[02] 負債規模別の動向

2011/04/25 18:23 に Matsumoto Norikazu が投稿   [ 2011/04/27 23:58 に更新しました ]
~件数・負債額ともにすべての区分が前年比で減少~
 
 2月の特色は、負債額「1千万円以上」の件数が5年5か月ぶりに1,000件を下回ったこと、「100億円以上」を除く6区分すべてで件数・負債額ともに前年比減となったこと、とくに負債額「1千万円未満」では件数・負債額の減少率が高いこと、上場企業の倒産は3か月ぶりに発生しなかった、などである。

 2月の倒産件数は1,019件、負債額は4,103億3,500万円となった。負債額の区分では、「1千万円未満」1億4,700万円(前年同月比44.5%減)の大幅な減少率が目立つ。負債額「1千万円以上」の負債総額は、4,101億8,800万円と前年に比べ4か月連続の減少となった。件数の区分動向では、「1千万円未満」が32件(同38.5%減)、「1千万円以上5千万円未満」が483件(同10.4%減)と、それぞれ平成20年10月(18件)以来、同2月(476件)以来の低水準となった。区分ごとの構成比では、前年に比べ大きな変動がみられなかった。
 
図:負債規模別倒産件数・負債額前年同月増減費の比較(2月)
※クリックで拡大
Ċ
Matsumoto Norikazu,
2011/04/25 21:58
Comments