[02]負債規模別の動向

2011/05/19 17:19 に Matsumoto Norikazu が投稿   [ 2011/06/05 18:02 に更新しました ]
~小規模企業のシェアは61.2%~ 

 4月期の特色は、負債額「1億円未満」の倒産シェアが67.8%(負債額「1千万円以上」は66.4%)を占めたこと、小規模企業(製造業その他は従業員20人以下、商業・サービス業は同5人以下)の倒産件数が689件(前年同月比3.9%減)で、シェアは61.2%と前月に比べ4.2ポイント下がったこと、震災関連では、負債額約30億円を出して「破産」処理した栃木の旅館業「(株)伴久」を含め25件が発生、さらに5月はすでに茨城の結城紬販売「坂入商事(株)」(負債額約80億円)など58社が倒産に追い込まれるなど震災の直接的・間接的影響が顕在化しはじめたこと、などである。

 負債額「100億円以上」の倒産は、静岡の消費者金融業「丸和商事(株)」(同約336億円)、群馬の林業整備「(社)群馬県林業公社」(同168億1,200万円)、東京のシステム開発・販売「ニイウスメディカルシステム(株)」(同104億9,500万円)の3件(前年同月比50.0%増)だったが、上場企業の倒産は2月以来発生していない。

 負債規模別に倒産件数をみると、「1千万円未満」49件(同36.1%増)、「5千万円以上1億円未満」207件(同0.5%増)、「100億円以上」の3区分が増加、そのほか区分は「5億円以上10億円未満」46件(同24.6%減)をはじめ、いずれも前年に比べ減少した。前年に比べた構成比は増減まちまちである。

 負債額では、「1千万円未満」3億1,200万円(同56.8%増)、「100億円以上」609億700万円(同96.8%増)2区分が大幅に増加、「5千万円以上1億円未満」、「1億円以上5億円未満」2区分も増加した。そのほか「1千万円以上5千万円未満」96億900万円(同15.2%減)、「5億円以上10億円未満」304億円(同25.5%減)、「10億円以上100億円未満」1,061億9,500万円(同8.1%減)などは減少した。
Ċ
Matsumoto Norikazu,
2011/05/19 22:45