[10]地域別の動向

2012/01/20 0:43 に Matsumoto Norikazu が投稿   [ 2012/02/22 0:45 に更新しました ]
~「東北」は復興需要で持ち直し~

 日銀は、1月の地域経済報告で全国11地域のうち、東北、四国を除く7地域の景気判断を前回から「持ち直しの動きが一服」と下方修正した。7地域の下方修正は、昨年4月以来のことである。欧州債務危機と世界経済の減速、歴史的な円高によって、回復の兆しにあった国内経済が停滞気味に推移していることを物語っている。中で、東北地域は復興需要で持ち直している。

 地域別にみた倒産の動向は、「北海道」、「東北」、「四国」、「九州・沖縄」の4地域が件数・負債額ともに減少、「中部」、「近畿」の2地域は件数減・負債額増、「中国」は件数増・負債額減、「関東」は件数横ばい・負債額増となった。

 内訳は、「北海道」33件(前年同月比17.5%減)、36億5,100万円(同63.9%減)、「東北」33件(同46.8%減)、169億1,900万円(同22.3%減)、「関東」444件(同横ばい)、1,895億100万円(同55.7%増)、「中部」95件(同6.9%減)、622億1,200万円(同213.9%増)、「近畿」279件(同11.7%減)、657億7,500万円(同39.9%増)、「中国」56件(同55.6%増)、51億400万円(同28.9%減)、「四国」21件(同22.2%減)、37億8,900万円(同26.8%減)、「九州・沖縄」71件(同5.3%減)、97億1,900万円(同29.0%減)である。


Ċ
Matsumoto Norikazu,
2012/01/20 0:43