[10]地域別の動向

2012/02/23 1:55 に Matsumoto Norikazu が投稿   [ 2012/04/06 1:38 に更新しました ]
~東北地域の件数は13か月連続で減少~

内閣府は2月の地域経済動向で、全国11地域のうち南関東、九州、沖縄の3地域について、前回11月調査から上方修正した。全般的にも、タイの洪水被害で一時寸断されていた部品の供給網が回復してきたことと、寒波による冬物衣料の販売好調などが映されている。

 地域別にみた倒産の動向は、「北海道」、「東北」、「近畿」の3地域が件数・負債額ともに前年比で減少、「中部」、「四国」の2地域はともに増加、「関東」、「中国」、「九州・沖縄」の3地域はまちまちとなった。とくに「東北」の件数は、13か月連続の減少となったのが目を引く。

  内訳は、「北海道」33件(前年同月比15.4%減)、35億1,700万円(同63.8%減)、「東北」28件(同30.0%減)、74億900万円(同10.5%減)、「関東」423件(同2.5%減)、2,560億4,100万円(同130.2%増)、「中部」124件(同3.3%増)、251億400万円(同45.7%増)、「近畿」251件(同14.3%減)、382億9,400万円(同34.7%減)、「中国」30件(同横ばい)、22億8,800万円(同57.7%減)、「四国」21件(同16.7%増)、58億400万円(同81.8%増)、「九州・沖縄」75件(同11.9%増)、108億9,800万円(同51.9%減)である。

Ċ
Matsumoto Norikazu,
2012/02/23 1:55