7%減)、「他社倒産の余波」の「2年未満」1,700万円(同99.3%減)、「2年以上6年未満」164億4,500万円(同2297.2%増)、「6年以上10年未満」14億3,100万円(同121.2%増)、「30年以上」15億6,400万円(同98.5%減)、「過少資本」の「10年以上20年未満」13億9,900万円(同140.4%増)、「既往のシワ寄せ」では海上アクセス(株)の負債を含む「20年以上30年未満」の220億9,900万円(同599.6%増)、「不明」1億500万円(同950.0%増)、「その他」の「2年未満」4,800万円(同92,2%減)、「2年以上6年未満」1,800万円(同90.0%減)、「20年以上30年未満」14億600万円(同193.5%増)、「30年以上」99億8,900万円(同130.3%増)などで変動幅の大きさが目立つ。

1-10 of 11