[08]倒産形態別の動向

2012/01/20 0:43 に Matsumoto Norikazu が投稿   [ 2012/02/22 0:42 に更新しました ]
~法的倒産の構成比は80.7%~

 負債額「1千万円以上」の集計で倒産件数をみると、「再生手続」の45件(前年同月比15.4%増)を除き、そのほか区分は減少した。「銀行取引停止」183件(同13.7%減)、「破産」762件(同4.4%減)、「特別清算」25件(同16.7%減)、「会社更生法」1件(同50.0%減)、「その他」16件(同27.3%減)である。

 前年からの構成比変動は、「破産」(72.3%→73.8%)と「再生手続」(3.5%→4.4%)の2区分が上昇、「銀行取引停止」(19.2%→17.7%)、「特別清算」(2.7%→2.4%)、「会社更生法」(0.2%→0.1%)などは低下した。「破産」など法的倒産の構成比は、80.7%(負債額「1千万円未満」も含め81.3%)である。さらに、法的倒産の中の「破産」占有率は、91.5%(同91.8%)と圧倒的な高率である。

 負債額では、「銀行取引停止」402億3,100万円(同20.0%減)と「その他」16億5,600万円(同47.7%減)を除き、そのほか区分は増加した。「破産」1,935億4,600万円(同49.9%増)、「再生手続」603億1,200万円(同23.5%増)、「特別清算」256億2,500万円(同90.3%増)、「会社更生法」353億円(同2,207.2%増)である。「会社更生法」の伸びが顕著であるが、これは「水谷建設(株)」(負債額353億円)1社の負債額である。

  負債額「1千万円未満」の件数・負債額は、「銀行取引停止」1件(同横ばい)、500万円(同横ばい)、「破産」38件(同8.6%増)、1億9,100万円(同1.1%増)である。

Ċ
Matsumoto Norikazu,
2012/01/20 0:43
Ċ
Matsumoto Norikazu,
2012/01/20 0:43