2011年 9月(2011年7月調査)

[00]最近の景気動向と企業倒産

2011/10/05 2:14 に Matsumoto Norikazu が投稿   [ 2011/10/05 2:14 に更新しました ]

注目される新内閣の成長戦略

 新内閣が発足した。引き続きの課題は、東日本大震災の被災者支援と震災地の復旧・復興、それに伴う財源の確保をはじめ、成長路線の方向づけ、財政再建、税と社会保障の一体化などにある。

 8月の景気動向指数(内閣府)と、4~6月期の経済情勢報告(財務省)は全国ベースで上方修正され、日銀も「金融経済月報」で景気判断を上方修正した。一方、4~6月期のGDP(国内総生産)は、3期連続のマイナス成長となった。内容的には、大震災の影響とデフレ圧力の強さをうかがわせる指標である。しかし政府は、景気は後退局面にないとの判断である。生産・輸出の持ち直しが鮮明なことに加え、これから第一次・二次補正予算の執行が進み、復興需要の景気押し上げ効果がはっきりしてくる。従って7~9月期のGDPが、プラス成長に転ずるのは確実とみている。

 もっとも、急ピッチで進む円高、電力供給の不安、欧米の債務不安、新興国のインフレ懸念など、内外ともにリスク要因を抱えているのも事実で、これが国内経済にどのように影響してくるかの見極めが必要な局面である。

欧米の財政・債務危機で揺れる世界市場

 8月は、世界の金融市場が大きく揺れ動いた。まず米国では、債務上限額引上げ法案の帰趨を巡る与野党の攻防がトリガーとなって、株式市場が暴落した。その後、米国債の格下げと景気減速、欧州でくすぶり続ける加盟国の財政・債務危機が追い討ちをかけ、日本では円高が震災後の立ち直りに大きく影響するなどが指摘され、世界的に株安の流れが加速、実体経済への波及が懸念された。その後も円高の流れはやまず、為替市場は安定を欠いている。

 とくに日本では、中小企業が震災による事業環境の悪化と急ピッチなドル安・円高に悩まされることになった。政府・日銀は8月初旬、円売りの為替介入に踏み切ったが、これも一時的な効果しかみられず、歴史的な円高水準が続いている。ドル安・円高は、国内事情ではなく主に外的要因によるものだが、輸出企業にとっては経営上の大きな負担となる。

 もう一つの問題は、電力の供給体制をどう整えるかである。この問題は、一面、産業構造の変革を迫っているともいえる。すでに、製造業を中とした企業の海外展開が大きな流れになろうとしている。この事態が進めば、当然、国内の雇用情勢、所得環境、消費行動にも影響してくる。このような事業環境の中で、各企業が成長を持続させるには、政策対応と同時に企業独自の経営努力がいっそう求められる。  7月期の倒産件数は、1,131件(前年同月比2.2%増)と3か月連続で前年同月を上回った。一方、負債額は2,212億100万円(同19.7%減)と大幅に減少した。このうち負債額「1千万円以上」の件数は1,081件(同1.4%増)、負債額は2,209億1,200万円(同19.8%減)である。負債額の大幅減少は、前年は43件に上った負債額「10億円以上」の大型倒産が、33件(同23.3%減)に止まったことによる。

[10]地域別の動向

2011/08/24 3:18 に Matsumoto Norikazu が投稿   [ 2011/10/05 17:25 に更新しました ]

~「東北」「中部」は件数・負債額ともに前年比で減少~

 政府は8月の地域経済動向で、11地域のうち北陸と四国を除く9地域の景況判断を上方修正した。生産・輸出・個人消費などの動きを前向きに受け止めた判断である。確かに、ひところ寸断されたサプライチェーンは立ち直っている。
 とはいえ、世界経済のリスク要因は多く、円高・株安など金融市場の不安定さも加わり、復興需要を見込んだ回復シナリオがそのまま実現するとは限らない。結局、地域経済に活性をもたらすのは、政府の支援強化と各企業の地道な事業活動の積み重ねにほかならない。

