2011年 6月(2011年4月調査)

[00]最近の景気動向と企業倒産

2011/06/05 17:45 に Matsumoto Norikazu が投稿   [ 2011/06/05 18:22 に更新しました ]

大震災の衝撃度を実感させた3~4月の景気指標
3~4月に出された、さまざまな経済指標は、改めて震災の衝撃度の大きさを実感させるものだった。3月の貿易黒字(財務省)、鉱工業生産指数(経産省)、4月の実質消費支出(総務省)など、いずれも大幅に落ち込んだ。4月の月例経済報告は、「景気は持ち直していたが、大震災の影響でこのところ弱い動き。また高水準の失業率など状況は厳しい」としている。日銀も4月の金融政策決定会合で、23年度の経済成長率を大幅に引き下げた。民間の調査機関も、3月の中小企業景況調査では軒並みマイナス幅の拡大を伝えている。これらもろもろの指標や金融政策当局の判断は、震災が生産活動に与えた打撃の大きさ、これに伴う輸出低迷を強く印象づけた。

しかし、震災後3か月近くが経って、地域に復興への明るい兆しもうかがえるようになった。経産省が4月にまとめた産業実態緊急調査によれば、震災で寸断されたサプライチェーン(供給システム)の復旧が軌道に乗り始めた。震災した大手製造業の生産拠点のうち、約6割が復旧、3割が夏までに生産再開の見通し。しかし、十分な供給網の復活は、秋ごろにずれ込むと見ている。見通しを確かなものとするには、ともかく物流拠点を早めに整備し、電力供給に安心感を持たせることが前提となる。
政策効果・復興需要や海外経済の改善で年度後半の回復に期待いずれにしても、4~6月期はマイナス成長を余儀なくされ、回復への期待は年度後半に持ち越されるだろう。当面の急激な落ち込みを戻すには、政策面で復旧・復興計画を軸にした日本全体の成長に対するはっきりした道筋をつける必要がある。復旧・復興には、国内経済の成長という後ろ盾が欠かせないからである。経済成長を軌道に乗せられれば、雇用、所得環境の好転、税収源の確保などに希望が出てくる。

しかし、電力供給の制約やサプライチェーン立て直しの遅れ、消費者心理の冷え込み、原発事故の収束ずれ込みと風評被害、被災地の失業増、食料・原油など国際商品の価格高騰など下ぶれリスクが、いぜん残っていることにも目配りが欠かせない。

23年度の成長率(GDP)は、個人消費や輸出が多少落ち込んでも、復興需要が本格化すれば、ある程度はカバーできるだろう。当面の景気動向は、東日本大震災の影響から弱い動きが続くだろうが、その後は、海外経済の改善や政策効果などを背景に、生産活動の回復に伴う持ち直しが期待される。

それにしても、復興資金の原資をどのように確保するかは、最大のテーマである。復興計画そのものは、あくまで「あるべき論」で、青写真の「実現を裏づける」のは資金である。どんなに理想を盛り込んだ計画も、カネがなければ絵に描いた餅に過ぎない。その資金を増税に頼るか、公債発行でまかなうのかの難問をクリアしなければならない。

海外動向では、4月に入ってから米国の株式市場が高値を更新し続けていた。景気回復の足取りがそれほど強いわけではないが、1~3月期の企業業績が良好だったことを好感したものだ。しかし5月中旬以降は、ひところの景気回復への期待がしぼみ、株価も失速気味である。欧州の信用不安は、なかなか解消しそうにない。  4月の倒産件数は1,125件(前年同月比5.5%減)、負債額は2,798億7,900万円(同3.6%増)となった。このうち負債額「1千万円以上」の倒産は1,076件(同6.8%減)と21か月連続で減少したが、一方、負債総額は2,795億6,700万円(同3.5%増)と6か月ぶりに前年同月を上回った。負債額「100億円以上」の倒産は3件、震災関連の倒産は25件が発生、上場企業の倒産は2月以来発生していない。※5月の震災関連倒産は58件発生し、3月11日以来の累計は137件となった(東京商工リサーチ調べ)

