[02] 負債規模別の動向

2011/07/25 23:35 に Matsumoto Norikazu が投稿   [ 2011/08/31 23:06 に更新しました ]
~小規模企業の倒産件数・シェアは2か月連続で上昇~

 6月倒産の特色は、前年に比べ件数が増加基調にあること、その増加も負債額「1億円未満」(構成比71.3%)や従業員数「9人以下」(同59.9%)にみられるように、中小・零細企業のウエート高が続いていること、震災関連の倒産が新たに76件発生したことなどである。小規模企業(製造業その他は従業員20人以下、商業サービス業は同5人以下)の倒産件数は791件(同5.2%増)、シェア64.9%(前月64.2%)と、いずれも2か月連続で上昇している。

 負債額「100億円以上」の大型倒産は、福岡のゴルフ場「(株)福岡センチュリーゴルフクラブ」(負債額343億円)と東京の経営コンサルタント「(株)齋藤商事」(同150億円)の2社。両社とも、資本金「5千万円以上1億円未満」、「営業年数20年以上30年未満」に該当する企業である。上場企業の倒産はなかった。

 負債規模別の件数では、「10億円以上100億円未満」が26件(前年同月比42.2%減)、「100億円以上」2件(同50.0%減)と、前年に比べこの2区分の大幅減少が目立つ。そのほか区分は、増減ともに変動幅が小さい。

 負債額では、「1千万円以上~5億円未満」の3区分が増加、そのほか区分は減少した。とくに「10億円以上100億円未満」550億7,300万円(同43.6%減)と「100億円以上」493億円(同29.3%減)2区分の減少幅が大きく、「5億円以上10億円未満」も二桁の減少率である。「1千万円以上~5億円未満」の3区分は、わずかに増加した。

Ċ
Matsumoto Norikazu,
2011/07/26 1:46