[05]従業員規模別の動向

2011/05/11 1:59 に Matsumoto Norikazu が投稿   [ 2011/05/17 19:31 に更新しました ]
従業員数「9人以下」の構成比は62.1%

負債額「1千万円以上」事業所の倒産件数では、前年比で減少した「5人以上9人以下」184件(前年同月比15.6%減)、「10人以上29人以下」157件(同14.2%減)、「不明」14件(同29.5%減)の3区分と、増加した「100人以上299人以下」8件(同33.3%増)で明暗を分けている。構成比が低下したのは「5人以上9人以下」(16.6%→15.6%)、「10人以上29人以下」(13.9%→13.3%)、「不明」(26.3%→20.6%)の3区分で、そのほかは上昇した。

従業員数「9人以下」の小規模企業は、全体の構成比で62.0%(負債額「1千万円以上」は62.0%)を占め、相変わらず倒産ウェートの高さが目立つ。

負債額は、「4人以下」688億2,000万円(同29.2%増)と「100人以上299人以下」391億4,300万円(同276.4%増)が増加、そのほか区分はいずれも二桁の減少率となった。

負債額「1千万円未満」では、「4人以下」の件数・負債額が25件(同3.8%減)、1億3,600万円(同15.0%減)と、ともに減少した。

図:従業員規模別倒産件数・負債額前年同月比増減率の比較
※クリックすると拡大します。(新規ウィンドウが開きます)

従業員規模別倒産DATA

Excel形式データのダウンロード
Ċ
Matsumoto Norikazu,
2011/05/11 2:02
Ċ
Matsumoto Norikazu,
2011/05/11 2:02