[10]地域別の動向

2011/05/19 22:03 に Matsumoto Norikazu が投稿   [ 2011/06/05 18:18 に更新しました ]

~大震災の影響で景況感は急速に悪化~

 5月に入ってから、各地に東日本大震災の影響が色濃く映され、全体的な景況感は急速に悪化している。生産面では、サプライチェーンの寸断に加え、電力不足や資材・部品調達の制約で、とくに東北地域を中心に大きく落ち込み、輸出の停滞も招いている。また原発事故に伴う風評被害の広がりで、全国的に消費マインドが冷え込むと同時に、国内外ともに観光客の減少に悩まされている。今年度下半期には、補正予算、生産基盤の確立、復興需要などによる景気回復の期待が高まっているが、中長期的な観点から、観光振興はこれまで以上に大きなテーマとなってきた。

 4月期の地域別動向では、「近畿」が305件(前年同月比10.0%減)、523億1,800万円(同12.3%減)と件数・負債額ともに減少、対照的に「中部」は125件(同20.2%増)、237億3,000万円(同9.6%増)と件数・負債額ともに増加した。

 そのほか地域の件数・負債額は、「北海道」52件(同15.6%増)、109億6,800万円(同50.3%減)、「東北」45件(同2.2%減)、89億500万円(同40.9%増)、「関東」442件(同9.2%減)、1,509億900万円(同12.9%増)、「中国」33件(同13.2%減)、100億9,600万円(同5.3%増)、「四国」16件(同50.0%減)、91億4,900万円(同35.7%増)、「九州・沖縄」58件(同7.9%減)、134億9,200万円(同30.5%増)と、増減まちまちである。

[09]倒産原因・営業年数別の動向

2011/05/19 21:44 に Matsumoto Norikazu が投稿   [ 2011/06/05 18:16 に更新しました ]

~「放漫経営」では「6年以上」の区分すべてが負債額減~

 負債額「1千万円以上」で倒産原因と営業年数の関連をみると、件数では全49区分のうち前年に比べ増加は19区分、減少は22区分、横ばい8区分となった。負債額は、増加22区分、減少20区分、横ばい7区分である。

 区分ごとの動向では、「販売不振」で「30年以上」217件(前年同月比横ばい)と「不明」135件(同16.4%増)を除く、そのほか区分すべてが減少した。前年に比べ比較的変動率の大きかった区分(5件以上、増減率50%以上)としては、「販売不振」の「2年未満」5件(同58.3%減)、「放漫経営」の「30年以上」5件(同58.3%減)、「他社倒産の余波」の「2年以上6年未満」16件(同128.6%増)と「6年以上10年未満」5件(同61.5%減)、「過少資本」の「20年以上30年未満」18件(同260.0%増)、「その他」の「10年以上20年未満」11件(同57.1%増)などがピックアップされる。「売掛金回収難」は全体でも2件の発生に止まった。

 負債額の増加区分では、「放漫経営」の「2年以上6年未満」28億1,000万円(同303.7%増)、「他社倒産の余波」の「20年以上30年未満」37億3,100万円(同145.5%増)と「不明」8,000万円(同166.7%増)、「過少資本」の「6年以上10年未満」6億8,100万円(同300.6%増)と「10年以上20年未満」26億2,700万円(同128.6%増)、「既往のシワ寄せ」の「6年以上10年未満」106億8,400万円(同294.4%増)、「10年以上20年未満」123億8,700万円(同373.1%増)、「20年以上30年未満」53億5,400万円(同125.2%増)、 「その他」の「10年以上20年未満」52億円(同283.5%増)と「30年以上」57億4,700万円(同149.0%増)などの増加が著しい。

 減少区分では、「販売不振」の「2年未満」1億200万円(同96.8%減)、「放漫経営」の10年以上~30年以上」が前年度比83.8%~95.8%減、「他社倒産の余波」の「6年以上10年未満」6億900万円(同78.9%減)、「売掛金回収難」の「30年以上」9,000万円(同83.6%減)などが目立つ。

[08]倒産形態別の動向

2011/05/19 21:27 に Matsumoto Norikazu が投稿   [ 2011/06/05 18:14 に更新しました ]