 地域別の倒産動向では、「東北」、「中部」の2地域が件数・負債額ともに前年比で減少、「中国」は件数・負債額ともに増加、「北海道」、「関東」、「近畿」、「四国」、「九州・沖縄」の6地域は増減まちまちとなった。

  地域ごとの動向は、「北海道」34件(前年同月比12.8%減)、150億3,100万円(同54.4%増)、「東北」45件(同22.4%減)、151億4,800万円(38.0%減)、「関東」451件(同4.2%増)、920億7,700万円(同31.0%減)、「中部」101件(同14.4%減)、304億500万円(同7.4%減)、「近畿」290件(同5.1%増)、285億5,400万円(同27.9%減)、「中国」47件(同23.7%増)、73億5,500万円(同29.4%増)、「四国」30件(同3.2%減)、123億3,000万円(69.3%増)、「九州・沖縄」83件(同13.7%増)、200億1,200万円(同10.0%減)である。

[09]倒産原因・営業年数別の動向

2011/08/24 3:10 に Matsumoto Norikazu が投稿   [ 2011/10/05 17:23 に更新しました ]

~負債額の27区分が前年比で減少~

 負債額「1千万円以上」で倒産原因と営業年数の関連をみると、件数は全49区分のうち20区分が前年に比べて減少、20区分が増加と増減数が拮抗、9区分は横ばいとなった。件数の動向からみると、なお景気の気迷い状態が続いている。

 前年に比べ変動の大きかった区分を拾ってみると、「放漫経営」の「2年以上6年未満」9件(前年同月比350.0%増)、「他社倒産の余波」の「10年以上20年未満」15件(同114.3%増)、「過少資本」の「2年以上6年未満」7件(同600.0%増)、「6年以上10年未満」6件(同200.0%増)などが上げられる。

 負債額では、全49分のうち増加が18区分、減少が27区分、横ばいは4区分となった。
 前年に比べ増加率の大きかった区分は、「放漫経営」の「2年以上6年未満」31億6,900万円(同1321.1%増)、「他社倒産の余波」の「2年以上6年未満」23億9,800万円(同188.6%増)、「10年以上20年未満」21億6,000万円(132.5%増)、「不明」4,500万円(同350.0%増)、「過少資本」の「2年以上6年未満」4億6,500万円(同232.1%増)、「6年以上10年未満」4億3,500万円(同310.4 %増)、「20年以上30年未満」71億5,100万円(同1212.1%増)、「既往のシワ寄せ」の「10年以上20年未満」298億2,100万円(同230.9%増)、「その他」の「10年以上20年未満」31億1,300万円(同198.8%増)、「30年以上」143億1,100万円(同172.7%増)、「不明」6,000万円(同500.0%増)などである。

  一方、減少率の大きかった区分は、「放漫経営」の「2年未満」1,000万円(同90.4%減)、「6年以上10年未満」1億8,000万円(同98.8%減)、「10年以上20年未満」17億4,000万円(同81.2%減)、「その他」の「2年以上6年未満」8,500万円(同84.3%減)、「6年以上10年未満」2億2,400万円(同84.2%減)、「20年以上30年未満」 4億9,300万円(96.5%減)などである。

[08]倒産形態別の動向

2011/08/24 3:04 に Matsumoto Norikazu が投稿   [ 2011/10/05 17:21 に更新しました ]

~「銀行取引停止」は前年比で2年3か月連続の減少~

 負債額「1千万円以上」の倒産動向を形態別にみると、「銀行取引停止」が196件(前年同月比3.0%減)と21年5月以降2年3か月連続で減少しているのが特徴的である。「特別清算」も18件(同40.0%減)と減少、そのほか「破産」、「再生手続」、「その他」の3区分は増加した。

