[02]負債規模別の動向

2011/10/17 1:15 に Matsumoto Norikazu が投稿   [ 2011/10/17 1:16 に更新しました ]
~負債額「1千万円未満」の倒産件数は平成10年3月以来の高水準~

 8月の倒産件数は1,094件、負債額は7,943億9,200万円となった。このうち負債額「1千万円以上」の倒産は1,026件、7,940億4,500万円である。

 区分ごとの動向では、負債額「1千万円未満」が68件(前年同月比54.5%増)と平成10年3月(77件)以来13年5か月ぶりの高水準となったこと、反対に「5億円以上10億円未満」が31件(同43.6%減)と平成3年7月(29件)以来の低水準となったのが目立つ。

 そのほか「5千万円以上1億円未満」217件(同12.4%増)、「10億円以上」34件(同9.7%増)の2区分が前年に比べて増加、「1千万円以上5千万円未満」501件(同3.8%減)、「1億円以上5億円未満」243件(同8.0%減)の2区分は減少した。

 負債額「1億円未満」の3区分の件数は786件(同3.7%増)で、構成比は71.8%の高水準である。倒産が小規模・零細事業者を中心に推移している構造に変化はない。

 負債額では、「100億円以上」が6,227億8,300万円(前年比較なし)と急増した。そのほか「1千万円未満」3億4,700万円(同50.9%増)、「5千万円以上1億円未満」148億4,600万円(同14.7%増)の2区分が増加、負債額「1億円未満」のシェアを押し上げた。

 負債額「100億円以上」では、負債額規模で今年最大と2位を占める大型倒産が2件発生した。栃木県の「安愚楽牧場」と神奈川県の「SFコーポレーション」である。そのほか、東京の婦人服販売「(株)ララ・プラン」(負債額69億円)、和歌山の水産加工・鮮魚販売・回転寿司店「(有)ユタカ商会」(同62億円)、東京の消費者金融「(株)エージーカード」(同52億円)など、負債額50億円以上の企業も多かった。

Ċ
Matsumoto Norikazu,
2011/10/17 1:15