~「破産」の構成比が74.3%に上昇~

 負債額「1千万円以上」では、「銀行取引停止」186件(前年同月比13.5%減)、「破産」800件(同2.7%減)、「再生手続」44件(同17.0%減)、「特別清算」31件(同11.4%減)、「その他」15件(同48.3%減)と、すべての区分で件数が減少した。「銀行取引停止」の倒産件数をたどってみると、21年9月以前は300~400件で推移していたが、同9月以降は200件台を徐々に切り下げ、今年に入ってからは100件台が定着してきた。この結果、前年同月比の減少期間は2年間連続となった。

 構成比では、「破産」が74.3%と前年(71.2%)に比べ3.1ポイント上昇、そのほか区分はいずれも低下した。「破産」は、法的倒産に占めるシェアでも、91.4%(負債額「1千万円未満」を含めると91.9%)と前月(92.7%)に比べ0.8ポイント下がったものの、いぜん高い水準にある。

 負債額は、「銀行取引停止」294億1,600万円(同13.9%減)と「破産」1,136億4,600万円(同23.3%減)の2区分で減少、そのほか「再生手続」880億1,100万円(同82.0%増)、「特別清算」415億1,700万円(同16.7%増)などは増加した。

 負債額「1千万円未満」では、「破産」が47件(同46.9%増)、2億9,900万円(同69.9%増)と件数・負債額ともに増加したのが目立つ。

[07]営業年数別の動向

2011/05/19 21:06 に Matsumoto Norikazu が投稿   [ 2011/06/05 18:10 に更新しました ]

~営業年数「30年以上」は件数・負債額ともに増加~

 負債額「1千万円以上」で営業年数と倒産の関連をみると、「30年以上」305件(前年同月比1.7%増)、「その他」152件(同10.1%増)の2区分を除き、「2年未満」10件(同37.5%減)、「2年以上6年未満」88件(同26.7%減)、「6年以上10年未満」94件(同23.6%減)の3区分が二桁の減少率となり、「10年以上~30年未満」の2区分も減少した。「30年以上」は4か月ぶりの300件台乗せ、「10年以上20年未満」229件(同9.1%減)は1年9か月連続の減少である。

 営業年数「30年以上」の大型倒産例では、「(株)丸和商事」(負債額336億円)、「(社)群馬県林業公社」(同168億1,200万円)、群馬の自動車用プレス金型製造「(株)宮津製作所」(同81億円)などが上げられる。

 前年に比べた構成比は、「2年未満」(1.4%→0.9%)、「2年以上6年未満」(10.4%→8.2%)、「6年以上10年未満」(10.7%→8.7%)、「10年以上20年未満」(21.8%→21.3%)の4区分が低下、「20年以上30年未満」(17.8%→18.4%)、「30年以上」(26.0%→28.3%)、「不明」(12.0%→14.1%)の3区分が上昇と、営業年数「20年」を境に明暗を分けた。

 負債額は、前年に比べ件数で減少した「2年以上6年未満」129億3,400万円(同67.1%増)と「10年以上20年未満」545億4,100万円(同40.2%増)がそれぞれ増加、「30年以上」1,466億6,900万円(同18.3%増)、「不明」22億7,000万円(同6.0%増)も増加した。

 負債額「1千万円未満」では、「2年以上6年未満」が10件(同25.0%増)、5,500万円(同66.7%増)、「6年以上10年未満」が4件(同100.0%増)、2,300万円(同360.0%増)、「20年以上30年未満」7件(同40.0%増)、4,100万円(同32.3%増)、「30年以上」6件(同200.0%増)、3,800万円(同280.0%増)、「不明」13件(同225.0%増)、1億900万円(同220.6%増)の5区分で件数・負債額とも大幅に増加した。

[06]資本金規模別の動向

2011/05/19 19:37 に Matsumoto Norikazu が投稿   [ 2011/06/05 18:08 に更新しました ]

~「個人」と資本金「1億円未満」で倒産シェア98.4%~

 資本金規模別の件数では、資本金「5千万円以上1億円未満」47件(前年同月比9.3%増)と同「5億円以上」の2区分を除く、そのほか区分はすべて減少した。なかでも、同「1千万円以上5千万円未満」は、1年10か月連続の減少となった。

