[10]地域別にみた倒産の動向

2011/05/11 3:08 に Matsumoto Norikazu が投稿   [ 2011/05/11 3:11 に更新しました ]
日銀が23年度GDPを下方修正

日銀は4月の政策決定会合で、23年度の実質成長率(GDP)を大幅に下方修正した。当面、東日本大震災によるサプライチェーンの混乱、電力供給の不足などで、生産・輸出への支障は避けられないとみている。しかし、景気は9月ころから回復に向かうだろうと明るい予測も添えている。

3月期の地域別動向では、「北海道」45件(前年同月比25.0%増)、123億6,300万円(同68.6%増)、「中部」156件(同24.8%増)、310億4,700万円(同31.5%増)、「中国」50件(同8.7%増)、132億3,700万円(同91.4%増)、「四国」34件(70.0%増)、45億8,400万円(同43.1%増)の4地域で件数・負債額ともに増加した。  「東北」は60件(同15.5%減)、322億8,200万円(同133.1%増)と、件数が減少したものの負債額が増加、「関東」445件(同20.7%減)、1,264億3,200万円(同6.5%減)、「近畿」317件(同14.8%減)、384億3,800万円(同63.4%減)、「九州・沖縄」76件(同8.4%減)、118億6,100万円(同24.7%減)の4地域は件数・負債額ともに減少と、倒産動向は前月に比べやや悪化した。現状は震災後の厳しい経済環境に直面しているだけに、今後、企業倒産の増加が懸念される。

図:地域別倒産件数・負債額前年同月比増減率の比較
※クリックで拡大します。(新規ウィンドウが開きます)

Ċ
Matsumoto Norikazu,
2011/05/11 3:11
Comments