 前年に比べた構成比は、「銀行取引停止」(18.9%→18.1%)、「特別清算」(同2.8%→1.7%)の2区分が低下、「破産」(73.1%→74.9%)、「その他」(1.8%→1.9%)の2区分が上昇、「再生手続」は横ばいである。

 「破産」など法的倒産のシェアは、80.0%(負債額「1千万円未満」を含めて80.7%)で、前年の79.3%(同79.9%)に比べ、0.7ポイント(同0.8ポイント)上昇している。

 負債額は、「その他」を除き、「破産」の940億3,000万円(同27.1%減)をはじめ、すべての区分が前年比で二桁の減少率となった。  負債額「1千万円未満」の件数・負債額は、「銀行取引停止」2件(同横ばい)、1億4,000万円(同55.6%増)、「破産」47件(同23.7%増)、2億6,900万円(同34.5%増)、「特別清算」1件(同横ばい)、600万円(同20.0%増)である。

[07]営業年数別の動向

2011/08/24 2:56 に Matsumoto Norikazu が投稿   [ 2011/10/05 17:20 に更新しました ]

~変動の振幅が大きい負債額「1千万円未満」の件数・負債額~

 負債額「1千万円以上」で営業年数と倒産の関連をみると、「10年以上20年未満」225件(前年同月比3.8%減)と「不明」131件(同2.2%減)の2区分を除き、ほかはすべて増加か横ばいとなった。

 前年に比べた構成比も件数動向に連動、「2年未満」が横ばい、「10年以上20年未満」(22.0%→20.8%)と「不明」(12.6%→12.1%)の2区分は低下、「2年以上6年未満」(8.2%→8.5%)、「6年以上10年未満」(9.6%→10.5%)、「20年以上30年未満」(18.0%→18.3%)、「30年以上」(28.5%→28.6%)などは上昇した。

 負債額は、「2年以上6年未満」103億2,600万円(同2.6%増)、「10年以上20年未満」521億3,100万円(同36.2%増)の2区分が増加、そのほか「2年未満」2億5,300万円(同77.3%減)、「6年以上10年未満」80億9,500万円(同66.4%減)、「20年以上30年未満」396億1,800万円(同24.6%減)、「30年以上」1,081億3,300万円(同26.4%減)など、「不明」を除きいずれも二桁の減少率となった。

 「30年以上」には、「釧路振興公社」のほか、長野の旅館業「(株)横谷温泉旅館」(負債額66億円)、新潟のヒューム管等製造業「山崎ヒューム管(株)」(同39億円)、愛媛の海産物・乾物加工販売「(株)中辰」(同31億円)などの大型倒産が含まれる。

  負債額「1千万円未満」の件数・負債額は、「2年未満」3件(同25.0%減)、1,500万円(同16.7%減)、「2年以上6年未満」5件(同28.6%減)、1,000万円(同68.8%減)、「6年以上10年未満」5件(同25.0%増)、3,100万円(同34.8%増)、「10年以上20年未満」11件(同120.0%増)、6,700万円(同318.8%増)、「20年以上30年未満」5件(同横ばい)、2,100万円(同27.6%減)、「30年以上」4件(同42.9%減)、2,200万円(同24.1%減)、「不明」17件(同88.9%増)、1億2,300万円(同83.6%増)と、前年に比べた変動率の大きさが目立つ。

[06]資本金規模別の動向

2011/08/24 2:46 に Matsumoto Norikazu が投稿   [ 2011/10/05 17:18 に更新しました ]

~「個人」は2年3か月ぶりの最小件数~

 負債額「1千万円以上」の動向では、資本金「5億円以上」の事業所倒産がゼロと、「個人」区分が161件(前年同月比11.5%減)と平成21年5月(156件)以来、2年3か月ぶりに最小を記録したことが特色である。これらを除く区分は、前年比で増加か横ばいであった。