 資本金規模別のシェアでは、「個人」と同「1千万円未満~1億円未満」3区分の合計シェアが98.4%(負債額「1千万円以上」は98.3%)に達した。同「10億円以上」の企業倒産は、「(株)丸和商事」を含む4社(前月は1社)である。

 負債額「1千万円以上」の構成比は、前月に比べ「個人」が横ばい、同「1千万円未満」と同「5千万円以上1億円未満」、同「5億円以上10億円未満」、同「10億円以上」の4区分が上昇、同「1千万円以上5千万円未満」と同「1億円以上5億円未満」の2区分が低下した。

 負債額は、「個人」66億9,900万円(同57.7%増)、同「1千万円未満」542億6,600万円(同66.8%増)、同「5千万円以上1億円未満」522億3,000万円(同18.7%増)、同「5億円以上10億円未満」28億3,800万円、同「10億円以上」540億4,600万円の5区分で増加、同「1千万円以上5千万円未満」1,010億4,500万円(同22.6%減)、同「1億円以上5億円未満」84億4,300万円(同85.6%減)の2区分で減少した。

 資本金「1千万円未満」区分の大幅増は、「100億円以上」の負債額を出した「(社)群馬県林業公社」と「ニイウスメディカルシステム(株)」の2社が含まれたことが影響している。

 負債額「1千万円未満」では、「個人」が17件(同325.0%増)、1億3,600万円(同300.0%増)、同「1千万円未満」が32件(同横ばい)、1億7,600万円(同6.7%増)となった。

[05]従業員規模別の動向

2011/05/19 19:01 に Matsumoto Norikazu が投稿   [ 2011/06/05 18:07 に更新しました ]

~従業員数「9人以下」のシェアは56.9%~

 件数は、前年に比べ7区分すべてで減少した。従業員数によるシェアでは、「9人以下」の小規模企業が、前月(62.0%)比5.1ポイント低下の56.9%(負債額「1千万円以上」は57.2%)だが、なお高い水準にあることに変わりない。

 負債額「1千万円以上」の各区分の構成比では、「4人以下」(41.3%→41.7%)、「5人以上9人以下」(14.9%→15.4%)、「不明」(24.5%→24.9%)の3区分が上昇、「10人以上~」の4区分が低下した。

 負債額では、「30人以上99人以下」941億4,400万円(前年同月比60.6%増)と「100人以上299人以下」36億円(同83.2%減)2区分の大幅増・減が目立つ。

 負債額「1千万円未満」では、「4人以下」が24件(同60.0%増)、1億4,800万円(同92.2%増)と、件数・負債額とも大幅に増加した。

[04]倒産原因別の動向

2011/05/19 18:23 に Matsumoto Norikazu が投稿   [ 2011/06/05 18:06 に更新しました ]

~前年比で増加に転じた「他社倒産の余波」~

 負債額「1千万円以上」では、「放漫経営」が37件(前年同月比31.5%減)と2年連続で減少したのをはじめ、「販売不振」790件(同9.1%減)、「既往のシワ寄せ」86件(同5.5%減)、「売掛金回収難」2件(同50.0%減)なども減少、この結果、不況型倒産の構成比は81.6%(負債額「1千万円未満」を含めると81.8%)と、前月の83.0%に比べ1.4ポイント低下した。このほか、前月まで5か月連続で前年同月を下回っていた「他社倒産の余波」が、72件(同20.0%増)と増加に転じた。

 前年に比べた構成比は、「販売不振」、「放漫経営」、「売掛金回収難」の3区分が低下、「他社倒産の余波」、「過少資本」、「既往のシワ寄せ」、「その他」の4区分は上昇した。

 負債額は、「放漫経営」70億300万円(同81.7%減)と「売掛金回収難」1億5,000万円(同90.9%減)が大幅に減少、「過少資本」、「他社倒産の余波」もそれぞれ二桁の減少率となった。一方、「既往のシワ寄せ」648億700万円(同155.5%増)、「販売不振」1,759億3,300万円(0.7%増)、「その他」131億7,500万円(同103.1%増)などは増加した。

