[08]倒産形態別の動向

2011/11/20 20:15 に Matsumoto Norikazu が投稿   [ 2011/12/14 17:15 に更新しました ]
~法的倒産の94.2%は破産~

 負債額「1千万円以上」の倒産形態別集計では、すべての区分が前年比で減少した。中でも「銀行取引停止」145件(前年同月比37.0%減)は今年の最小件数。

 前年に比べた構成比は、「銀行取引停止」(20.2%→14.9%)、「再生手続」(4.0→3.4%)、「特別清算」(2.6%→1.6%)の3区分が低下、「破産」(71.1%→78.2%)と「その他」(1.8%→1.9%)は上昇した。

「破産」、「再生手続」、「特別清算」など法的倒産の構成比は83.2%(負債額「1千万円未満」を含め83.5%)である。法的倒産に占める破産のシェアは、前年の91.3%を0.7ポイント上回る94.0%(負債額「1千万円未満」を含めると94.2%で同2.9ポイント上昇)の高率である。

 負債額も、すべての区分で減少した。「銀行取引停止」374億100万円(同2.8%減)、「破産」931億9,900万円(同38.1%減)、「再生手続」147億7,300万円(同93.1%減)、「特別清算」84億5,400万円(同91.3%減)、「その他」20億5,600万円(同14.9%減)である。

  負債額「1千万円未満」の件数・負債額は、「銀行取引停止」が2件(同33.3%減)、1,000万円(同54.5%減)、「破産」が30件(同36.2%減)、1億7,200万円(同34.6%減)である。


Ċ
Matsumoto Norikazu,
2011/11/20 20:15
Ċ
Matsumoto Norikazu,
2011/11/20 20:15