 前年に比べた構成比は、同「1千万円以上5千万円未満」(42.1%→44.8%)と同「1億円以上5億円未満」(1.2%→1.3%)が上昇、ほかの区分はすべて低下した。

 負債額は、「個人」44億7,600万円(同25.5%増)と同「1億円以上5億円未満」486億2,100万円(同88.8%増)の2区分で増加、ほかは「5億円以上」の2区分をはじめ、同「5千万円以上1億円未満」の240億5,500万円(同69.9%減)などが減少した。  負債額「1千万円未満」の件数・負債額発生は、「個人」20件(同100.0%増)、1億3,500万円(同77.6%増)、同「1千万円未満」30件(同3.2%減)、1億5,400万円(同11.6%増)の2区分である。

[05]従業員規模別の動向

2011/08/24 2:33 に Matsumoto Norikazu が投稿   [ 2011/10/05 17:17 に更新しました ]

~従業員数「4人以下」は平成3年2月以来の低水準~

 負債額「1千万円以上」の倒産件数では、従業員数「5人以上9人以下」198件(前年同月比8.8%増)、「30人以上99人以下」39件(同14.7%増)、「不明」279件(同13.9%増)の3区分が前年比で増加、そのほか区分は減少した。減少区分では、「4人以下」が412件(同4.6%減)と平成3年2月(396件)以来20年5か月ぶりの低水準となったのが目立つ。

 前年に比べた構成比も件数動向に連動して、「5人以上9人以下」(17.1%→18.3%)、「30人以上99人以下」(3.2%→3.6%)、「不明」(23.0%→25.8%)の3区分が上昇、そのほか区分は低下した。「9人以下」の構成比は57.1%(負債額「1千万円以上」は56.4%)と、前年の水準57.7%(同57.6%)をやや下回った。これは「30人以上99人以下」と「不明」の2区分で増加したためである。

 「4人以下」は件数で減少したものの、負債額では475億9,800万円(同30.6%増)と増加、「5人以上9人以下」も349億7,400万円(同12.7%増)と増加した。そのほか区分では、「100人以上299人以下」76億円(同61.2%減)、「10人以上29人以下」593億1,900万円(同35.1%減)が大幅に減少した。  負債額「1千万円未満」の件数・負債額は、「4人以下」36件(同50.0%増)、2億1,900万円(同116.8%増)、「不明」14件(同12.5%減)、7,000万円(同34.6%減)の2区分のみである。

[04]原因別の動向

2011/08/24 2:19 に Matsumoto Norikazu が投稿   [ 2011/10/05 2:35 に更新しました ]

~不況型倒産のシェアは前年に比べ3.1ポイント低下~

 負債額「1千万円以上」の倒産件数は、「販売不振」、「既往のシワ寄せ」、「売掛金回収難」の3区分が減少、一方、「放漫経営」、「他社倒産の余波」、「過少資本」、「その他」の4区分は、いずれも二桁の増加率である。

 前年に比べた構成比では、「販売不振」(74.8%→72.7%)、「既往のシワ寄せ」(8.7%→8.0%)、「売掛金回収難」(0.8%→0.3%)の3区分が低下、そのほか「放漫経営」、「他社倒産の余波」、「過少資本」、「その他」は上昇した。

 この結果、「販売不振」など不況型倒産のシェアは80.9%(負債額「1千万円以上」は81.0%)と、前年に比べ3.1ポイント(同3.2ポイント)低下した。

 負債額は「過少資本」の140億5,200万円(同101.6%増)を除き、ほかは「売掛金回収難」10億8,900万円(同63.9%減)、「放漫経営」156億5,700万円(同52.5%減)の大幅減をはじめ、「販売不振」、「他社倒産の余波」、「既往のシワ寄せ」なども、前年に比べ二桁の減少率となった。
  負債額「1千万円未満」では、「販売不振」39件(同25.8%増)、2億3,400万円(同33.0%増)、「放漫経営」2件(同33.3%減)、1,600万円(同23.1%増)、「他社倒産の余波」7件(同40.0%増)、2,500万円(同78.6%増)、「過少資本」1件(同横ばい)、500万円(同16.7%減)、「その他」1件、900万円となった。