 負債額「1千万円未満」では、「販売不振」が40件(同60.0%増)、2億6,700万円(同82.9%増)、「既往のシワ寄せ」が2件(同100.0%増)、1,800万円(同1,700.0%増)と、この2区分は件数・負債額とも大幅に増加した。

[03]業種別の動向

2011/05/19 17:50 に Matsumoto Norikazu が投稿   [ 2011/06/05 18:05 に更新しました ]

~「飲食業」が件数・負債額ともに増加~

 業種別にみると、負債額「1千万円以上」では「飲食業」が71件(前年同月比16.4%増)、60億5,400万円(同19.4%増)と件数・負債額ともに増加したのが目立つ。「飲食業」を除いては、「建設業」が266件(同4.3%減)と1年10か月連続で減少したのをはじめ、「卸売業」142件(同12.3%減)、「小売業」123件(同13.4%)など、すべての区分が減少した。前年に比べた構成比は、「建設業」(24.1%→24.7%)、「飲食業」(5.3%→6.6%)、「サービス業」(18.1%→19.0%)の3区分で上昇、「製造業」(17.2%→16.8%)、「卸売業」(14.0%→13.2%)、「小売業」(12.3%→11.4%)、「その他」(9.0%→8.3%)の4区分は低下した。

 負債額は、「建設業」299億3,800万円(同25.8%減)、「卸売業」229億4,500万円(同58.6%減)の2業種で減少、そのほか区分は「製造業」の573億8,200万円(同21.3%増)をはじめ「飲食業」、「サービス業」、「その他」が二桁の増加率で、「小売業」も増加した。

 負債額「1千万円未満」では、「飲食業」が12件(同500.0%増)、6,900万円(同885.7%増)、「小売業」が11件(同120.0%増)、7,500万円(同158.6%増)と、この2業種の件数・負債額がともに大幅な増加となった。

[02]負債規模別の動向

2011/05/19 17:19 に Matsumoto Norikazu が投稿   [ 2011/06/05 18:02 に更新しました ]

~小規模企業のシェアは61.2%~ 

 4月期の特色は、負債額「1億円未満」の倒産シェアが67.8%(負債額「1千万円以上」は66.4%)を占めたこと、小規模企業(製造業その他は従業員20人以下、商業・サービス業は同5人以下)の倒産件数が689件(前年同月比3.9%減)で、シェアは61.2%と前月に比べ4.2ポイント下がったこと、震災関連では、負債額約30億円を出して「破産」処理した栃木の旅館業「(株)伴久」を含め25件が発生、さらに5月はすでに茨城の結城紬販売「坂入商事(株)」(負債額約80億円)など58社が倒産に追い込まれるなど震災の直接的・間接的影響が顕在化しはじめたこと、などである。

 負債額「100億円以上」の倒産は、静岡の消費者金融業「丸和商事(株)」(同約336億円)、群馬の林業整備「(社)群馬県林業公社」(同168億1,200万円)、東京のシステム開発・販売「ニイウスメディカルシステム(株)」(同104億9,500万円)の3件(前年同月比50.0%増)だったが、上場企業の倒産は2月以来発生していない。

 負債規模別に倒産件数をみると、「1千万円未満」49件(同36.1%増)、「5千万円以上1億円未満」207件(同0.5%増)、「100億円以上」の3区分が増加、そのほか区分は「5億円以上10億円未満」46件(同24.6%減)をはじめ、いずれも前年に比べ減少した。前年に比べた構成比は増減まちまちである。

 負債額では、「1千万円未満」3億1,200万円(同56.8%増)、「100億円以上」609億700万円(同96.8%増)2区分が大幅に増加、「5千万円以上1億円未満」、「1億円以上5億円未満」2区分も増加した。そのほか「1千万円以上5千万円未満」96億900万円(同15.2%減)、「5億円以上10億円未満」304億円(同25.5%減)、「10億円以上100億円未満」1,061億9,500万円(同8.1%減)などは減少した。

1-10 of 11