[09] 倒産原因・営業年数別の動向

2011/04/25 19:09 に Matsumoto Norikazu が投稿   [ 2011/04/27 23:36 に更新しました ]
~全般は減少トレンド~

負債額「1千万円以上」で倒産原因と営業年数の関連をみると、件数では全49区分のうち前年に比べ増加したのは16区分、減少したのは24区分、横ばい9区分となった。負債額でも、増加は21区分、減少は24区分、横ばいが4区分と、全般的に減少トレンドを継続している。

件数で比較的変動率の大きかった区分(5件以上、増減率50%以上)として、「過少資本」の「2年以上6年未満」6件(前年同月比50.0%増)、「6年以上10年未満」9件(同350.0%増)、「10年以上20年未満」5件(同58.3%減)、「20年以上30年未満」11件(同83.3%増)、「既往のシワ寄せ」の「6年以上10年未満」5件(同50.0%減)、「その他」の「10年以上20年未満」6件(同50.0%増)などがピックアップされる。
 
図:倒産原因・営業年数別倒産件数と負債額の前年比増減一覧
※クリックで拡大
負債額の減少区分では、「10年以上20年未満」の「販売不振」(前年同月比2,209億円減、同92.8%減)を筆頭に「20年以上30年未満」の「既往のシワ寄せ」(同241億5,000万円減、同88.4%減)、同「放漫経営」「売掛金回収難」「その他」の減少率が80%を越えた。一方、増加区分は、全体に増加率が高いのが特色。
 
なかでも変動の大きかった区分は、「放漫経営」の「2年未満」23億円(同4,409.8%増)、「30年以上」1,337億4,800万円(同3,938.3%増)、「他社倒産の余波」の「2年未満」23億円(同400.0%増)、「30年以上」1,043億500万円(同6,267.8%増)、「不明」4億900万円(同3,046.2%増)、「過少資本」の「2年以上6年未満」6億300万円(同428.9%増)、「6年以上10年未満」11億6,400万円(同1,637.3%増)、「20年以上30年未満」37億8,900万円(同982.6%増)、「既往のシワ寄せ」の「10年以上20年未満」30億5,900万円(同123.0%増)、「売掛金回収難」の「30年以上」9億6,000万円(同204.8%増)、「その他」の「6年以上10年未満」6億6,500万円(同174.8%増)、「10年以上20年未満」105億600万円(同1,106.2%増)などである。
Ċ
Matsumoto Norikazu,
2011/04/25 22:07
Comments