[03]業種別の動向

2011/08/24 1:56 に Matsumoto Norikazu が投稿   [ 2011/10/05 2:33 に更新しました ]

~「飲食業」は前年に比べ件数・負債額ともに増加~

 負債額「1千万円以上」の倒産件数は、「飲食業」の67件(同26.4%増)をはじめ、「建設業」、「サービス業」、「その他」の4区分が前年に比べて増加、一方、「小売業」104件(同14.8%減)のほか、「製造業」、「卸売業」は減少した。

 前年に比べた構成比も、件数の増減に連動して「建設業」(26.9%→29.1%)、「飲食業」(5.0%→6.2%)、「サービス業」(17.1%→17.2%)、「その他」(8.5%→9.1%)が上昇、「製造業」(16.9%→16.1%)、「卸売業」(14.2%→12.7%)、「小売業」(11.4%→9.6%)は低下した。

 負債額は、「卸売業」299億8,400万円(同21.0%増)と「飲食業」36億1,300万円(同8.6%増)が増加、そのほか区分はいずれも減少した。
 なかでも「小売業」は97億3,700万円(同67.0%減)の大幅減である。内訳をみると、「衣服身の回り品」が9億7,200万円(同78.7%減)となったのをはじめ、「飲食料品」が29億3,100万円(同76.2%減)、「自動車・自転車」が13億2,400万円(同37.1%減)、「その他」が45億1,000万円(同57.1%減)と、いずれも大幅に減少した。「製造業」も479億1,000万円(同28.5%減)と二桁の減少率、「建設業」、「サービス業」も減少した。

  負債額「1千万円未満」では、「製造業」3件(同50.0%増)、2,100万円(同110.0%増)、「卸売業」4件(同300.0%増)、2,000万円(同1900.0%増)、「飲食業」10件(同66.7%増)、6,400万円(同93.9%増)、「サービス業」15件(同25.0%増)、8,400万円(同52.7%増)、「その他」5件(同400.0%増)、1,500万円(同1400.0%増)、「建設業」9件(同25.0%減)、6,100万円(同18.7%減)、「小売業」4件(同42.9%減)、2,400万円(同38.5%減)と、すべての区分が二桁以上の増減率で、件数の少なさはともかく振幅の大きさが目立つ。

[01] 7月の主な動き

2011/08/23 23:13 に Matsumoto Norikazu が投稿   [ 2011/10/05 2:16 に更新しました ]

(1)負債額は前年比19.7%の大幅減
 7月の倒産件数は1,131件(前年同月比2.2%増)と前年に比べ微増だったが、負債額は2,212億100万円(同19.7%減)と大幅に減った。これは負債額「10億円以上」の大型倒産が、大幅に減ったことによる。


(2)小規模企業の件数シェアは前年比2.5ポイントの上昇
 小規模企業(製造業その他は従業員20人以下、商業・サービス業は5人以下)の倒産件数は709件(同2.0%増)と3か月連続の増加、構成比も62.7%で前年(62.8%)とは僅かな差であるが、一昨年(60.2%)からは2.5ポイントの上昇となった。

(3)震災関連の倒産は累計243件
 上場企業の倒産は前月に続きゼロ、震災関連の倒産は68件、3月以降7月末までの累計では243件に達した。

(4)負債額「100億円以上」の大型倒産は1社
  負債額「100億円以上」の倒産は、北海道の土地売買業「(株)釧路振興公社」(負債額109億1,800万円)の1社。同社は資本金「1千万円以上5千万円未満」、営業年数「30年以上」の区分に属する。

1-10 of 11